学校教育目標


心身ともに健康でこころ豊かな子どもの育成
−知・徳・体の調和のとれた子ども−

●自ら学び、自ら考える子ども     <考える子ども>

●思いやりを持ち、助け合う子ども   <助け合う子ども>

●体を鍛え、元気で明るい子ども    <元気な子ども>


かしこく やさしく たくましく



学校経営の基本方針

−児童理解と授業の充実−


●学校主題研究と関連した一時間一時間の授業充実と、確かな見取りを基にした授業改善を行う。

●児童一人一人の教育的ニーズを把握し、そのもてる力を高めるために、全教職員の共通理解を深め、関係機関や家庭との連携のもと、適切な指導及び必要な支援の充実を図る。

●児童の基本的生活習慣の確立と心のはぐくみのため、本年度は、「挨拶」・「掃除」・「そろえること」を焦点化し、全職員でその確立を目指す。

●自他の人権教育を尊重し、相互のよさを認め合い、個性の伸長を図る。

●学校の教育活動について保護者・地域への発信に努め、理解と協力を仰ぐ。


前のページへ戻る