北九州市立戸ノ上中学校  
Tonoue Junior high shcool  

 
 学校経営方針
 
学校経営の基本方針
 「一人一人を大切に、一つ一つをていねいに。」
  
爽やかなあいさつとありがとうがあふれる学校づくりを目指します。

・人間尊重の精神を基盤に、生徒のために教師一人一人が教育者としての使命感に徹し、
 専門性や持ち味を生かしながら、創造的な教育活動を進めていく。
・学校が組織体として機能するために、全職員が積極的に校務分掌任務の推進を図る。
・基本的な生活習慣の確立のもと、社会に適応できる規範意識の育成と基礎学力の定着を図る。
・生徒、地域の実態を踏まえ、保護者や地域の期待に応えるよう、学校教育目標の具現化に
 全力を傾ける。


本年度の重点目標
・生きる力を育む、信頼される開かれた学校づくりの推進。
・基礎・基本の確実な定着を図り、自ら学び自ら考える力を育てる学習指導の推進。
・豊かな心を育む道徳教育及び健康的で安全な生活を送るための健康教育の推進。
・規範意識を育て、自己実現を目指すきめ細かな生徒指導及び進路指導の充実。
・人権教育ならびに特別支援教育の推進。特別支援学級の円滑な開設と全校的な支援。


 教育活動のキーワードを「基礎・基本」と「感動」とし、あらゆる教育活動の中で、
「言語力の育成」に焦点をおき、学校教育目標の達成を目指す。
・「基礎・基本」・・・当たり前のことが当たり前にできる基本的生活習慣・学習習慣の確立
・「感動」・・・・・・生徒と教員がともに思いを共有できる体験等の創造


目標達成のための方策
(1)学年・学校経営について
・学校生活の基盤は学級・学年にあるとの認識に立ち、全職員が連携し、情報交換を密に行い、質の高い学級、学年集団をつくる。

(2)教科等指導について
・基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、学習規律や学習習慣を確立する。
・わかる授業や楽しい授業の創造に努め、指導方法を工夫し、指導と評価の一体化を図る。
・授業時数の確保に努める。
・道徳教育の充実に努める。

(3)生徒指導について
・積極的な生徒指導を中心に、迅速で適時・的確な対処的生徒指導を行う。
・教育活動全体を通して生徒理解を深める。
・きめ細かで、組織的な生徒指導に努める。
・不登校生徒、特別な支援が必要とする生徒等は、関係機関との連携を密にする。

(4)人権教育
・人権尊重の精神を育てる人権教育を推進するとともに、いじめ等を見逃さない。

(5)特別支援教育について
・教育的ニーズを把握し、個に応じた指導を推進するために、校内支援体制を確立する。
・関係機関や家庭との連携のもと、適切な指導方法や必要な支援の充実に努める。

(6)道徳教育について
・教育活動全体を通して道徳教育の充実を図り、道徳の時間の確保や充実に努める。

(7)進路指導について
・生徒自ら生き方を考え、主体的に進路を選択し、生涯にわたって自己実現を図ることのできる能力や態度を育成する。

(8)健康教育について
・心身ともに健やかな生徒の育成及び体力の向上を図る。

(9)給食指導について
・学校給食の重要性を認識し、衛生的に落ち着いた雰囲気の中で給食指導を行う。

(10)個性の伸長について
・生徒会活動、諸行事、部活動等を通して生徒の個性を伸長できる教育の充実に努める。

(11)教育環境の整備について
・清掃活動を徹底するとともに、生活や学習の場としてふさわしい教育環境の整備に努める。

(12)職場環境について
・教職員相互のより良い人間関係を基盤にした職場づくりを目指す。

(13)PTAや地域との連携について
・PTAや地域の行事、会議等に積極的に参加し、連携を深める。
・地域人材の効果的な活用により、学校と地域との連携を深める。