本文へスキップ

北九州市立洞北中学校ホームページ

〒808-0121 北九州市若松区大字竹並3087番地1号

学校概要CONCEPT

 経営方針  沿革史  概要  校区の様子

平成29年度 沿革史

《新制中学校以前の概要》
明治31年3月 遠賀郡全町村立洞北高等小学校創立
明治32年6月 校舎新築 嶋郷村大字竹並字辻畑
明治41年11月 洞北・江川両村合併に伴い、嶋郷尋常高等小学校と改称
明治45年4月 頓田尋常小学校を廃し嶋郷校に合併
頓田分教場とす
大正12年1月 頓田分教場を廃し二島に移転
二島分教場とす
昭和16年4月 若松市立嶋郷国民学校と改称
昭和19年4月 併設の嶋郷青年学校・嶋郷家政女学校分離独立

《新制中学校の概要》
昭和22年3月 若松市立第5中学校として発足
初代校長 柴田六郎氏就任
昭和23年3月 第2代校長 大池伊平氏就任
昭和28年5月 校歌制定
作詞 玉井政雄氏、作曲 平井淳衛氏
昭和29年3月 第3代校長 深堀義直氏就任
昭和29年3月
4月
第4代校長 又丸進氏就任
新校章制定
デザイン在校生 福島照雄氏
昭和36年4月 第5代校長 大塚三郎氏就任
昭和38年2月 北九州市発足により北九州市立洞北中学校と改称
昭和39年5月 第6代校長 小出健児氏就任
昭和42年4月 第7代校長 寺田茂博氏就任
昭和46年4月 第8代校長 浦井龍章氏就任
昭和48年3月 北九州市教育委員会研究論文
「家庭学習」入賞
昭和50年8月 洞北中学校PTA 文部大臣賞
日本PTA会長賞受賞
昭和51年3月 北九州市教育委員会研究論文
「社会科」入賞
7月 柔道部 福岡県大会 優勝
8月 柔道部 九州大会 準優勝
柔道部 全国大会 準優勝
昭和52年4月 第9代校長 福谷俊幸氏就任
8月 柔道部 福岡県大会 優勝
相撲部 九州大会 優勝
柔道部 全国大会 優勝
昭和55年8月 柔道部 福岡県大会 優勝
柔道部 全国大会 第3位
昭和57年4月 第10代校長 田中弘氏就任
昭和60年4月 新設二島中学校に生徒217名分離転出
昭和61年4月 第11代校長 青山宏氏就任
平成2年4月 新設高須中学校に生徒561名分離転出
第12代校長 大庭与志子氏就任
平成4年4月 第13代校長 横地日出男氏就任
平成6年4月 第14代校長 有松嵩雄氏就任
8月 柔道部 福岡県大会 男女優勝
平成7年3月 柔道部 「久保田賞」受賞
4月 第15代校長 鶴田秀平氏就任
平成8年3月 美術部 「久保田賞」受賞
4月 第16代校長 双紙正俊氏就任
11月 新制中学創立50周年記念事業
平成10年11月 学校創立百周年記念事業
平成11年4月 第17代校長 山口正弘氏就任
平成14年3月 野球部 「久保田賞」受賞
4月 第18代校長 渡邊雅則氏就任
平成18年4月 第19代校長 永塚俊武氏就任
平成22年  
柔道部団体(男女)県大会出動 
全国大会ベスト16
柔道部県大会、九州大会優勝
個人(男子) +90kg以下級
柔道部県大会、九州大会準優勝
個人(男子) -55kg以下級
平成23年4月 第20代校長 森山秀孝氏就任
平成24年   陸上部 区内大会優勝
水泳 県大会出場
平成25年4月 第21代校長 笠原 鶴代
運動場改修工事
陸上部 区内大会優勝
      新人戦 県大会200m優勝
      九州大会100m出場
柔道部女子 県大会出場
水泳 県大会出場
相撲 県大会優勝、九州大会出場
野球 全軟連全国大会出場
    全軟連県大会優勝
体操 県大会優勝、全国大会出場
平成26年   壁塗り替え
正門・裏門の改修工事
いちいがし植樹
自転車置き場増築
柔道部女子 県大会出場
相撲 市内大会優勝、県大会出場
野球 県大会出場
陸上 県大会出場 女子区内大会優勝
「税金で支えられる命」
税の作文 大蔵財務協会理事長賞
平成27年   校舎 塗り替え
耐震工事
モルタル検査
柔道部 九州大会出場
吹奏楽部 九州大会出場
陸上部 県大会出場
平成28年   モルタル検査
体育館幕(白・青)新調
冷水樹、電話設置
嘉代子桜植樹
剣道部 県大会出場
柔道部 県大会出場
吹奏楽部 マーチング九州大会出場
税の作文 若松税務署

ナビゲーション

北九州市立洞北中学校

 校長:笠原 鶴代

〒808-0121
北九州市若松区
  大字竹並3087番地1号

TEL 093-741-1234
FAX 093-741-1235
メール:
dohoku-j@kita9.ed.jp


  家庭学習チャレンジ
    ハンドブックはこちら