学校の歴史


明治 7
   11
   13
   19
   21
   24
   41

   44
  

小倉県企救郡中谷村大字山本562番地に8年16階級の山本小学校創立。
高津尾小学校を合併、下等小学校山本分校となる。
教育令公布、第九番学区山本小学校となる。(修学義務3年)
山本尋常小学校と改称(修学義務4年)する。
山本小学校簡易科となり、修学義務3年となる。
山本尋常小学校と改称する。
6年制の尋常小学校となる。
5、6年のため中谷小学校内に分教場を設置する。
2年の高等科を加設、校舎増築、山本尋常高等小学校となる。 
      
児童数
  25




  96

  

大正 6
   15

男女補修学校を併設する。
青年訓練所を併設する。
児童数
 155

昭和11
   16
   22
   38
   42
   44
   50
   51
   59
   60
   61
   63


青年学校を併設する。
小倉市に合併。小倉市立山本国民学校と改称。初等科6年、高等科2年となる。
小倉市立山本小学校と改称する。
北九州市立山本小学校となる。
校歌、校旗を制定する。
文部大臣賞受賞「学校給食」 「学校給食」指導により文部大臣賞を受賞する。
100周年記念式典を挙行する。
新校舎完成する。
ふるさと学習を開始する。
NHKにて「ふるさと学習」が全国放送される。
「ふるさと学習」研究発表会を開催する。
松下教育財団研究助成金、学習研究社教育賞を受賞する。
「ふるさと活動」で初めて麦の収穫をする。

児童数
 216
 253
 197



 179






平成 2
    9
   12
   
   13
   14


    16 
   17

福岡県農協夏休み作文コンクール学校賞受賞する。
北九州市社会科教育研究大会を開催する。
北九州市福原賞を受賞する。
「菊の一人一鉢運動等」で、福岡県花の善意コンクール優良賞を受賞する。
「ふるさと学習」により、ソニー子ども科学教育プログラム奨励賞を受賞する。
北九州市小学校特別活動研究大会を開催する。
福岡県児童画展にて、RKB毎日放送賞を受賞する。

日動火災教育振興事業より教育研究助成を受ける。
児童数 120
  
98

  96
  97




77




教育目標のページへ