トップ>校長室
校長室

学校長あいさつ 
 

 本校の学校教育目標は、

「 一人一人が生き生きと輝き、

知・徳・体の調和のとれた自律した児童の育成 」 

です。

そのために、

「ほめて、伸ばそう」

を合言葉に、学校でも家庭でも子ども達がのびのびと成長できるようにと考えています。
 子ども達の何をどのように誰がほめるのか。下図を参考に考えてみましょう。

 
 

 何をほめるのか。伸ばそうと思うこと。めあて。例えば、漢字を練習して書けるようになったことをほめる。努力してできるようになったことをほめる。心のこもった言動や失敗しても考えられたことをほめる。ほめることによって、自信となります。やる気が出て、より一層頑張ろうとします。そのことがプラスのスパイラル(らせん)となって、子どもは伸びていくのではないでしょうか。

 誰がほめるのか。先生であり、保護者であり、地域の方々です。さらに、友達同士や学年学校全体でほめてあげられたらよりよくなります。さらに、自分自身で自分をほめられるようになるといいのではないでしょうか。自分を自分で認める、ほめることによって、自己肯定感や自尊感情を高めることが子ども達の生きる力になると思います。今後も、本校教職員と実践を重ねながら、一人一人の子どもと向き合って、ほめて伸ばす実践力を高めてまいります。

   
 

学校でもご家庭でも、地域でも、子どもの良さやできるように
なったことを大いにほめてあげましょう。

 
 



 

Copyright(c) 2008. Wakazono elementary school. All rights reserved.