梅林竹札かけ

合馬特産の竹に、合馬の自然を、5・7・5の短い言葉で詠います。全校の児童が、2月中旬、梅の開花にあわせ、5・7・5の短い言葉で、合馬の自然を詠います。それを合馬特産の竹に表現し、三岳梅林の梅の枝に下げる行事です。昭和51年度に始まりました。
ウグイスが きれいなこえで ホーホケキョ (1年生)

春風が 心あたため 気持ちいい (2年生)

花びらが 赤にそまると 春になる (3年生)

三岳の 赤白ピンク 何の色 (4年生)

行ってみて 心に残る 梅林よ (5年生)

春になり 一歩歩んで 夢近し (6年生)