学校の概要
 校区は貫山の麓から曽根干潟に面する広い平野部に位置し、曽根地区の中核を成している。
近年急速に進む都市化の中にあって、商業地、住宅地が増加し、交通も要便化している。
生徒は純朴で礼儀正しく、文武両道を校風に部活動も活発である。
また、保護者及び地域住民の教育への関心も高い。

沿 革
昭和22年 小倉市立第七中学校として創立
昭和26年 小倉市立曽根中学校
昭和38年 北九州市立曽根中学校と改称
大規模化が進み、
昭和49年沼中学校、昭和54年南曽根中学校、昭和61年田原中学校とそれぞれ分離する。
 全クラス数【29年度】
 1学年6クラス、2学年6クラス、3学年5クラス、特別支援学級5クラス、計22クラス
 トップページへ戻る
このホームページのすべての内容について、無断転載を禁じます。
Copyright 2008 kitakyushu sone junior high school All Rights Reserved.