北九州市立石峯中学校
Kitakyusyu Municipal Ishimine J.H.S

T O P 校長室 学校紹介 学校経営方針
・学校評価
教育課程 歴史・沿革 全国学力
・学習状況調査
生徒会 部活動 PTA活動 校舎配置 SDGs アクセス
「アクティブラーニング推進事業」研究のあしあと 年間行事<修正前>

9月修正分
いじめ防止
基本方針
全国体力・運動能力
運動習慣等調査結果
 〜アクティブラーニングの視点に立ち、「わかる授業」づくり5つのポイントに重点を置いた学習・指導方法の工夫改善〜
 更新日:2022/4/21
新型コロナウイルスに関する
いじめ防止について
 
【お知らせ】
  学校の様子を紹介しています。
  →こちらからご覧ください。

 

******** 3月23日配信 ********
<3月23日 医療関係者応援募金を若松区医師会の方へ届けました>
コロナ禍の中、私たちの健康と生命を守るために働いてくださっている医療関係者の方を支援するために、本校生徒会執行部が中心となり、12月末〜2月末まで、石峯中と藤ノ木市民センターに、ポスターと募金箱を設置しました。
皆様の温かいご支援により、募金総額は16,014円となりました。
3月23日、本校を代表して、生徒会執行部5名が、若松区医師会館を訪問し、若松区医師会の方に、募金を手渡しました。
この取組の趣旨に賛同し、ご協力いただいた皆様に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。


<3月10日 第73回 卒業証書授与式>
この3月は、別れと旅立ちの月です。新たに芽生えた夢や目標に向かって、私たち自身が、その第一歩を踏み出す季節です。このような中、本校では、3月10日()新型コロナ感染対策のため来賓数の限定や式の時間短縮を図る中で保護者の皆様のご臨席を賜り、第73回卒業証書授与式を執り行いました。保護者の皆様方にはこの3年間、本校教育へのご理解とご支援いただき心から感謝申し上げます。今後とも本校への応援を、どうぞよろしくお願いいたします。また、地域の皆様方の温かいご支援のおかげで、卒業生は立派に成長しました。とは言え、まだまだ未熟な面をもっていますが「子どもたちは、地域の宝」です。今後も温かく見守っていただき、一人前の社会人として独り立ちできるよう、ご指導をお願いいたします。
また卒業に向け、在校生は感謝とお祝いの気持ちを伝えようと34日に、3年生を送る会を行いました。初めてのオンライン開催でしたが準備と運営にがんばっていました。卒業式前日には、校舎内外の清掃、教室の飾り付け等をしていただき、その甲斐もあり、すばらしい式を行うことができました。在校生の皆さんにも感謝を申し上げます。卒業生60名の輝かしい未来を祈念いたします。




******** 3月8日配信 ********

<3月4日 3年生を送る会>
3年生を送る会を行いました。生徒会執行部を中心に企画を行い、1・2年生全員で準備を行いました。 当日は、3年生の受検前ということもあり、感染拡大防止のため、オンライン開催となりました。 1・2年生は各教室から、3年生は自宅からタブレット端末を活用して参加しました。 会の進行や、オンライン開催に必要な機器の操作等も、生徒会執行部の1・2年生で分担して行いました。



1・2年生は、3年生に「名言」を紹介する動画を事前に撮影しました。 また、生徒会執行部は、3年生の入学時から現在までの3年間を振り返ることのできるスライドを作成しました。 1・2年生は、画面に映し出される先輩の姿を見ながら、ともに過ごした日々を思い出していたようです。

送る会の後半では、1・2年生と職員が寄せ書きをしたメッセージカードと、卒業式に胸につけるコサージュを贈呈しました。 卒業生への感謝の気持ちと、今後のますますの活躍を祈る気持ちが込められています。



卒業生にタブレット越しに感想を聞いたところ、「オンラインでこれだけでのものができることに驚きました。 素敵な送る会をありがとうございます。これからの石峯中をお願いします。」とのメッセージが届きました。
初めてのオンラインでの送る会開催となりましたが、無事、成功させることができました。 コロナ禍でも、卒業生に感謝の気持ちを伝えようと工夫・努力する生徒の姿を、頼もしく思いました。



******** 2月16日配信 ********

<2月15日 3年生向けオンライン授業配信の様子>
1月25日から、3年生のコロナ感染拡大を防ぎ、受験機会を確保するために、オンライン授業推奨期間が始まりました。皆様のご理解・ご協力のおかげで、毎日、計画に沿って学習を行うことができています。
写真は、教室からオンラインで授業を配信している様子です。生徒の手元にタブレットがあるという利点を生かし、資料の提示の仕方を工夫しながら、授業を行っています。



<2月14日 福原賞受賞>
福原賞は、市内の小・中学生の健全育成を図ることを目的に、他の児童生徒の模範となる活動をした個人及び団体を表彰するものです。本校生徒が、今年度の福原賞を受賞したのでお知らせします。今年度は、コロナ感染拡大防止のため、表彰式会場と学校をタブレットでつなぎ、オンラインで表彰式を実施しました。

【受賞に至った経緯】
令和3年4月に、下校途中の本校生徒が、頭から血を流して倒れている一般男性を発見しました。本校生徒が救急車を呼び、救急隊到着まで、その男性のそばに付き添い、様子を見守りました。救急隊到着後、男性が倒れていたときの状況を伝えたことが救助活動に役立ったと、若松消防署救急隊と、男性のご家族から学校に感謝の電話がありました。
倒れていた男性の命を救うことを最優先に考え、その場で自分にできる最善の行動を考え、行動に移したところが、他の生徒の範となることから、表彰されました。




******** 2月 9日 配信 ********

<2月1日 1・2年生 職業人とのオンライン交流を実施しました。>

21日に12年生は、職業人との交流をオンラインで行いました。これは、将来の職業選択や働くことについて考える上で参考となるように19名の職業人からオンラインで話を聞くというものです。様々な職種について生徒は話を聞くことができました。以下生徒の感想です。

 「僕は、今回マーチャンダイザーという仕事があるということを知りました。商品が適正に並んでいるかなどを調べる仕事でスーパーやコンビニなどで商品が選べたり安く購入できたりするのはこの方たちのおかげだということを知りました。今度、コンビニの棚をよく観察してみたいです。」

「電気工事士さんの話の中で『役に立たない仕事はない』という言葉がとても印象に残りました。自分も今している学級の仕事や委員会活動の仕事ももっと自信をもってやりたいと思いました。将来働くときもこのことを大切にがんばっていきたいです」

「今回保育士さんの話を聞いてこの仕事への関心が深まりました。『モンテッソリー教育』という初めて聞く言葉を説明してくださり、これがどれほど子どもたちにとって大切なのかよくわかりました。子どもたちのもう一人の母親として子どものことを思う保育士さんはとてもすごいと思いました。夢へのヒントを与えてくださったと思いました。」

「私は木工業という仕事があることを初めて知りました。しかも船の内装を整える仕事もあり、北九州でこの仕事をしている方がお一人と聞いてびっくりしました。仕事はきついこともあるけれど自分から楽しくすることや『あきらめない』『がまんする』ことも大切と聞いて、私もこれから何事にも挑戦するときにはあきらめず、自分から楽しくしていきたいと思いました。」

今回の取組で子どもたちは働くことの意義ややりがいについて大きな刺激を受けたようです。ご協力していただいたみなさん、ありがとうございました。

******** 2月 7日 配信 ********

<2月7日 入試1ヶ月前、何をすればよいか>
※ 下表のPDFデータは「こちら」からダウンロードできます。

国語 ○ 時間配分が重要です。公立入試と同じような形式の問題を解く際、50分をしっかり計り、現代文、古文、作文の自分にあった時間配分を身に付けよう。

○ 作文も高得点。条件に沿った解答ができるようにしっかり自分で考え、表現できるよう何度も練習しよう。
数学 ○ 大問1は確実に、速く正確に解く!

○ 入試と同じ形式の問題を解く→解くのにかけてよい時間をつかむ。

○ 記述式の説明は、@資料の整理A文字式の説明B図形の証明があるが書き方のパターンを覚えて書く練習をしておく。

○ 得意な分野を復習して、自信をつける!
社会 最後の最後まで点数UPできる教科です! 繰り返しが力になる!

<共通>重要語句の確認を! 一問一答(小テストの冊子)は繰り返し行おう。

<地理>地図に特色を書き込もう! グラフや資料は問われていることに必ずアンダーライン!

<歴史><公民>「これで完ぺき! 社会」(週末課題の本)のA・B問題を完ぺきにしましょう! 公民は仕組みの図を自分でノートに書くと内容が定着します。
理科 【理科が苦手な人】
重要語句の確認。「整理と対策」の「よく出る用語」「化学式」「指示薬」などを徹底して完璧にしておきましょう。

【理科が苦手でも得意でもない人】
重要語句の確認。苦手な単元について、「整理と対策」に取り組みましょう。

【理科が得意な人】
記述問題や作図にも取り組みましょう。自分で問題をつくるのもよいです。

※新しい問題集に取り組むよりも、同じものに何度も取り組んで完璧にすることが実力UPへの近道です。オンラインの時間を有効に使いましょう!
英語 ○ 「チャレンジチェックシート」と「単元別基礎問題」の合わせ技で、苦手な文法のポイントを確認+克服しよう!!

○ 単語は「よく出る重要単語150」を徹底的に覚え直すべし!!

○ 入試形式の問題で時間配分をチェック。最も時間を割くべきは、長文です!! 英作文には時間をかけなくてよいように、エイゴラボP154〜にある表現を身に付けておく!!

○ リスニング対策は音に慣れておくこと! 自分で英文を読みながら問題を解くのが最も手軽でお勧めです!
心構え その1 余計なことは考えず、やるべきことを全力で。

その2 規則正しい生活を心がけるべし。

その3 一生に一度の高校受験を存分に堪能せよ!!



******** 1月28日 配信 ********


<1月28日 生徒の皆さんへ>
新型コロナウイルス感染が爆発的な勢いで広がっています。特に今回の第6波では、子どもの感染者が大変多く出て大変心配をしているところです。市内でも学級閉鎖をしている学級数が100を超えている状況です。今後も基本的な感染対策を万全にして感染に気をつけましょう。

”3年生がんばれ!”
このような中、本校3年生は今週、原則家庭でのオンライン学習を進めています。3年生のオンライン学習の様子を見ていますと、大変熱心に学習に取り組み、学習後には多くの質問や感想がteams上に掲載されており真剣さが伝わりました。2月1日からの私立高校の受験そして7日、8日の公立高校推薦入試に向けて体調管理をしっかりして、万全の態勢で受験にのぞんでほしいと思います。大変な状況で受験を迎えますが、勉強でわからないことや受験に向けて相談したいこと等があれば石峯中学校(791−1225)へいつでも連絡してください。

1,2年生、ご協力を!
1,2年生の皆さんには感染の広がりを防ぐために現在石峯中学校では原則部活動を中止しています。この週末もつらい思いをさせることになりますが、ご協力をお願いします。

なお、本市で子どもへの感染が広がりを疑われた事例としては、家庭内感染が多くを占めていますが、他にも@友人の家で長時間ゲームや飲食をした。A飲食をしながら友人たちと立ち話をしていた。B土、日曜日に部活動が中止されているため自主的にグラウンド等に集まり練習やゲームをした。等があげられています。十分に注意をお願いします。

<1月28日 保護者の皆様へ>
すでに一斉メールでお知らせしていますが、明日からの休日中は、学校との連絡が通じなくなります。休日中に、お子様が検査を受けるなどして「陽性が判明した場合」には、教育委員会新型コロナウイルス感染症対策本部に電話連絡していただきますようお願いいたします。
学校長へは教育委員会より連絡が入ることになっています。
生徒の陽性判明→582−3085(教育委員会新型コロナウイルス感染症対策本部)
受付時間 10時〜18時

******** 1月12日配信 ********

<1月11日>全校放送での始業式
3学期がスタートしました。コロナ感染拡大防止のため、全校放送で始業式を行いました。学校長より、夢や目標をしっかりもつことで、困難に立ち向かう強い心が生み出される。ハードルを乗り越え、夢や目標の実現に向け、あきらめずに努力を続けてほしいとの話がありました。また、学校生活を充実させるために、生徒一人一人が@あいさつA規律ある生活習慣B勉強・運動C思いやりを大切にして毎日を過ごしてほしいとの話がありました。
その後、生徒会長から、第75代生徒会スローガンの発表がありました。


【スローガン】創常考和(そうじょうこうか)
【スローガンに込められた思い】
・相乗効果(1+1=2以上になる。皆が合わさることでより良い学校をつくろう)
・創(新しいことに挑戦し、石峯中学校の新たな歴史を創ろう)
・常(当たり前のことが当たり前にできるように日常を大切にしよう)
・考(自分の考えを大事に、皆の考えを尊重して、よく考えて行動しよう)
・和(全校生徒が互いを思い合って、仲良く和んで安心できる学校にしよう)

学校生活を充実したものにするには、周囲が何かをしてくれるのを待つのではなく、一人一人が自ら考え、行動することが大切です。そのことを意識して、1年間のまとめの学期を過ごしてほしいと思います。


行事予定 
  
 3月 弥生(やよい) March
【今後、予定は変わることがあります。】

2日 (水) 代議専門委員会
4日 (金) 3年生を送る会(オンライン)
10日 (木) 第73回卒業証書授与式
14日 (月) 5校時終了後下校
16日 (水) 部活動休養日  5校時終了後下校
18日 (金) 数学コンクルール
21日 (月) 春分の日(祝日)
22日 (火) 5校時終了後下校
23日 (水) 給食終了  大掃除
24日 (木) 修了式  離任式
25日 (金) 春季休業(〜4/6)
     ご注意:未確定の部分が多いため、目安としてごらんください。
新型コロナウイルスに関する
出席停止等の扱い
 
文部科学大臣メッセージ(令和3年11月)
児童虐待の根絶に向けて
地域全体で子どもたちを見守り育てるために

児童・生徒向けメッセージ

保護者・地域の方向けメッセージ 
家庭調査票のダウンロード
こちらから

(「様式ダウンロード」を選択してください)

石峯中学校 スクールプラン

英語学習 アルファベットの発音
補助教材    リスニング
          文法解説
 
学習支援サイトの紹介

家庭学習を進める上で参考となる教材が
あります。よろしければご活用ください。

学習課題例

学習補助動画

家庭学習教材の紹介

WEB問題チャレンジシート
(中学校用)


【オンライン芸術鑑賞会】
北九州市出身のヴァイオリニスト
中村太地さんより


 
大麻乱用防止
広報啓発動画


 例年実施している
「保護者と学ぶ児童生徒の規範意識
育成事業」が、今年度は
実施できませんでした。

そこで、福岡県警が作成した
動画を紹介します。

内容は、大麻の危険性・有害性等に
ついてです。

ご覧いただければ幸いです。

→視聴はこちらから

文部科学省
子供の学び応援サイト
公式LINEアカウント




相談窓口

北九州子ども電話相談
スクールカウンセラーが、子どもたちと電話でやりとりしながら、様々な悩みに対応します。


令和4年3月25日(金)〜4月6日(水)
(土日を除く平日のみ)10:00〜16:00

<月・火曜日>080−2756−5607
<水・木・金曜日>090−1081−4180
話し中の場合は、折り返し電話します。折り返し電話は、次の日になる場合もあります。


24時間子ども相談ホットライン(電話)
093−881−4152

 24時間子ども相談ホットライン
(Eメール)
 
ho-soudan1@mail2.city.kitakyushu.jp 


北九州 いのちの電話(電話)
093-653-4343


 チャイルドライン【16時〜21時】
(電話やチャットで相談ができます。)

 https://childline.or.jp/


文部科学省 SOSダイヤル等受付窓口


https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm

<相談窓口PR動画>


https://youtu.be/CiZTk8vB26I



厚生労働省 SNS相談
(たくさんのサイトが紹介されています。)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/
hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_sns.html



キタキュー親力アップ漫画

  
  北九州市立教育センターホームページ



   学ぼう!きたQチャンネル



新型コロナウイルス感染症特設サイト





メールアドレス: ishimine-j@kita9.ed.jp


※ウイルス、迷惑メール対策で
メールへのリンクは設定しておりません。
  お手数ですが、上記アドレスを手入力でお願いします。
 
 北九州市立石峯中学校  〒808-0071 北九州市若松区今光一丁目12番8号
TEL:093-791-1225 FAX:093-791-1226
校長 本田 壽志
 このホームページの著作権・責任は、北九州市立石峯中学校校長が有します。 お問い合わせにつきましては、「アクセス」のページをご参照のうえ、連絡ください。
 このホームページは北九州市立小・中・養護学校におけるインターネット運用規定(9条の3)、および、学校利用規定に基づいて掲載しています。
アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター

english.htmlへのリンク