本文へスキップ

北九州市立八幡特別支援学校ホームページへようこそ。

教育目標

 教育目標  年間行事予定  クリック

教育目標

知的障害のある児童生徒が、生涯にわたり生きがいをもって社会参加・自立できるよう、生きる力の教育を図る。


本年度の重点目標

  •  児童生徒の障害の重度・重複化、多様化に対応し、一人一人の教育的ニーズに応じたきめ細かな指導を充実する観点から、新指導要領の全面実施を念頭に、児童生徒の実態に即した教育課程を編成し、指導内容や指導方法を工夫する。特別の教科、道徳の内容項目を生かした指導・評価を行う。アクティブラーニングの視点から生涯にわたって能動的に学べるよう授業改善に向けた取り組みを推進する。
     福祉・医療・労働など関係機関や家庭・地域等と連携し合理的配慮の観点を踏まえた個別の教育支援計画及び個別の指導計画を作成する。カリキュラムマネージメントの視点を踏まえ、計画に基づく指導の評価・改善を図り、卒業までの一貫した教育の充実を図る。
     将来の夢を見据え、社会の中で生きがいをもって生活していくことのできる児童生徒の育成に努めるため、早い段階からの進路指導の充実を図り、労働・福祉等と連携した就労支援を推進する。
  • 地域における特別支援教育のセンターとしての機能の充実を図り、障害のある幼児児童 生徒のための個別の指導計画等の作成などへの援助を含め、園、小・中学校等への支援に努 める。 


目標達成のための方策


(1) 児童生徒の実態に沿った授業づくり・授業改善に努める。
  1. キャリア教育の視点から、児童生徒の発達段階・障害の状況や特性等に応じ、授業づくり・授業改善を通して、
    小学部から高等部まで一貫した指導を行う。
   ア 全ての教育活動において、児童生徒の実態に応じたあいさつやコミュニケーションを促す指導を心がける。
   イ 児童生徒の「自分の気持ちを表現する姿」を引き出すため、一人一人の実態に応じた指導の手立てを工夫する。
     すべての学部で授業実践や授業検討を行い、自己評価・他者評価を取り入れ、指導の充実・改善を図る。
     教科等研究で高等部が実践発表を行うことにより、学校全体での研究推進に努める。
   ウ 初任者研修や若年教員の授業研究・研修を推進し、全教員協力のもと人材育成を行う。
   エ 児童生徒が人権に関する知的理解を深め、自分の大切さとともに他の人の大切さを認める人権感覚を身に付ける
     よう組織的・計画的に取り組む。教職員がいじめの問題、同和問題、障害者等をめぐる様々な人権尊重の理念を
     十分に認識し、人権感覚を身に付けるようにする。
   オ 学校保健、学校安全、食育・学校給食の果たす役割を総合的にとらえた健康教育を積極的に推進する。
     そしゃく食に関して専門医と連携を図り研修会を行い適切に実施する。
     アレルギーに関する食の安全管理体制の定着を図る。
  2. 児童生徒が将来自立し社会参加することができるよう、児童生徒の実態や進路希望を的確に把握し、早い段階からの
    進路指導の充実を図る。
   ア 児童生徒の将来の生き方を見据え、自己実現できるよう、自己選択・自己決定を促す指導に努める。
   イ 小学部段階から家庭及び関係機関と連携し、障害の理解や受容を促す。
   ウ 高等部においては、産業現場等における実習や作業学習等、卒後の社会生活を見据えた職業教育の充実を図り、
     就労支援専門家を活用した専門的作業学習等を実施する。
   エ 高等部においては、労働、福祉等関係機関と連携し、生徒の実態に応じた進路開拓を図る。
(2) 保護者や地域との連携に努める。
  1. 保護者に学校生活や学習の状況について丁寧に説明する。相談支援を通して適切な情報提供や助言を行う。
  2. 保護者や関係機関と連携し個別の教育支援計画及び個別の指導計画を作成し、個に応じた指導の充実を図る。
  3. 地域に開かれ、地域とともに歩む学校となるよう、地域活動への参加、地域貢献活動や交流及び共同学習、
    学校見学、学校開放等を積極的に行う。高等部においては、出張清掃や出張喫茶を行い地域から学ぶ作業学習を
    実施する。地域連携事業等を実施することにより、地域の教育力を活用し障害者の理解啓発に努める。
  4. 全市的なセンター的機能の取組を踏まえ、他の特別支援学校等とも協力し、地域の小・中学校や就学前施設等に
    助言援助を行う。全市的なセンター的機能の充実を目指し、総括コーディネーターと連携して取り組む。
(3) 校内支援体制の機能の充実を図り、指導力・相談力を高める。
  児童生徒(保護者)と教職員を組織で守り支える校内支援体制の機能を充実し、今後につなげる体制とする。
  1. 専門医等臨床研修での指導・助言やスクールカウンセラー・スクールサポーター・SSW等と連携した支援を通して、
    教師の指導力や相談力を高める。
  2. 自立活動の指導に関する専門性と実践力を強化し、指導力を高める。
  3. 2年間取り組んできた相談支援体制をさらに充実させ、機能的な場となるように努める。本校の児童生徒のケースの
    深刻化に対応するため、早めの適切な支援を行うことができるように会議を行う。担任担当、学級、学部を越えたか
    かわりや支援の充実に努め、協議において今後の方向性を明らかにし次へつなげる支援を充実する。学級の担当児童
    生徒だけではなく、他の児童生徒への気付き等から、多面的実態把握に努め、適切な指導支援に努める。
   ア 事例対応の組織化
     困難な事例に対し、担任担当を支えるため、特別支援教育コーディネーターが、学部主事(学部コーディネーター)
     、生徒指導主事、進路指導主事、養護教諭等と連携して組織をコーディネートし、適切な支援を実施する。
   イ 支援会議の組織化
     T段階 学級・学年でのケース会議
       学級・学年に課題のあるケースについて、課題を共有し支援内容等について協議する。
     U段階 学部支援会議
       学部に課題のあるケースについて、学部会議等で内容報告し、課題を共有し支援内容等について協議する。
     V段階 サポート会議
       学部支援会議のケースで、学校全体で共通理解の必要なケースについて、月1定例で実施。校内支援体制に
       関する課題の共有と課題解決のための協議や、福祉・医療・労働等関係機関との連携等に関する協議を行う。
       管理職、教務主任、学部主事、生徒指導主事、進路指導主事、養護教諭等、関係職員で構成する。
(4) 確かな学校運営を行う
  1. 命を守る教育の視点から、児童生徒の安全確保や事故防止、緊急時の対応など、常に危機管理意識をもつとともに、
    危機管理体制を整える。
  2. 施設設備の改善において、外壁・教室改造及びプレハブ校舎設置が計画的・安全に実施できるよう努める。
  3. スクールバスの増車及び運行会社の変更によるスムーズな移行が行われ、児童生徒が安心して利用できるように
    努める。
  4. 財務会計システムによる会計事務処理の効率化と、学校予算の計画的・効果的な執行に努める。
  5. 児童生徒の個人情報管理、飲酒運転の撲滅等綱紀粛正の徹底に努める。
  6. 学校自己評価・学校関係者評価等を実施し、学校運営上の課題改善に生かす。
  7. 仕事の生産性を高め、ワークライフバランスの充実に努める。

バナースペース

北九州市立八幡特別支援学校

〒806-0047
福岡県北九州市八幡西区
     鷹の巣3丁目7番1号

TEL 093-641-8675
FAX 093-641-3738

学校長:山本 康子