教科担任制

 北九州市では本年度より、十数校が中学校体育教員を担任として活用し、「一部教科担任制」(中学校のような教科担任の教員が担当)を導入することになりました。
 ついては、本校でも、第5・6学年において「学級担任制」(専科指導の教科以外のすべての授業を学級担任が担当)から「一部教科担任制」を導入することといたしました。(各教科の担当については、下記詳細に示しています)
 第5・6学年の学習については、中学校の学習につながるより専門性の高い学習内容が含まれています。これまで学級担任がこれらすべての教科等(専科指導は除く)の準備等を行い、授業を実施してまいりましたが、「一部教科担任制」にすることにより、次のような効果が期待できます。

  • 複数の教員が関わることでお子様をより多面的な視点から見取り、よさを引き出しやすくなる、などの効果が期待できます。また、これにより中学校との円滑な接続も期待でき ます。
  • 担当教科のみの授業の準備に時間を割くことができるため、より授業の質の向上が 期待できます。

しかしながら、「一部教科担任制」初年度であり、様々な課題も出てくることと考えております。その課題を1つ1つ解決しながら、よりよい教育を行えるよう取り組んでまいります。ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

教科担任制詳細