平成28年度 主題研究

 ★平成23年度〜25年度主題研究国語  ★平成26年度〜28年度主題研究算数
   

研究主題

確かな学力の向上を図る算数科学習指導法の研究


研究の方向性

学力の重要な3つの要素である「学習に取り組む意欲」「自ら考え、判断し、表現する力」「基礎的・基本的な知識・技能」を確実に育むことで、
子どもたちの学力の向上を目指す。


主題設定の理由

(1)現代社会の要請から

(2)「北九州市子どもの未来をひらく教育プラン」の改定から

(3)本校児童の実態から

(4)本校学校教育目標の具現化から


研究の仮設

  次の3点に留意して学習を展開していけば、子どもたちは確かな学力を身につけることができるであろう。

<視点1>「学習に取り組む意欲」につながる導入場面の工夫

<視点2>「自ら考え、判断し、表現する力」につながる自力解決・集団解決の場の工夫

<視点3>「基礎的・基本的な知識・技能」につながる定着の場の工夫


仮説実証のための具体的な方策


(1) 適用問題・練習問題を自力で解決できるように,つけたい力を明確にし「できそうだ」「やれそうだ」という
   自信がもてるようにする発問や問題提示の工夫

 

  ※適用問題・練習問題を自力で解決できることにつながるとは,問題を解く際に,導入場面を想起し,
   こうすれば「できそうだ」「やれそうだ」という思いをもたせることだと考える。



(2) 適用問題・練習問題を自力で解決できるように,自分の考えをもたせ,児童同士で話し合うことが
   できるように,個人思考や話し合いを行う際の視点や形態,まとめ方の工夫

 

  ※適用問題・練習問題を自力で解決できることにつながるとは,問題を解く際に,話し合ってみんなでまとめた,
   思考の手順,整理の仕方等を使って解いていくことだと考える。



(3) どの児童も適用問題・練習問題を自力で解決できるようにする支援の工夫

 

   ※適用問題・練習問題を自力で解決できる工夫とは,児童が本時で学習したことを使って自分で考えて解決することが
    できたと思わせるような支援の仕方だと考える。

 

   <例>

     ○問題の内容の工夫

             できるだけ同じ問題状況で、数値のみを変える適用問題

     ○助言,支援の仕方の工夫

       自力で解決できるようにヒントカードの再利用

     ○学習の足跡の工夫    

       新しく得たきまりや法則が一目で分かる板書の整理

       ノート指導(湯川小スタンダードをもとにして)