本文へスキップ

学校概要

 学校経営方針  学校沿革史  クリック

学校経営方針

2019年度 本校の教育目標

  • 自ら学び、心豊かで、たくましい子どもの育成

(1)めざす子ども像
子ども像 具体的な姿 キーワード キャッチコピー
っきりと
 話ができる子ども
  • 自分の思いを素直に、はっきりと話す子ども
  • 相手の思いを素直にしっかり聞く子ども
コミュニ   ケーション っきりと
  話して聞いて
  伝えよう
かよくできる
 子ども
  • 常に自他の立場を考え、思いやりの心をもって友達と仲良くする子ども
  • 素直な心と感謝の心を持ち続ける子ども
徳 かよしは、
 すなおな心と
 ありがとう
しぎなことを
 発見できる子ども
  • 自ら課題を見つけ、その解決に向け頑張る子ども
  • 自他のよさや可能性を認め、共に伸びる子ども
知 しぎだな、
 分かる・できるは
 おもしろい
いごまで
がんばる子ども
  • 心身ともに健康で、色々なことに挑戦する子ども
  • 学校の決まりを進んで守る子ども
体 いごまで
 がんばるもとは
 元気なからだ

(2)めざす教師像
  • 子ども・保護者・地域と相互に理解を深め、期待と信頼にこたえる教師
  • 子どもの力を伸ばすために、日々の授業を大切にする教師
  • 自分の果たすべき役割を自覚し、互いに知恵を出し合い、協力、協働する教師

(3)めざす学校像
合言葉は:「元気におはよう 笑顔でさようなら」
  • 明るく活気に満ちた学校
  • 地域から信頼され、地域とともに歩む学校
  • 温かな心を持った子ども・教職員のいる学校


本年度の重点目標

  1. 落ち着きのある学校生活の確立
  2. 教育力アップと基礎学力の向上
  3. 人権意識の高揚と人権感覚の育成
  4. 新学習指導要領への対応
  5. 一人ひとりの教育的ニーズに応える特別支援教育の推進
  6. 危機管理意識の向上
  7. 国際理解教育の充実
  8. ボトムアップによる学校の活性化

目標達成のための具体的方策

 (1)落ち着きのある学校生活の確立
  
  • 共感的な自動理解を基盤に据えた学年・学級経営の充実
    • どの子も「伸びたい」「認められたい」という願いをもっている。言動の背景にある思いや願いを温かく理解することを、経営の基盤に据える。
    • 子どもの変化を見逃さず心の悩みをつかむとともに、日々の指導の評価・反省や子どもの記録を残すようにし、子ども一人一人の実態に応じたきめ細かな指導を進める。
    • 学級活動の充実を図り、一人一人の子どもが集団の中で自分の役割をもち、個性を発揮しながら取り組み、友達に認められることによって所属感や自己実現の喜びが味わえるようにする。
    • 健康観察で児童一人ひとりの様子を把握し、心身両面においてケアする。また、学校での出来事に起因するトラブル等については次の日に持ち越さないよう、その日のうちに解決を図る。
    • 特に気になる児童に対しては、普段から児童、保護者との関係づくりに努める。
    • 目立たない子ども、手のかからない子どもも、それぞれに問題を抱えていることを念頭に置き、意識して言葉をかけるようにする。

  • 生活習慣の定着
    • 「挨拶」「言葉遣い」「掃除」についての指導を、全職員が共通理解のもと繰り返し指導していく。そのために教師自らが範を示す。
    • 望ましい学校生活の生み出しについては、代表委員会や委員会活動など、子どもの側からの発案・実践がなされるよう取り組みを工夫する。


  • 学習規律の定着    
    • チャイム席」「学習準備」「話の聞き方」「発表の仕方」について、全学年共通した指導を行う。
      (次の学習準備をしてから休み時間をとる。話してや聞き手に体を向ける等。)
       ※教師も始業時には教室に。

(2)教育力アップと基礎学力の向上
  • 教育力アップ
    • 一時間一時間を大切にし、「わかる授業」を
       ・「わかる授業づくり5つのポイント」を念頭に
       ・教材開発や教具の工夫(次年度も使える自作教具は教具室へ保管)
       ・教育センター等の研修の活用
       ・「せんせいチャンネル」の活用(まずは一度見てみる)
    • 校内実技研修会を実施し、それぞれの知識や技術を伝え合う場を設定する。
      ※ 「教科指導」「教室掲示」「学級だより」「あゆみ」「パソコン」等、互いが得意な分野で講師となり、共に学び合う。(主題研の協議会後の時間を活用)
    • 主題研究(算数)を中核に据えて授業力アップを図る


  • 基礎学力の向上
    • 児童の実態を把握し、個に応じた指導を工夫する。(補充学習サポートプログラムの活用)
    • 朝自習や下校前の時間を活用した補充学習の実施。(詳細については、後日、教務主任より提案)
    • 少人数指導の実施計画を早い段階で行うとともに、児童の実態に応じた授業形態を工夫する。
    • 家庭学習の習慣化
      ・自主学習を推奨し学年に応じた具体的な内容を児童並びに保護者に提案するとともに、家庭チャレンジハンドブックを有効利用する。また、参考となる自主学習ノートを学校内に掲示する。
  • 専科指導
    • 指導の充実及び上学年の負担軽減のため、4〜6年の理科専科に教務主任が入る。
  • 体力向上
    • 本校児童に課題のある「持久力と柔軟性」に焦点を当てた活動を積極的に実施する。

(3)人権意識の高揚と人権感覚の育成
  • 学校の教育活動全体を通じて、一人一人の児童が人権の意義や重要性について理解を深めるとともに、人権感覚を身に付け、それが具体的な態度や行動に表れるような人権教育を進める。
  • 人権教育教材の積極的・計画的な活用に努める。

(4) 新学習指導要領への対応
  • 移行期間に応じた確実な学習内容の履修
  • 外国語科の授業時数の確保と内容の充実(外国語活動も含めALT任せにしない)
  • 「特別の教科 道徳」の年間指導計画に基づいた授業時数の確保ならびに内容の充実を図る。また、評価については、「北九州スタンダードカリキュラム」内の「道徳科評価記述モデル例」を参考にする。

(5) 一人ひとりの教育的ニーズに応える特別支援教育の推進
  • 配慮の必要な児童については、運動会の練習期間前に教職員間で共通理解する機会を設定する。
  • 個人ファイルを活用し個に応じた適切な指導支援計画を立てるとともに、必要に応じてケース会議を開き、積極的に関係機関との連携を図る。

(6)危機管理意識の向上
  • 保護者対応
    • 担任が連絡帳に書くことは、単なる連絡事項や「ほめる」内容にとどめる。
    • 一つ上の対応を心がける。(連絡なし→連絡帳→電話→家庭訪問)
    • 保護者からの相談・苦情等については誠意をもって対応するとともに、管理職や関係職員に報告・連絡・相談を徹底する。   
  • 怪我や病気の対応
    • 病院で治療を受けさせるかどうかは、養護教諭及び管理職と相談を行う。判断に迷う場合は受診させることを原則とする。
    • 単独事故による怪我か加害者がいるのかを確実に把握する。(事実確認を確実に)
    • 保健室で治療を行った場合は、電話または連絡帳で保護者に知らせる。
    • 早退させる場合は一人で下校させず、保護者に迎えに来てもらう。   
  • 食物アレルギー     
    • 除去食等の対応をしている児童に対しては、二重三重のチェック体制を整える。
    • 給食時間はもとより、クラブ活動や家庭科等の調理実習の内容に注意を払う。また、       遠足の弁当(子ども同士のおかずやお菓子のやり取り)にも留意する。 調理実習等で使用する食材や調味料については、使用前に管理職及び栄養教諭とともに賞味期限等を確認する。    
  • 不審者対応
     
    • 来校者を見かけたら,こちらから声をかけることで,事件を未然に防ぐ。    
  • 個人情報の管理
    • 「あゆみ」の時期だけでなく、普段から意識した管理を行う。(教室や職員室の机上)
    • パソコンは施錠し、パスワードを設定しておく。
    • USBは学校のもの(パスワード設定)以外は使用しない。持ち出し簿に記入後、管理職の許可を得てから使用し、中身を空にして返却する。
    • 個人用のカメラの持ち込みは禁止。必ずクラス名の書かれたものを使用する。
    • 児童を写した写真をSNS等に載せない。    
  • 来校者及び電話の対応
    • 常に学校を代表していることを意識した対応を行う。電話を受ける際は学校名と名前を告げ、丁寧な言葉遣いを心がける。
    • 職員間での会話にも注意を払う。(内容や声の大きさ等)   
  • 出欠の把握
    • 健康観察の時点で児童が連絡無しに登校していない場合は、職員室に連絡する。基本、7年生が保護者に連絡し確認を行なう。一週間以上続けて欠席している場合は家庭訪問をして安否確認を行なう。
  • 外部や保護者からの問い合わせ
    • 児童の個人情報に関する外部からの問い合わせに対しては、一切応じない。(管理職に報告)
    • 保護者同士で連絡を取りたいという場合でも、安易に住所や電話番号を教えない。
      (相手方に承諾を得てから知らせる。)    
  • 体罰・飲酒運転の禁止
    • 感情的に叱らない。可能であれば複数で対応する。
    • 長時間立たせたり教室の外に出したりしない。
    • 説得ではなく納得させる。そのためには児童の言い分にも耳を傾ける。
    • 飲んだら車(自転車)に乗らないことはもちろんのこと、勤務日前日に深酒をしたり遅くまで飲んだりしない。また、出張前には必ずアルコールセンサーでチェックすることを習慣づける。
(7) 国際理解教育の充実
  • 中国の小学校との文化交流 作品の交換を通して互いの文化を知る機会とする。
    中国の児童の学校訪問があった場合は本校意児童との交流の時間を設ける。

(8) ボトムアップによる学校の活性化
  • 全教職員参加によるスクールプランの作成
  • PDCAサイクル充実のために、行事終了直後に会議を設定(問題点・改善点の洗い出し)
    ※ 担当者は提案した文書に修正を加え、上書きしたものをサーバー等の共有部分に保存しておく。
<その他>
  • 要回答文書(提出物)は早めに準備し、提出期限に余裕を持って提出する。
  • 物品の保管・管理、体育館・特別教室の施錠を徹底し、危険防止や盗難防止に努める。
    また、貴重品(私物)は必ず施錠して保管する。  
  • 次のような場合は、事前に校長や教頭の許可(確認)を得る。
    • 保護者向けの文書を出す場合。
    • 保護者を招集する場合。
    • 休業日に児童を招集する場合。
    • 保護者や地域の方に外部講師を依頼する場合。
    • 校外学習で学校外へ出る場合。
    • 家庭訪問等で外出する場合。(家庭訪問期間を除く)
  • 児童の下校時間を守る。
    • (どんなに遅くとも、バスの時間10分前(15:05か16:05)には「さようなら」をする。
    • 教職員も遅くまで残らないようにする。午後7時までの退勤を心がける。 (ワークライフバランス)     


バナースペース

北九州市立花房小学校

〒808-0108 
福岡県北九州市若松区
    大字小竹2227

TEL 093-791-0544
FAX 093-791-0398

学校長:折田 清志

メール: