本文へスキップ

北九州市立八幡特別支援学校ホームページへようこそ。

SDGs

SDGsの取組み

北九州市は「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に
選定されました。



目標1【貧困】

あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる。
目標2【飢餓】

飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する。
目標3【保健】

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。
目標4【教育】

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。
目標5【ジェンダー】

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。
目標6【水・衛生】

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。
目標7【エネルギー】

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。
目標8
【経済成長と雇用】


包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の安全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。
目標9
【インフラ、産業化、イノベーション】


強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。
目標10【不平等】

国内及び各国家間の不平等を是正する。
目標11
【持続可能な都市】


包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。
目標12
【持続可能な消費と生産】


持続可能な消費生産形態を確保する。
目標13【気候変動】

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。
目標14【海洋資源】

持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。
目標15【陸上資源】

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。
目標16【平和】

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制限を構築する。
目標17【実施手段】

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

本校の取組み

作業学習 粘土班の取組み   
粘土班では、土から粘土をつくり作品を作っています。
以前、近隣にあった再生可能な粘土層の土と作品完成後の削った粘土の粉を合わせて、新しい粘土を手作りしています。
 土を砕く
土をるふるいにかける
 
 混ぜ合わせる
粘土を使い作品を作成する
 
作業学習 紙工班の取組み   
給食の牛乳パックや家庭から頂いた牛乳パックのリサイクルを行っています。
水で牛乳パックをふやかし、ラミネートをはがして紙を細かくちぎり、再生紙を作ります。それを使ってさまざまな作品を作ります。
紙をちぎる
はかる
まぜる
紙をすく






バナースペース

北九州市立八幡特別支援学校

〒806-0047
福岡県北九州市八幡西区
     鷹の巣3丁目7番1号

TEL 093-641-8675
FAX 093-641-3738

学校長:山口 典子