環境にやさしい野菜作り


1、ねらい

    無農薬の野菜作りを通して、環境に対する意識を高める。

    収穫した野菜を使ってだんご汁を作る活動を通して、環境にやさしい野菜の

    収穫の喜びや班活動のよさを実感させる。

    日頃お世話になっている地域の方々や保護者を招待し、感謝の気持ちを伝え

    る。

 

2、内容

◆1・2年生(裁量時間・生活科で)

里芋づくり

いちごづくり

小麦づくり

写真:小麦の刈り取り

5年生(総合的な学習の時間で)  ・たまねぎ・じゃがいもづくり

◆6年生(総合的な学習の時間で) ・赤米・黒米づくり うるち米づくり

◆縦割り班(学校行事) ・さつまいもづくり  

野菜つくり(玉ねぎ・じゃがいも・

    きゅうり・とまと・ピーマン・す

    いか・レタス・キャベツ・エンド

    ウ豆・メロン・ブロッコリー・大

    根・白菜・人参・春菊・水菜・かぶ

    等) 

写真:たくさん実ったスイカ

3、活動の実際

【秋野菜づくり〜収穫祭】

@さつま芋畑の除草作業と学年園の片付け  9月

A苗植え                 9月

Bみずやり                班で当番が毎朝行う

C草取り                 班で適宜行う

D収穫                  1122

Eだんご汁つくり             1125

 

4、まとめ

    子どもたちは、農園にこおろぎやバッタ等の虫が多いことに驚き喜んだ。そ

    して、そのことが人間にとっても安心・安全な野菜であることを理解した。

    堆肥を入れ、小川を利用した水遣りで育てた野菜は、おいしかった。特に、

    子どもたちは、自分で育てた野菜はとてもおいしいと感じた。

    子どもたちは、環境にやさしい野菜がおいしくて安全であることを実感した。



写真:藁敷きと田んぼ作り
目次のページへ