校 長 挨 拶 (第7代校長 園山 浩)
学校の概要
       平成29年5月1日 現在の生徒数 412人
              学級数    15
              教職員数   36人
若松中学校は下記のことをめざしてがんばっています。
学校経営の基本方針


北九州市の目指す学校教育の目標は、「一人ひとりに『生きる力』をはぐくむ学校教育の創造」である。 そこで、本校の学校経営を行う上で、大きな課題が二つある。一つは、「積極的な生徒指導」の推進、二つ目は、「基礎学力の定着と向上」である。
 この二つは、表裏一体である。「積極的な生徒指導」とは、生徒にとって授業がわかることであり「学校が楽しい」と感じることである。学校が楽しければ、不登校等生徒指導上の諸問題は減少するはずである。そのためには、授業改善に取り組み「わかる授業」を展開することが重要であることはいうまでもない。また、今や学校だけで学校教育を推し進めることは困難な時代であり、家庭・地域・関係機関等と連携した指導や支援も必要である。


校 訓
自律・協調・創造
学校教育目標
 
 校訓「自律・協調・創造」のもと、「自ら学び正しく判断して行動する生徒」の育
本年度の重点目標

1 信頼される学校(発達の段階に応じた連続性のある教育―小中一貫・連携教育の推進)

2 豊かな体験を通して、自己の生き方についての考えを深める道徳教育

3 確かな人権感覚をは育み人権意識の高揚を図る人権教育 

4 自己実現を目指す生徒指導(一人一人の自己実現を目指す生徒指導の推進)

5 障害のある生徒一人一人の教育的ニーズに応える特別支援教育

6 確かな学力の向上を図る指導の充実

7 健康で安全な活力ある生活を送るための基礎を培う健康教育

8 主体的に行動する力を育む防災教育

9 持続可能な社会の構築に主体的に取り組む態度、能力を育成する環境教育

10 健全な心と体を育む部活動指導(人間的な触れ合いを基盤とした豊かな部活動の推進)

11 家庭やPTA、地域、関係機関等との連携



目指す生徒の姿


 
○ 主体的に学習し、深く追求する生徒

 ○ 素直に思いやり、つくし合える生徒

 ○ 心身ともに健康で、粘り強い生徒

 目指す学校像

 ○ 魅力(特色)ある学校…勉強がわかって学校が楽しい

 ○ 生きる力(人間力)をはぐくむ学校…かかわりと意欲を重視する

 ○ 開かれた学校…保護者・地域から信頼される


home