弱視通級指導教室の学習の様子

     

     
(拡大読書器での並縫いの練習)
拡大読書器を用いて、並縫いの練習をしました。
縫い目や針の穴などがモニターに映し出される
ため、見えにくいところはモニターで確認して
縫うことができました。
      (白黒のまな板での包丁の練習)
白黒反転のまな板で材料を包丁で切る練習
をしました。白色系の材料を切るときには
黒色のまな板、黒色系の材料を切るときには
白色のまな板を使うと材料がはっきりして
見やすくなります。
         
         
     
(単眼鏡の練習)
単眼鏡のピントを合わせて、単眼鏡で黒板の
文字を速く正確に読む練習をしました。次の行に
移ることろに気を付けながら読むことができました。
      (タブレット端末での学習)
板書を早くノートに写すことができるように
タブレット端末のカメラ機能で板書を撮影し
画像を見てノートに写す練習をしました。
       
         
           
(補助具の使い方)
補助具や支援機器の使い方を○×クイズ形式
で確認しました。どうして○・×になるのか理由も
考えました。
      (運動機能を高める練習)
見えにくさから物にぶつかったり、運動に
対して苦手意識をもっていたりするため、
ボディイメージを高める練習を行っています。
         
         
 前のページに戻る        TOPページにもどる