本文へスキップ

学校概要

学校経営方針 学校経営方針図式 学校の規模 学校沿革史

学校経営方針

【本校教育の基調】

 本校教育は、国民の信託に基づくものである。日本国憲法、教育基本法及び学校教育法等の諸法令並びに北九州市の教育委員会施策や指導の重点に則り、公教育の立場を踏まえ学校の自主性を発揮した教育活動を行う。

【校訓】

   自主 協同 信頼

学校教育目標】

・豊かな心を持ち、明るく支えあい、感動を分かち合う生徒の育成
・時を守り、場を清め、礼をただす人間の育成

【学校経営の基本】

 学校は、生徒の人格形成の場である。学校経営にあたっては、学校教育目標を設定し、その具現化を図るために教育課程を編成し、継続的・計画的・発展的な教育活動をすることが求められる。そのため、「全員参加、率先垂範、師弟同行」を指導基盤に、生徒のために教師一人一人が教育者としての使命感に徹し、お互いの特技・持ち味を出し合い全教職員の積極的な学校経営参画と協働態勢によって創造的な教育活動を進め創意と活力に満ちた組織として活動を進める。また、地域社会・保護者・関係機関との連携を密にしながら、次のような学校像、教師像、生徒像をめざし、学校教育目標の具現化に全力を傾ける。

【めざす学校像】

・一人一人に学力・体力・道徳的実践力をつける学校
・思いやりの心と秩序を持った活気有る集団としての学校
・家庭や地域社会に信頼される学校

【めざす教師像】

・「教えるプロ」として教職の専門性を高め、幅広い教養と識見を身につけるため、
 自主的・主体的に研修に努める教師
・豊かな感性を持ち、生徒とのふれあいを大切にすると共に厳しく指導できる教師
・教育を通して国民全体に奉仕する教育公務員として使命と自覚を持ち、厳正な服務を心がけ、
 生徒や市民・保護者に信頼される教師
・「チーム浅川」として一丸となり、常に行動連携をとる姿勢を見せることで生徒を魅せる教職員集団

めざす生徒像】

・自ら正しく判断し責任を持って行動する生徒(自主)
・お互いに励まし合い導き合う生徒(協同)
・自他の生命を大切にし、相手を思いやり、人の心や痛みや優しさを感じ取れる生徒(信頼)
・理想を求め、感謝の心に満ちた生徒

【本年度の重点目標】

○豊かな心と健やかな体を育む教育活動の推進
○確かな学力の向上を図る学習習慣の確率
○心を通い合わせる挨拶・清掃活動の励行
○特別支援教育の理解と充実
○小中一貫・連携教育の推進
○英語教育リーディングスクールの推進
○学校における読書活動の推進

目標達成のための方策】

  • ●特色ある教育活動
    ・学習指導要領の趣旨及び北九州市教育課程編成資料等に基づき、学校の創意を生かした教育計画を作成し、
     特色ある教育活動の展開に努める。
    ・特色ある教育活動のもと、学校の自己評価・外部評価を実施・公表することによって保護者や地域に信頼
     される学校づくりを推進する。

  • ●確かな学力の向上
    ・生徒の学ぶ意欲を高めるため、学習規律や学習習慣の確立を図る。
    ・一時間一時間の「授業」の中に、教育のすべてがあることを認識し、基礎的・基本的な知識・技能の
     確実な定着を図り、生徒が自ら学び、自ら考える力を育成する学習活動を進める。
    ・標準授業時数の確保に努め、50分単位時間授業の積み上げを推進する。
    ・必修教科との関連を図り、生徒の特性に応じた多様な学習活動を通して総合的な学習の時間の
     充実に努める。
    ・生徒一人一人の実態を的確に把握し、少人数授業(TT)等の個に応じたきめ細かな指導を適切に行う。

  • ●道徳教育の充実
    ・教育活動全体を通した心の指導を補充し、深化し、統合するために道徳の時間を確保し、
     年間計画に基づいた計画的・発展的な運用を図る。
    ・心に響く道徳の時間の充実を図る。(私たちの道徳の活用、資料等の整備、授業研究等)
  • ●特別活動・進路指導の充実
    ・各行事のねらいや教育的な意義を明確にし、体験的な活動に努める。
    ・諸行事の効率的運営を進めるために、早めの計画、準備に努める。
    ・3年間を見通した適正な進路指導を計画的、組織的、継続的に努め、人間としての生き方や進路の適切な
     選択に関する指導の充実に努める。
  • ●情報・視聴覚・図書館教育の推進
    ・コンピュータを活用した授業を実践し、生徒のコンピュータ活用能力等の育成に努める。
    ・望ましい読書習慣の形成を図るため、朝読書の推進や図書館の活用に努める。
    ・教育機器、ソフト、図書等の計画的な整備に努める。

  • ●人権教育の充実
    ・全教育活動を通して、人権の意義・内容や重要性を理解するとともに、「自分の大切さとともに他の人の大切さを認めること」が出来るような具体的 な態度や行動に現れる人権感覚を身につけさせる人権教育を推進する。
  • ●生徒指導の充実
    ・「生徒指導推進要項」に基づき生徒指導体制の充実を図り、全教職員の共通理解と実践を進めるため
     生徒指導委員会を中心とした研修の定例化を図る。
    ・教育活動全体を通して、生徒が節度ある生活態度を自主的に身につけ、自己実現を目指す積極的な
     生徒指導を推進する。
    ・問題事象・事故・トラブルは、正確な事実関係と学校の対応を直接保護者に説明し、その日のうちに
     解決するように努める。
    ・日ごろから全教職員が連絡・連携を密にし、指導効果が高まるように最大限の努力をする。
    ・基本的生活習慣の定着やいじめ、問題行動の防止や不登校対策を徹底する。
     (生徒理解研修、部会の定例開催、不登校対策委員会の機能化)
    ・教師と生徒、生徒相互のふれあいを深め、保護者や地域、関係機関との連携と信頼の深化をはかる。
    (あいさつ運動、教育相談の充実、指導のネットワークの確立、啓発活動、スクールカウンセラー・
     スクールソーシャルワーカーの活用)
    ・是は是、非は非として毅然とした指導を徹底する。(看過・体罰に頼らない指導)
  • ●特別支援教育の推進
    ・障害のある生徒の視点に立って,一人一人の教育的ニーズを把握し、個に応じた適切な指導及び
     支援を推進する。
    ・個別の指導計画の作成に努め、校内支援体制の充実を図る。
    ・特別支援教育の充実を図る職員研修を実施する。
  • ●生徒会活動の充実
    ・学級会活動や生徒会活動を充実する。(勤労生産・奉仕活動等)
    ・生徒会役員、各専門委員長のよさや可能性を発揮させ、生徒が自主的・自治的な活動が
     展開できるように、生徒会活動の活性化を図る。
  • ●健康・安全教育の推進
    ・生徒のかけがえのない命の大切さを最重要課題として、危機管理体制の充実を図り、学校管理下に
     おける事件・事故の防止に努める。
    ・心身の健康や体力の向上、命の尊厳等の計画的な指導に努めるとともに事故防止や安全な行動が
     とれるような指導の徹底を図る。
    ・校舎内外の安全点検を日常的、計画的に行い、事故防止の徹底を図る。(機械警備の徹底)
  • ●小中一貫・連携教育の推進
    ・浅川中学校区でめざす「思いやりのあるやさしい子ども」育てるために小中学校が連携して9年間を
     見通した連続性のある指導をする。
    ・小中一貫・連携教育推進サポーターを架け橋として次の取組を中心に行う。児童生徒の情報交換、
     あいさつ運動の推進、授業交流
  • ●英語教育リーディングスクールの推進
    【研究テーマ】多様なグローバル社会の時代に生かせる能力・態度の育成
    ・異文化や外国の人々を受容し、共生することのできる能力・態度
    ・英語を使って積極的にコミュニケーションを図ろうとする能力・態度
    【研究内容】
    ・小中の円滑な接続のため、小中連続した小グループによる協働学習などを活用し、
     発達段階に応じたカリキュラムし指導方法の研究と実践
    ・グローバル社会で活躍できる資質・能力を育成するため、小中9ヶ年を見通した異文化の人々を
     受容できるような国際教育の推進
  • ●学校における読書活動の推進
    ・常時開館をすることで、本とふれあう機会を増やし読書好きの子どもを育てる。
    ・ブックヘルパー(保護者より募集)の協力のもと図書館運営を進める。
  • ●教育環境の整備
    ・日常的な清掃・美化活動を徹底し、環境美化に努める。(心なごむ教育環境の整備)
    ・施設・設備を充実させ教育活動の円滑化を図る。
    ・備品の整備と管理を適切に行う。(備品台帳との照合)
  • ●PTA、地域、関係機関との連携
    ・PTAや地域、関係機関との密接な連携を深め、教育効果の向上を図る。
    (PTAや地域、関係機関の研修や行事への積極的な参加、学校評議員の効果的な活用)
    ・教育課程の進行管理は、地域・保護者への説明責任を考慮し計画的に実施する。
     また、各教科の年間計画も保護者に公開する。
    ・評価方法や評価基準を保護者に公開し、評価の公正を期し説明責任を果たす。
    ・学校だより、学年・学級通信、保健室、生徒指導、生徒会だより等を定期的に発行し、
     情報を積極的に提供する。
  • ●教職員の資質向上
    ・豊かな人間性と専門的知識・技術や幅広い教養を基盤とする教師力の向上を目指す。
    ・学校の教育力の質的な改善と向上に向け、教職員の専門性を高め、教科、道徳、特別活動、
     生徒指導等の研修を計画的・継続的に推進する。(校内研修、授業研究、授業交流の充実)
  • ●文書・経理事務
    ・各種文書、生徒の個人情報等の整備保管と適正な活用を図る。
    ・節電、節水、節紙等の省エネに努める。
    ・学校予算の計画的、効率的、合理的な執行と保護者負担の軽減化に努める。
  • ●その他
    ・福祉教育や心の教育、キャリア教育、男女平等教育、国際理解教育等の社会の変化に対応した
     教育の充実を図る。
    ・常に教育活動の実施状況を評価し、教育活動の改善・充実に努める。(P−D−C−Aサイクル)
    ・教育改革の動向に適切に対応し、実効性のある教育活動の推進と工夫・改善に努める。
日頃の構え】

○全員参加、率先垂範、師弟同行を指導基盤にした創意と活力ある学校づくりを心がける
○教育公務員としての職務・身分所運お義務の厳守を心がける
○TPOに応じた服装や言動を心がける
○プロ教師として力量の向上に心がける

スペース




北九州市立浅川中学校

〒807−0871
北九州市八幡西区
  浅川学園台2丁目4−1

TEL 093-601-9323
FAX 093-601-3498