学校の沿革史

で き ご と
明治4 4 ぎ園町に小森手永大庄屋の役宅があり、大庄屋小森承之助、その息子延之助父子漢学に長じ明誠塾(晩翠園)を開いて近郊の子弟を教育する。廃藩と共に、いったん塾を閉じたが、その高弟松村礼泰新しく塾(明誠校)を開いて、向学の子女を集め教育する。その名を明誠校といい、長行校の創始となる。
明治14 4 長尾小学校と改称する。
明治20 4 長尾小学校簡易科となる。
明治24 4 長行尋常小学校となり、大字長行365番地に校舎を新築移転する。
明治41 4 第8代校長 村上安太郎 赴任。
義務教育延長のため、6ヶ年の義務年限となる。児童数215名、4学級。
明治42 4 第9代校長 藤井貞彦 赴任
明治44 4 第10代校長 泉治三郎 赴任。
高等科を併置し、長行尋常小学校となる。児童数242名。6学級。
明治44 8 第11代校長 村上繁太郎 赴任
明治44 12 校舎を現在地長行136番地に移転する。その際同校庭より、かえで、木せいを移し植えたが、木せいは今なお生気よく旧校の面影を卒業生の心にしのばしめている。
大正2 3 北側に校舎一棟(二教室)を増築する。
大正3 3 第12代校長 佐藤秀明 赴任
大正6 3 第13代校長 藤井貞彦 赴任
大正7 3 第14代校長 武藤一郎 赴任
大正9 3 第15代校長 村上繁太郎 赴任
大正10 3 第16代校長 岸本喜久馬 赴任
大正12 3 第17代校長 泉治三郎 赴任
大正14 3 第18代校長 松井亀太郎 赴任
大正15 6 第19代校長 村上繁太郎 赴任
昭和5 3 第20代校長 泉治三郎 赴任
昭和10 2 勤労を中核とする農村学校の経営が認められ、県知事より学習経営の優秀、教授・訓練の成績顕著のかどにより表彰を受く。PTA会長、畑中貞義氏
3 “郷土に則したる実業教育の実際的研究”の主題にて、県指定研究校を命ぜられ、教育道場として山林、畑、果樹園を開こんし、教児一体となって汗の教育を実現する。
昭和11 12 農村学校経営発表会を開催し、県下に批判を求める。
昭和12 11 南校舎を改築、これまでの農園、果樹園の開こん、買収、有志よりの寄贈による校地拡張が一段落し、ほぼ現有校地の形態をなす。
昭和13 3 第21代校長 清川守雄 赴任
昭和16 4 長行国民学校と称する。
昭和17 3 第22代校長 西村龍雄 赴任
昭和21 3 第23代校長 中村省吾 赴任
昭和22 3 第24代校長 山県巧 赴任
4 6・3制施行により小倉市立長行小学校と改称、仝市指定の新教育実験学校となる。
PTA会長、畑中貞義氏再任。
昭和24 1 第25代校長 松村豊 赴任
4 県指定の実験学校となり、為すことによって学ぶ新教育の理念を実現して、作業教育に精魂をうちこむ。学校緑化優良校として表彰を受け、大内山楓樹苗下賜の光栄に浴す。
昭和25 5 北側校舎2教室改築後(31年)校舎改築の際、この1教室を移動し、再び改修を加えて講堂とする。
10 「作業を重視する長行小学校」の主題で、実験学校中間発表会を催す。
昭和28 3 第26代校長 竹中二男 赴任
12 春永孚氏PTA会長となり、全面的な校舎改築の声高まり、市へ強く要望、第二、第三
校舎新築、第一校舎校長室より東側の校舎改築成り、徳永菊造氏PTA会長の時、
落成式を挙ぐ。学校研究を子供のしつけに注ぎ、続く29年も実態にたつしつけの
教育とし、戦後の人心荒廃に対処する。
昭和29 3 第27代校長 沢村敏雄 赴任
昭和31 5 第28代校長 熊野正一 赴任
7 講堂及び教室増築、続いて34年さらに一教室増築、研究を算数科におき、理解度
診断テスト問題作成、テスト問題の適用と深化を図る。
PTA会長、上田市太郎氏。
昭和34 4 第29代校長 岡田不二夫 赴任
5 給食調理室を校舎改造により設置、完全給食を始める。
昭和36 3 農村学童の学力向上に読書力の必要を痛感し、90周年記念事業として図書館建設
を企画し校区、教委の支援により35坪の図書館落成。
4 第30代校長 鍵谷勝一 赴任
5 創立90周年の式典を挙ぐ。記念事業として図書館、放送室、体育器具、理科器具を
整える。
6 土地交換により運動場北側の拡張工事完了する。
10 研究を算数科に置き、「能力にまで高める算数のドリル学習」とする。市の研究校として
その実績を発表する。母の会を結成し活動を起こす。
昭和38 4 学校研究主題「人がらをつくる読書指導」三年計画(第一年次)。
6 特殊学級(わかば学級)階級式を行う。5年8名、4年5名の計13名で発足する。
昭和39 4 第31代校長 吉田績 赴任
8 特殊学級教室ならびに校地西側排水溝完成。
昭和41 4 第32代校長 岩城頼三 赴任
学校研究主題「算数科における量と測定指導」三年計画(第一年次)
昭和43 4 第33代校長 谷口司朗 赴任
学校研究主題「一人ひとりを伸ばすたのしい学習」(理科)三年計画(第一年次)。
5 家庭教育学級発足。
昭和44 7 25mプール完成。更衣室完成。
昭和45 4 第34代校長 小川三郎 赴任
昭和46 7 プール浄化槽完成。
9 プール土手改修工事。全校放送設備完成。
12 創立百周年記念式典挙行。百周年祝いに北九州市より、校旗授与。
昭和47 4 学校研究主題「全児童を学習に参加させるための学習指導法の研究」(算数)第一年次。
5 講堂解体工事、南側運動場整地作業。
7 講堂跡地に、特別教室三教室(三階建)建設。
昭和48 2 体育館建設。
昭和49 4 第35代校長 照屋利男 赴任
5 運動場北側及び東側拡張工事完了。
10 校舎改築第二期工事(東側三階校舎)完成。体育倉庫完成。
昭和50 4 地鎮祭、校舎建設着工。
7 第二長行小新設のための要望書等提出。
9 古墳(石かん)の移転工事完了。
10 南校舎完工する。
昭和51 1 電話機増設(受信専用)する。
2 赤電話(私用)設置する。
7 旧図書室、残校舎の解体撤去。
8 第二長行小用地候補地調査(教委・役員)。焼却炉の新設。校納金の児童銀行振りこみ制度の実施。
10 第二長行小用地の件、能行公民館で地主に説明会を行う。
昭和51 3 管理棟玄関部分の工事完了。
5 共調式TVアンテナ設置。
6 石炭倉庫新設する。
8 インターホーン全学級改修設置する。放送機を本館へ移す。
9 管理部門(本館)完成する。運動場整地工事完了する。
10 温室を新設する。
11 飼育舎新設する。教室スクリーン取付け。
12 校舎落成祝賀行事を実施す。記念航空写真撮影する。
昭和53 1 灯油倉庫新設する。
7 砂場を新設する。全日本よい歯の学校表彰受賞。
昭和54 2 第二長行小予定地の測量実施をする。
4 第36代校長 有吉 豊明 赴任。
ブランコ設置。特別教室を普通教室に改造工事着工。バードハウス設置する。
ウォータークーラー二基設置(PTA寄贈)する。
8 運動場北側防球ネット補強・増設完了する。
10 運動場西側に古墳公園を造園し、樹木の整理を行う。
昭和55 3 プレハブ増設(四教室)。大いちょう伐採する。
7 管理棟の警報機器(レーダー光線)整備完了。長尾小学校地鎮祭をする。
10 体育館どん帳修理及び暗幕新調をする。
11 運動場北側排水溝補強工事完了する。全日本よい歯の学校表彰受賞。
12 焼却炉移転及び、不燃物置場設備工事完了する。
昭和56 1 県児童画展で学校賞を授賞される。
第二長行小の名称を「長尾小学校」と決定し、校歌の作詞を劉寒吉先生に、作曲を
中林清治先生に依頼する。校章は北九州市章の中に長尾と入れて有吉豊明校長がデザインする。
2 全日本よい歯の学校表彰
3 長尾小学校校旗受領、及び同校開校準備(開校式典と備品納入、長行小よりの譲渡備品等の移転作業)をする。
4 長尾小学校関係児童・職員との離別式(4月1日)。本校学級数21学級、児童数750名と半減する。
長尾小学校開校式(4月4日)、学級数23学級。児童数860名。
プール及び、よう壁の修理完了する。
学校研究主題「助け合い実践する子を育てる特別活動の実践的研究」三年計画(第一年次)
5 プレハブ校舎(六教室分)撤去完了と、跡地の整地作業実施。
便所フラッシュバルブ装置設置。創立百十周年記念事業準備委員会発足。
8 OHP用スクリーン備付工事・体育館バスケットボール・ゴールポスト取付。
9 管理棟二階一教室を類似公民館に改造する工事に着工する。
創立百十周年記念事業実行委員会を開催する。
10 創立百十周年記念事業として、「理科教材園」・「記念碑」の建設及び「記念誌」の発行に着手する。
11 創立百十周年記念式典を挙行する。(記念事業委員会会長 春永孚氏、PTA会長 西田稔夫氏)
12 内部改造電気工事
昭和57 3 教育研究論文「助け合い実践する子を育てる特別活動の実践的研究」努力賞
昭和59 4 第37代校長 長岡 一郎 赴任
昭和60 3 教育研究論文「助け合い実践する子を育てる特別活動の実践的研究」努力賞
9 B棟便所改修機械工事
昭和62 4 第38代校長 平 天海 赴任
昭和63 4 第39代校長 奥薗 哲通 赴任
6 プール浄化装置取替工事
昭和64 1 福岡県児童画展 RKB毎日放送賞受賞
平成2 3 屋内運動場付属施設設置(体育館裏トイレ・更衣室)
12 福岡県児童画展 学校努力賞受賞
平成3 4 第40代校長 宮房 史郎 赴任
平成4 6 交通事故をなくす福岡県県民運動 努力賞受賞
12 校舎大規模改修工事
平成6 3 教育研究論文「児童一人ひとりが行き、共に伸びていく学級集団づくりの研究」奨励賞
4 第41代校長 吉永 正美 赴任
平成7 3 教育研究論文「児童一人ひとりが行き、共に伸びていく学級集団づくりの研究」奨励賞
11 福岡県児童画展 毎日新聞社賞受賞
平成8 3 教育研究論文「学び方を自ら学び、意欲的に学習に取り組む児童の育成を目指して」奨励賞
4 体育館バトミントン支柱工事
6 玄関ドア改修工事〜7月5日
12 福岡県小学校児童画作品展 奨励賞受賞
平成9 3 教育研究論文「学び方を自ら学び、意欲的に学習に取り組む児童の育成を目指して」奨励賞
保健室温水シャワー設置
5 A棟手摺設置工事
10 体育館入り口電灯設置
平成10 3 教育研究論文「一人ひとりの子どもたちが支え合い、互いを大切にし、ともにのびていこうとする子どもの育成」奨励賞
4 第42代校長 大嶋 洋 赴任(清水小より)
10 尋常小学校開設〜11月19日  
平成11 2 A棟ハートフルトイレ整備工事
平成12 3 第43代校長 白石 新治 赴任。床張替え工事(2の1・保健室)
8 パソコン室改造工事
11 教室暖房設置(14教室)
12 福岡県小学校児童画作品展 奨励賞受賞
平成13 3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てる授業づくりの工夫」銅賞
5 朝の10分間読書の取組開始
11 スクールヘルパー活動開始
平成14 3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てる授業づくりの工夫」銅賞
4 創立130周年記念植樹
10 体育科全員研修会(1・3年生)
平成15 3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てる授業づくりの工夫」銅賞
4 第44代校長 藤嶋 哲郎 赴任。英会話学習開始(総合的な学習の時間)。子ども読書の日取組開始
5 交通事故をなくす福岡県県民運動 優秀賞受賞。情報化推進教育開始(総合的な学習の時間)
平成16 3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てる授業づくりの工夫」銅賞
4 入学式1年生85名 全児童462名
平成17 3 教育研究論文「伝え合う力を高め自分を豊かに表現する児童を育てる指導法の研究」奨励賞
4 第45代校長 占部 秀一 赴任
平成18 1 教育用コンピュータ整備
5 校内LAN整備工事
11 福岡県小学校理科教育研究大会。第22回北九州市小学校理科教育研究大会。
研究主題「子どもが見通しをもって観察、実験を行い、科学的な見方や考え方を育てる理科学習」〜自分の思いや考えを表現できる児童を育てる指導法の研究〜
平成19 3 教育研究論文「伝え合う力を高め自分を豊かに表現する児童を育てる指導法の研究」奨励賞
平成20 3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てるコミュニケーション能力の育成」奨励賞
4 入学式1年生82名 全児童461名
8 校長室床張替工事
10 さわやかトイレ改修工事C棟1〜4階
平成21 3 情緒障害教室整備工事(C棟 2階)、普通教室床張替工事(A棟 1〜3階)。
教育研究論文「かかわり合い、伝え合い、学び合いを培うコミュニケーション能力の育成」奨励賞
4 第46代校長 原田康伸 赴任。入学式 1年生75名 全児童475名
8 C棟外壁剥離及びA棟ネット補強工事
10〜12 新型インフルエンザ流行の為、のべ12学級閉鎖
平成22 2 大型薄型テレビ設置
3 教育研究論文「自分の思いや考えを表現できる力を育てるコミュニケーション能力の育成」奨励賞
A・C棟廊下電灯改修工事
4 入学式1年生71名 全児童456名メール配信システム運用開始。
7〜10 B棟1階さわやかトイレ改修工事
7 大雨に伴う臨時休校
7〜8 中学校完全給食実施に伴う小学校給食室改修工事
12〜1 中学校完全給食実施に伴う小学校給食室改修工事
11〜3 B・C棟外壁剥離改修工事
12〜3 太陽光発電設備設置工事
平成23  1 B棟通用門通路照明設置工事、B棟1〜3階廊下照明器具改修工事
2〜3 流行性インフルエンザによる学級・学年閉鎖(のべ4学級)
3 教育研究論文「考えを持つ、伝え合う、学び合う子どもの育成をめざして」奨励賞
第130回卒業証書授与式(男子35名 女子42名 計77名)
給食室側敷地舗装改修工事
10  第47代校長 宮原雅則 赴任
平成24  4 北九州市校務支援システム本格稼働。特別支援学級(情緒)2教室改良工事竣工。
10  モルモット(4頭)いとうづの森より譲渡。
平成25   4  第48代校長 半田幸平 赴任
10  【小倉南区陸上記録会】鞘ヶ谷競技場開催。校舎耐震補強工事終了。
平成26     2 体育館耐震補強工事終了 
 4 入学式1年生69名(全校児童445名) 
 9  6年生修学旅行(佐賀・長崎方面)
 10   5年生自然教室(もじ少年自然の家)
 12  紫川河畔マラソン大会
平成27    3 第134回卒業証書授与式(男子55名女子29名 計84名) 
 4 入学式1年生65名(全校児童423名) 
 10   5年生自然教室(もじ少年自然の家)
 11  6年生修学旅行(佐賀・長崎方面)
 1 紫川河畔マラソン大会 
 3 第135回卒業証書授与式(男子35名女子34名 計69名)
平成28    4 第49代校長 末武 正好 赴任