北九州市立穴生小学校 本文へジャンプ
学校概要


■沿革概要
 昭和28年、当時、八幡市のベッドタウンとして発展しつつあった田園地帯に開校。当初は、熊西・本城・上津役の三小学校で分散授業を行い、同年2学期より新校舎で授業を行った。その後、地域開発の波に乗り学校周辺は人口が急増し、今は当時の面影を偲ぶことはできない。
 昭和34年に萩原小学校・同37年永犬丸小学校・同45年竹末小学校・同47年青山小学校と次々と開校され、それぞれに児童が移籍した。
 昭和55年、それまでの木造校舎から現在の鉄筋校舎へ改築が行われ、同56年体育館と共に完成した。校区内には高層マンションが立ち並び、またJR鹿児島本線・筑豊電鉄、それに国道3号線が通り交通の便が良い町の中の学校といえるが、近隣の神社の行事等を社協や子ども会で伝統を守る地域でもあり「古き…」と「新しき…」が合体した地域の学校でもある。

■児童数・教職員数
 児童数:386名 学級数:14学級
 教職員数:31名

平成29年4月11日現在

 ■交通アクセス
   JR黒崎駅から筑豊電鉄に乗り換え、穴生駅下車徒歩約7分
   JR陣原駅下車徒歩約15分

アクセス地図へ