タイトル:ものづくり名人戦

平成13年度(2001年)より始まった「やるキッズコンテスト」に田野浦小学校も参加しました。

規定の紙で飛行機を作り、他校と一機づつ同時に飛ばし,床につくまでのタイムで競います。

校内予選を7月に実施し、勝ちぬいた10名・2チームが市内大会にのぞみました。

夏休み中に行われた市内大会にて田野浦小チームが、二年連続優勝し、県大会に5名・一チームが進みました。

県大会は県下の小学校16校でのトーナメント。
午前中に飛行機作成、午後1時過ぎより試合が始まりました。

風のない体育館で行われたのですが飛び方は一つ一つ違い、ハラハラの連続でした。

田野浦小チームの飛行機はバランスよく飛び、決勝に進出し、7対3でみごと優勝することができました。

この大会にむけ、日ごろからPTA会長をはじめ、さまざまな方々からの指導及び協力を得ることができました。

練習量では、県下一と思えるほど、夏のあつい日、風の日も、飛行機づくりに、とばし方の工夫にとはげんだ成果です。

「練習の時は飛んだのに本番では上手くいかない」
というプレッシャーと戦いながら一戦一戦楽しく対戦出来た事が子どもたちに良い勉強になりました。

またひとつ、田野浦小学校の新しい伝統が築かれています。
タイトル:やるキッズコンテスト

児童が自主的に運動、

スポーツに取り組む機会

を増やし継続させることに

より、体力向上、スポーツ

する為の能力を育てる

ことを目的としている

(主催 福岡県教育委員会)

タイトル:ものづくり名人戦

手作りの飛行機を作り、

飛行時間を競うコンテスト


飛行の原理をもとに手作り

で飛行機を作り飛びを競う

ことで創意工夫する力の成を

支援するコンテスト
写真:製作風景1 写真:紙飛行機(赤) 写真:紙飛行機(黄)
写真:優勝した紙飛行機 写真:製作風景2
優勝した時の紙飛行機は、本校の玄関にかざっています。
ごらん下さい。

ユーカリキッズへ戻る