本文へスキップ

学校概要

 学校経営方針  学校沿革史  クリック

学校経営方針

平成29年度 本校の教育目標

  • 自ら学び、心豊かで、たくましい子どもの育成

(1)めざす子ども像
子ども像 具体的な姿 キーワード キャッチコピー
っきりと
 話ができる子ども
  • 自分の思いを素直に、はっきりと話す子ども
  • 相手の思いを素直にしっかり聞く子ども
コミュニ   ケーション っきりと
  話して聞いて
  伝えよう
かよくできる
 子ども
  • 常に自他の立場を考え、思いやりの心をもって友達と仲良くする子ども
  • 素直な心と感謝の心を持ち続ける子ども
徳 かよしは、
 すなおな心と
 ありがとう
しぎなことを
 発見できる子ども
  • 自ら課題を見つけ、その解決に向け頑張る子ども
  • 自他のよさや可能性を認め、共に伸びる子ども
知 しぎだな、
 分かる・できるは
 おもしろい
いごまで
がんばる子ども
  • 心身ともに健康で、色々なことに挑戦する子ども
  • 学校の決まりを進んで守る子ども
体 いごまで
 がんばるもとは
 元気なからだ

(2)めざす教師像
  • 子ども・保護者・地域と相互に理解を深め、期待と信頼にこたえる教師
  • 子どもの力を伸ばすために、日々の授業を大切にする教師
  • 自分の果たすべき役割を自覚し、互いに知恵を出し合い、協力、協働する教師

(3)めざす学校像
  • 明るく活気に満ちた学校
  • 地域から信頼され、地域とともに歩む学校
  • 温かな心を持った子ども・教員のいる学校


本年度の重点目標

  1. 落ち着きのある学校生活の確立
  2. 教育力アップと基礎学力の向上
  3. 人権意識の高揚と人権感覚の育成
  4. 子どもの内面に根ざした道徳教育の推進
  5. 一人ひとりの教育的ニーズに応える特別支援教育の推進
  6. 危機管理意識の向上
  7. 開かれた学校づくりの推進

目標達成のための具体的方策

 (1)落ち着きのある学校生活の確立
  
  • 共感的な自動理解を基盤に据えた学年・学級経営の充実

      ・どの子も「伸びたい」「認められたい」という願いをもっている。
       言動の背景にある思いや願いを温かく理解することを,経営の基盤に据える。
      ・子どもの変化を見逃さず心の悩みをつかむとともに,日々の指導の評価・反省や子どもの記録を
       残すようにし,子ども一人一人の実態に応じたきめ細かな指導を進める。
      ・学級活動の充実を図り,一人一人の子どもが集団の中で自分の役割をもち,個性を発揮しながら
       取り組み,友達に認められることによって所属感や自己実現の喜びが味わえるようにする。
      ・健康観察で児童一人ひとりの様子を把握し,心身両面においてケアする。
       また,学校での出来事に起因するトラブル等については次の日に持ち越さないよう,その日の
       うちに解決を図る。
       合言葉は「元気におはよう 笑顔でさようなら」
  • 生活習慣の定着

      ・「挨拶」「言葉遣い」「掃除」についての指導を,全職員が共通理解のもと繰り返し指導していく。
       そのために教師自らが範を示す。
      ・望ましい学校生活の生み出しについては,代表委員会や委員会活動など,子どもの側からの
       発案・実践がなされるよう取り組みを工夫する。
  • 学習規律の定着    
      ・「チャイム席」「学習準備」「話の聞き方」「発表の仕方」について,全学年共通した指導を行う。
       (次の学習準備をしてから休み時間をとる。話してや聞き手に体を向ける等。)      
        ※教師も始業時には教室に。

(2)教育力アップと基礎学力の向上
  • 教育力アップ

      ・一時間一時間を大切にし、「わかる授業」を   
       ○学習の「めあて」の明示
       ○振り返りや次時につなぐ時間を確保
       ○教材開発や教具の工夫
       ○教育センター等の研修の活用

      ・校内実技研修会を実施し,それぞれの知識や技術を伝え合う場を設定する。
       ※「教科指導」「教室掲示」「学級だより」「あゆみ」等,互いが得意な分野で講師となり,
        共に学び合う。     
      ・主題研究を中核に据えて授業力アップを図る
  • 基礎学力の向上
      ・漢字のフラッシュカードや活用を行うようにする
      ・授業の振り返りの時間に,キーワードや文字数を指定するなどの適度な負荷をかけて感想等を
       書かせる活動を意図的に取り入れる。
      ・家庭学習の習慣化
       ○自主学習を推奨し,学年に応じた具体的な内容を児童並びに保護者に提案するとともに,
        参考となる自主学習ノートをクラス児童や同学年児童に紹介する。

(3)人権意識の高揚と人権感覚の育成
  • 学校の教育活動全体を通じて,一人一人の児童が人権の意義や重要性について理解を深めるとともに,人権感覚を身に付け,それが具体的な態度や行動に表れるような人権教育を進める。
  • 人権教育教材の積極的・計画的な活用に努める。

(4) 子どもの内面に根ざした道徳教育の推進
  • 年間指導計画に基づき,週一時間の道徳の時間を確実に実施する。また,体験活動を取り入れたり資料を工夫したりするなど,子どもの心を揺さぶる授業を目指す。

(5) 一人ひとりの教育的ニーズに応える特別支援教育の推進
  • 教職員間で共通理解する機会を設定する。

(6)危機管理意識の向上
  • 食物アレルギー     
      ・除去食等の対応をしている児童に対しては,二重三重のチェック体制を整える。
      ・給食時間はもとより,クラブ活動や家庭科等の調理実習の内容に注意を払う。
       また,遠足の弁当(子ども同士のおかずやお菓子のやり取り)にも留意する。  
  • 不審者対応
      ・来校者を見かけたら,こちらから声をかけることで,事件を未然に防ぐ。
      


バナースペース

北九州市立花房小学校

〒808-0108 
福岡県北九州市若松区
    大字小竹2227

TEL 093-791-0544
FAX 093-791-0398

学校長:折田 清志

メール: