校   章




図案解説

  桜の花は平和のシンボルであり小学校の一般的な象徴である。
 葉は春に先がけて咲く葉桜、すなわち山桜であり、此のあたりは
 以前塔野池があり、その土手には山桜の木が何本もあって美しく
 咲いておりました。桜の花は限りない希望と勉学を表し、よき社会人
 として社会に報いる明るい生徒を象る。おしべは団体生活、楽しい
 学校生活及び子どもらしい心を示し、五方へ伸びる広がりは輝く
 教育の成果を、全体の円形は円満融和・協力を力強く表す。

                          昭和43年7月 江口 蔀
塔野小学校の校章
 江口 蔀 様 発案による