明治  9年11月  合馬村 山本雲平宅を仮校舎とする。合馬・三岳・田代を通学区域とする。
 10年 4月  合馬村大字大石341番地に校舎を新築する。
 14年3月  大雨のため校舎が倒壊する。
 15年1月  合馬村大字大石347番地に校舎を新築する。
 20年4月  合馬小学校簡易科と称す。
 25年4月  合馬尋常小学校と改称する。田代分教場を置く。
 29年4月  田代分教場が独立する。田代尋常小学校と改称する。
 35年7月  児童数増加に伴い、合馬村ゴギガ迫357番地の2に新校舎を建築する。
大正  5年4月  田代尋常小学校が廃校となる。合馬校に合併する。
昭和  12年11月  現在地合馬村本村に校舎を新築する。
 16年4月  小倉市立合馬尋常小学校と改称する。学制改革により合馬国民学校と改称する。
 18年4月  小倉市立合馬尋常高等小学校と改称する。
 22年4月  小倉市立合馬小学校と改称する。学校給食が始まる。
 26年4月  田代地区児童八幡市立河内小学校に転出する。
29年  校歌ができる。
 33年10月  創立50周年記念式典を挙行する。 
36年  PTA競輪場売店を経営する。
37年  競輪場売店収益金をもって、合馬小学校教育設備基金を創設する。
38年2月  北九州市立合馬小学校と改称する。
 45年9月  創立100周年記念式典挙行する。
52年3月  鉄筋3階建ての新校舎が完成する。
54年4月  体育館の落成式が挙行される。
56年1月  米飯給食始まる。
平成5年 1月  合馬神楽伝承の活動が始まる。
平成7年 7月  文部省より伝統文化教育推進校の指定を受ける。
平成8年 11月  創立120周年記念式典挙行する。
平成10年 2月  「合馬小学校子ども神楽」が福原賞を受賞する。
平成11年 11月  合馬小・吉母小交流40周年記念式典挙行する。
平成12年 11月  全教室にストーブが設置される。
平成13年 10月  全教室にコンピュータが設置される。図書室をコンピュータ室とする。
平成14年 6月  飼育小屋の改修工事が行われた。
平成15年 4月  機械警備が開始となる。情報化推進委員による情報教育の授業開始。英会話のためのALT配置。
平成16年  11月  とびうめ国文祭に合馬神楽が参加する。
平成17年 2月  北九州市ふるさとの川大賞受賞(4年生発表)
平成18年 6月  体育館床の工事が行われる。
8月  学校内下水工事。
11月  130周年記念式典が開催される。
平成20年 9月  学校内上水道完備。井戸水から水道水へ移行。
平成21年 2月  藤棚の建替え工事が行われた。
3月  体育倉庫を建替て、放課課後児童クラブ(2F)。体育倉庫(1F)の新設。
6月  よい歯の学校表彰『教育委員会賞』受賞。
8月  校内インターホンの取り替え工事。さわやかトイレ改修工事が行われた。
平成22年 1月 学校努力賞受賞(図画工作)
2月 福原賞受賞(子ども神楽伝承活動)
合馬・吉母交流50周年記念式典(リーガロイヤルH))
平成23年 10月 九州PTA研究大会で「子ども神楽」披露
11月 舞台芸術体験
平成24年 4月 学校給食調理業務民間委託開始
平成25年 2月 体育館耐震化工事竣工
合馬小学校の沿革