本文へスキップ

北九州市立小池特別支援学校ホームページへようこそ。

学校経営方針

学校経営 沿革史 規模 学校だより 40周年記念 アクセス

2019年度 学校経営方針

北九州市立小池特別支援学校
  校 長  奧田 まさ子
【学校教育目標】
  児童生徒一人一人の自立と社会参加に向け、生きる力を育成する

【学校経営の基本方針】

 児童生徒一人一人の発達段階や障害の特性に応じた教育を行うため、日々の実践を特別支援教育の理念に基づいて問い直すことにより、活動の意味や意義を確認・理解し、必要に応じて工夫改善を行う。

『ともに学び、ともに育ち、ともに生きる』
  • 児童生徒・教職員・保護者が
    ●学部を超えた学校の中で、
    ●学校を超えた地域の中で、
    『ともに学び、ともに育ち、ともに生きる』ことを目指す。

【本年度の学校経営の重点】

 1)目指す児童生徒像
  ・働くことのできる子(規則正しく、元気で安全な生活を送る子ども)
  ・人の生活できる子ども(明るく笑顔であいさつし、自分の意思を伝える子ども)
  ・生活を楽しむことができる子ども(興味関心を広げ、自分で考え行動する子ども)

 2)目指す学校像
   ・児童生徒が学び合い、ともに成長する学校
   ・保護者が安心でき、信頼できる学校
   ・地域や小・中学校等とつながり、信頼される学校
   ・教職員一人一人が力を発揮する学校

 3)目指す教師像
   ・児童生徒を大切にし、保護者や地域、関係機関と連携する教職員
   ・チームで相談し、指導の工夫改善に努める教職員
   ・適切な指導及び必要な支援に向け、指導力と相談力の向上に努める教職員

 4)本年度の重点
  ・児童生徒にとって安全・安心な学校を目指す
  ・個に応じたわかる授業を創造する学校を目指す
  ・児童生徒がともに生部、うるおいのある学校を目指す


【本年度の重点項目】
1)キャリア教育推進の視点に立った教育課程を編成する
  ・実態に即した教育課程の編成及び指導方法の工夫改善 
  ・教育ニーズに応じた指導計画の立案と 主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善
  ・自立活動の個別の指導計画作成プロセスの共通理解と計画的な検討・改善
  ・系統的な職業教育の充実
  ・小・中・高等部の一貫した進路指導
  ・生徒指導に関する支援体制確立と生活指導及び安全指導 
  ・児童生徒の主体的な活動の重視

2)児童生徒にとって安全・安心な学校づくりを行う
  ・清掃・衛生管理と環境整備ならびに危険箇所の早期発見・早期対応
  ・給食時等の安全確保
  ・健康観察と安全確保、事故防止への取組
  ・情報管理の徹底

3)保護者や関係機関・地域と双方向で連携・協力する
  ・保護者への個別の教育支援計画の趣旨説明と適切な活用 
  ・関係機関や地域との密な連携
  ・学校生活や学習状況についての丁寧かつ的確な説明と相談支援を通した適切な情報提供・助言
  ・交流及び共同学習を通した相互理解と障害者理解の促進及び地域への発信と貢献活動の推進
  ・特別支援教育のセンターとして、地域の小・中学校や就学前施設等の支援

4)特別支援教育を担う教職員としての指導力・相談力を高める
  ・全校体制での主題研究の推進
  ・外部人材の積極的・効果的活用
  ・組織的な若手教員の育成
  ・授業研究と校内研修による学校力の強化
  ・ニーズに応じた教材教具の作成と情報共有・活用

5)業務改善と確かな学校運営を行う
  ・学校事務職員の学校運営への積極的参画
  ・確実な会計事務処理と学校予算の計画的・効率的な執行
  ・校務処理の効率化 ・定時退校日の積極的活用によるワーク・ライフ・バランスの充実
  ・学校自己評価・学校関係者評価等を生かした学校運営上の課題改善



バナースペース

北九州市立小池特別支援学校

〒808-0132
北九州市若松区大字小敷583-1

TEL 093-601-1298
FAX 093-601-1299

校長:奧田 まさ子

メール: