北九州市立八児中学校  Yachigo Junior high school 

校訓
商品イメージ 商品イメージ 商品イメージ
きぼう
朝は希望に起き
どりょく
昼は努力に生き
かんしゃ
夜は感謝に眠る

学問で真・善・美 教育で知・情・意を


学校教育目標

     一人一人の特性を大切にしながら、 自己を発展させていく心豊かな生徒の育成

一人一人の能力や可能性を伸ばし、健康で安全に楽しさあふれる学校生活を送れる
(個の能力や可能性の伸張)
確かな学力をきちんと身につける
(確かな学力の定着)
自分の進路を自分の力できちんと決めることができる
(自己進路決定能力の育成)
集団生活の決まりを守り、与えられた仕事は責任を持って実行する
(規範意識の育成)
学習以外にも関心を持ち、学校の部活動や奉仕活動等にも積極的に参加し、心豊かで、健康な体づくりに励む
(豊かな心と健やかな身体の育成)
いろいろな出来事に出くわしたとき、「そのことはおかしいのではないか」という、人権感覚を身につける  (人権感覚の高揚)
人の気持ちを理解しようとする心をもつ
(他者理解の育成)
人をいじめない
(思いやりの心の育成)
人の信頼を損なうようなうそをつかない
(自尊感情の育成)
他と協力しながら学校生活が送れる
(共同・共学していく姿勢の育成)
   
目指す生徒像
商品イメージ
商品イメージ
商品イメージ
人の意見をよく聞き、自分で考え、判断し、自分の生きる道を切り開いていこうとする生徒 人それぞれの違いを認め、決して差別したり、いじめたりしない生徒 基礎学力を確実に身につけ、自分の学習課題の解決に積極的に取り組む
生徒


学校生活のルールを守り、他との
協調しながら集団生活のできる生徒
体力の向上と健康生活の実践に励み、命の大切さを実感できる生徒

めざす教師像
 教師一人一人の得意分野を活かし、「チーム八児中」として一体となり、鉄壁なカバーリングによる魅せる教師集団
(一枚岩の組織体)
プロの教師として自分の仕事には強い責任感を持つ教師集団
(教員としてのプライド)
 日々自己研鑽に努め、豊かな人間性と指導力を身につける教師集団
(教師としての資質向上)
法令を遵守し、教育公務員としての自覚を常に持ち、誠意を持って職務を遂行し、生徒・保護者・地域社会から信頼される教師集団
(教育公務員としての自覚)
日々心身の健康の保持増進に努める教師集団
(教師自らの心身の健康維持)
 

めざす学校像
生徒が毎日通いたく
なる学校
保護者・地域社会と、
学校が共に生徒を育んで
いく学校
教職員一人一人が学校組織の一員として、専門性を十分
発揮できる学校
美しく整備された学校 秩序や規律があり
落ち着いた学校


学校経営方針

   全教職員が八児中学校の一員としての自覚とプロの集団としての誇りをもち、
それぞれの教科指導、校務分掌、部活動等に責任をもって特性を生かす。生徒・保護者・地域との適切な人間関係づくりを積極的に推進する。

(1) 基礎学力の確実な定着

     ・ 教育課程の内容分析と理解を自己研鑽し、ユニバーサルデザインを活用した教育活動の推進を図る。

     ・ 全員が基本的事項を身につけるよう、アクティブラーニングを目指した指導方法の工夫改善を図るための最大限の努力を行う。

     ・ 生徒が授業に興味、関心をもって積極的に取り組めるような教材開発や授業改善を図る。

(2) 心の育ちの推進

     ・ すべての教育活動を通して、生徒とのふれあいを大切にし、アンガーマネージメントを中核として、適切な生徒理解と生徒との人間関係づくりを大切にする。

     ・ 確かな学力の向上に向けての研鑽が、生徒指導の特効薬と考え、わかる授業を構築する。

     ・ 学力に課題のある生徒には、教科の授業だけでなく、道徳の時間や特別活動さらには部活動等で活動の場を設け、アドラー心理学を基盤とした心の充実を図れるようにする。

(3) 保護者、地域、小学校等との一層の連携

     ・ 地域行事への積極的な参加や地域貢献的な行事を推進する。

     ・ 生徒指導の充実を図る。生徒指導の「さ・し・す・せ・そ」を念頭におく。

      さ……最悪の事態を想定   し……慎重に   す……素早く対応 

      せ……誠意をもって     そ……組織で対応 


本年度の重点目標

1)敬愛と感謝の心を育てる根気強く粘り強い指導
  • 心のこもった挨拶
  • ていねいな清掃
  • きちんとした服装
  • 時間を厳守
  • 正しい言葉づかい
 2)学力の定着・向上に努める学習指導の推進
  • 基礎学力の定着
  • 家庭学習の習慣化
  • 読書活動の推進
3)教育課程の円滑な推進と一時間一時間を大切にする授業の指導方法の工夫改善

4)一人一人生徒の実態を把握・分析し、個々の教育的ニーズに応える特別支援教育の推進

5)自己の生き方や道徳的な価値について考えを深める「道徳の時間」を中核とした道徳教育の推進

6)豊かな生き方を求めた特別活動・進路指導(キャリア教育)の推進

7)確かな人権感覚を育み人権意識の高揚を図る人権教育の推進

8)社会の変化に対応した教育(環境教育・防災教育・健康教育・情報教育)の推進

9)一人一人の自己指導能力を育成する生徒指導の推進(積極的な生徒指導)

10)不登校生徒に対する指導と関係機関との緻密な連携
(不登校対策委員会の設置)

11)信頼される学校をめざし、開かれた学校づくりの推進
(家庭、地域、小学校等との連携)

  やすらぎと笑顔のある学校づくりを進めよう

目の前の子どもからのサインを読み取れる、心のゆとりとやすらぎを大切にする     
・笑顔の絶えない教師と生徒たち  ・清々しい朝のスタートを 
 ・さわやかな挨拶で   ・ごみやほこりのない、きれいな学校に