本文へスキップ
Top

 たくさんの人とつながり、笑顔が増え、より良い関係を築いていくために、児童会が 『HSP ハッピースマイルプロジェクト(HSP)』を立ち上げました。このハッピー スマイルプロジェクトでは、主に3つの取り組みをしています。

         
@「ふれあいハッピー運動」
  若松中学校区の共通目標である「みんながニコニコ 元気なあいさつ日本一」にもとづいて、「笑顔、あいさ つ日本一」目指し、あいさつ運動を行っています。登校 時間帯に5,6年生全員が交代で正門に立ってあいさつ を推進しています。全校で「気持ちの良いあいさつ」 を考えて、気持ちの良いあいさつができた人にシール を配布して気もちの良いあいさつを推進しています。


A「仲良しタイム」
  月に一度、1年生から6年生までを21のグループに分けて交流活動をしています。グループで遊びを考えて遊んだり、修学旅行の平和学習で使うおりづるをおったり、平和について考える時間にしたり、ウォークラリーをしたりします。

             
B「ニコニコポスト」
  友だちや先生にしてもらってうれしかったことや、笑顔になるような出来事を見かけたら、そのことを用紙に書いてポストに入れる活動をしています。ポストの中に入っていた内容を代表委員会だよりやポスター、放送などでいくつか紹介していき ます。また、入っていた「笑顔」の数だけニコニコの木に花を飾っていき、 「こんなにたくさんのいいことがあったんだね」とみんなに知ってもら うような活動に取り組んでいます。