本文へスキ
北九州市立赤崎小学校

環境学習(かんきょうがくしゅう)

6年 エネルギーと環境

6年「エネルギーと資源」の実践
 6年生では、資源エネルギーの観点から、環境にやさしいエネルギーの活用について学習する。本単元では、赤崎小学校の近くに設置されている10基の風車型発電システムや白島石油備蓄基地の見学、電源開発の人たちとのかかわりなどの体験を通して、エネルギーと環境についての理解を深めるとともに、省資源・省エネルギーを目指した生活について考えさせることをねらいとしている。
  この学習では、CO
を出さない自然エネルギーの必要性や地域環境を守ることの大切さについても学ぶようにしている。また、エネルギー問題の解決に向けて努力を続けている人たちとふれあう活動を通して、自分たちの生活を見直し、未来のよりよい地球環境づくりを目指して、自分たちができることに取り組もうとする実践的態度を養うことを目指している。
 白島石油備蓄基地展示場もエコタウン内にあり、資源エネルギーについて学習しやすい環境が整っている。本校ではこれらの地域環境を生かして総合的な学習の時間の実践を行っている。
「白島備蓄基地展示場の見学」 「ウインドパークひびき」の風車群
  J-powerの職員の方々との発電の学習   J-powerの職員の方々との発電の学習

赤崎小で取り組んでいる節電行動について、J-power職員の方々へと発表しました J-power 響灘太陽光発電所にて太陽光発電のしくみについて学習

hop info学校情報

北九州市立赤崎小学校

〒808‐0004 
北九州市若松区西小石町8-1
TEL. 093-771-2438
FAX. 093-771-2463
akasaki-e@kita9.ed.jp

スパムメール対策のためにメールアドレスを画像化しています。