学校の概要
本校は昭和45年、生徒数が急増した企救中から分校して創立された。
かつては生徒数が1500人を超え九州一のマンモス校であった。
しかし、二度にわたる分離開校(広徳中、守恒中)で、生徒数もその当時の半分ほどになったが、現在でも市内で3番目の大規模校である。
「志徳」とは、小倉南区にある「志井」と「徳力」の二地区の地名に由来しており、平成11年に30周年をむかえた。校区は北九州市の都心から少し距離があり、周囲の自然と都会の流行が交じり合う住宅地の中にあり、学校に対して協力的な保護者に支えられ現在に至っている。
学校長 濱田 秀樹
 平成30年度第一学期始業式校長訓話

みなさんおはようございます。

  
一学期の始業式に当たりお話をします。

 教室に掲げています授業三則は、「時間厳守・礼に始まり礼に終わ
る・場を整える」ですが、言い換えれば「時を守り、場を清め、礼を正す」です。

 授業など日々の時間を大切にし、地域や学校の環境を守り、一人一人が意欲的に、勉強やスポーツ、生徒会活動などに取り組むこと、これこそ「時を守り、場を清め、礼を正す」、の実践そのものであり、人格形成で欠かせない取組や活動です。
日々の学校生活や家庭生活で実践してください。


 授業三則、同じく「時を守り」「場を清め」「礼を正す」、以上をみなさんへお願いしてお話を終わります。
校 歌