本文へスキップ

TEL. 093-651-0076

〒805-0043 福岡県北九州市八幡東区勝山1丁目1-1

大蔵小学校のホームページへようこそ   

学校からのお知らせ     ユネスコスクール推進指定校 平成26・27・28年度

基礎・基本の力を高めるために、各学年で学習する漢字の検定問題をアップしました。現在の学年で学習する漢字を予習したり、これまでに学年で学習したす。


おおくらトピックス!                      過去のトピック
◆4月18日・・・
新着情報

基礎・基本を身に着けよう! 
漢字問題の部屋  計算の部屋 活用の手引き

児童見守り隊のマップをアップしました。
◆8月2日・・・夏休みの入って10日たちましたが、子どもたちは元気に過ごしているでしょうか。先日の台風でも大雨が心配されましたが、今のところ被害を受けた、という連絡は入ってきてないので大丈夫だったのだと安心しているところです。
 さて、子どもさんは毎日勉強も頑張っているでしょうか。学校だよりの終業式号でもお知らせしたように、このホームページの「漢字問題の部屋」と「計算の部屋」を活用して、漢字、計算の力をしっかりつけて2学期に臨めたらいうことなしですね! 特に、「漢字の部屋」は2学期以降に出てくる漢字を予習したり、過去の学年の漢字を復習したりすることができます。ぜひ、この手引きを読んで活用して頂ければ幸いです。→活用の手引き
◆7月26日・・・午前10時から大蔵市民センターで「ウェルクラブ活動出発式」が行われました。今年は本校児童が16名参加します。大蔵社会福祉協議会の皆様にお世話していただき、夏休みの間に16名の児童が手分けをして校区にお住いの年長者宅を訪問し、お話をしながら昔の暮らしや戦争時代の事など、たくさんのことを学ばせていただけることだと思います。活動は、8月初めから始まります。

◆7月25日・・・午後、河内小学校で大蔵中学校区の3校(大蔵中、河内小、大蔵小)の全職員の人権教育合同研修会が行われました。3校のスクールカウンセラーの末續先生、鞠川先生の話とアクティビティの後、特別支援教育、学力・体力向上、生徒指導の3部会に分かれお互いに学校で実践していることを交流しました。このような取り組みを通して、教職員相互の親睦を深めるとともに、今後3校が同じ方向を向いて教育活動を推進していけるように連携を深めています。
◆7月22日・・・乳山神社で夏越祭りが行われました。その行事の一つとして、毎年恒例の「小学生相撲大会」が行われ、本校児童は男女合わせて30人余りが参加していました。トーナメント戦と勝ち抜き戦があり、子どもたちは、それぞれの取り組みで全力を出して頑張っていました。日頃学校で見せる姿と重なる子供もいましたが、違う顔を見せる子どももいました。普段はおとなし目の子が、すごい集中力と勝ち気な相撲で一気に寄り切ったり、悔しがったりととても楽しく応援させていただきました。
  
 夏の暑い期間を健康で無事に乗り切ってほしい、という願いで続けられている夏越祭り。子どもたちも保護者、地域の皆様もご健勝で過ごされますようにお祈りいたします。
◆7月21日・・・西日本新聞の朝刊の記事をアップします。
◆7月20日・・・今日も大変暑い一日でした。その暑さのため、終業式を
教室での「放送終業式」にしました。夏の教室が中止になったため、子どもたちが学校に来るのは今日まで。子どもたちの中では明日から夏休みの気分ではないでしょうか。
 今日の終業式からあゆみ渡しの場面を、西日本新聞とNHK放送局が取材に来ました。その模様は、今日の夕方18時からのNHKニュースで流れるようです。また、西日本新聞は、明日の朝刊に掲載予定だそうです。

 終業式の放送の中で、私は次の2点について話しました。
(1)ワールドカップサッカーベルギー戦で負けた試合後の日本チームのロッカールームのことと、日本人サポーターの観客席のゴミ集めの事から伝わってくる我が国の素晴らしさ。
(2)大雨時に本校周辺や大蔵川の様子を撮影した写真や映像を通して、増水した川に近づくことの危険や土砂災害が起こる際の一般的な兆候等、災害から身を守る上で大切なこと。
 「学校だより6終業式号」の中で、今日話したことの要点を書いているので、是非読んでみてください。
 また、学校だよりの裏面には、このページの上部に常掲している「
漢字問題の部屋」と「計算の部屋」の活用法について書きました。夏休み中は、ご家庭でも積極的に活用して頂ければ基礎・基本の力がグングンついてくると思います。
◆7月19日・・・熱中症予防のため、
今年度、本校の「夏の教室」は中止になりました。教室にエアコンが設置されていない市内の小学校はすべて中止です。本校は、7月23日(月)〜25日(水)の3日間実施する予定でしたが、3日間とも中止です。夏の教室を想定されて、夏休み初めの計画をされていたご家庭には申し訳ありませんが、ご対応をよろしくお願いいたします。
 大蔵中学校生徒会の6名が本校に来て、企画委員会の6年生6名と一緒に
「仲良く、いじめのない明るい大蔵中学校区にしよう。」というめあてのもと「ふれあい笑顔ミーティング」を行いました。事前に大蔵小、大蔵中それぞれで話し合って持ってきたアイデアを出し合い、共通に取り組むことを決めました。
 共通の取り組みとして決まったことは、
「朝のあいさつ運動を第1、第3、第5水曜日にする。」ということです。2学期から取り組みが始まります。これまで以上に明るく元気な大蔵中学校校区になるように頑張ってほしいと思います。

 また、
環境委員会の代表児童2名が子どもたちが集めたペットボトルのキャップをイオンに持って行きました。この取り組みは「ペットボトルキャップで世界の子どもたちに笑顔を」というキャンペーンで、イオンが集めたキャップをリサイクル業者に買い取ってもらい、そのお金を世界の子どもを支援する団体に寄付することで、世界の貧困に苦しむ子どもたちが健康でよりよい暮らしができるように支援するものです。私たちが日ごろ何気なく飲んでいるペットボトル飲料ですが、このような取り組みに参加することを通して、世界に目を広げる子どもになってほしいと思います。

◆7月18日・・・今日は
個人懇談会の2日目です。暑い中のご来校お疲れ様です。1日目の昨日、保護者の中から学校全体や各学年、学級の運営にかかわる情報を頂きました。今日も、尋ねたいこと、気なることなど何でもご相談いただきますようにお願いいたします。
 本日は、
朝の9時以降暑さ指数が上がり熱中症に関するレベルが「厳重警戒」になったので、このような晴天なのに15分休みの外遊びを禁止しました。子どもたちにとってはとても残念な判断ですが、昨日の報道にもあったように、場合によっては命を落とすことになりかねない大変危険な暑さです。今日も給食後に下校して、遊ぶ時間がたっぷりありますが、外での遊びについては自重するように指導をして下校させたいと思います。
 しかし、
危険なのは屋外だけではありません。屋内でも安心できません。家庭でも十分に水分補給をするように、ご家庭でも対策を考える必要がありそうです。この暑さはまだ当分続くようです。ご家族の皆様も含めて十分に警戒して頂きますようにお願いいたします。
◆7月17日・・・今日から二日間、
1学期末個人懇談会です。10分足らずと短い時間ですが、1学期の家庭や学校での子どもさんの様子を担任と話して、夏休み以降、子どもさんが頑張る視点をはっきりさせてほしいと思います。そして、少しでも実りある夏休みを過ごせるとよいですね。
 1年生が育てている朝顔がどんどん成長しています。紫色、赤色の花が次々に咲いています。毎日水やりをしている成果が出ているのだと思います。(クリックすると大きな写真が見れます。)


◆7月13日・・・今日も暑さ指数が朝から上がり、
熱中症に対して「厳重警戒〜危険」というレベルが続いているため、昼休みが二日続けて教室遊びになりました。
 そのような中、1,2年生が生活科の学習で、
シャボン玉づくりをしました。何種類かの洗剤や粘りを出すためのいくつかの材料を組み合わせて、ストローや紙をはがしたうちわの骨組みなど、思い思いの道具を使ってシャボン玉を作り、飛ばしました。しかし、何と言っても子どもたちの注目を集めたのは、長い棒の先端に紐をつけて作った道具でした。子どもの力でも大きなシャボンがいくつも作れて大歓声が上がっていました。このような活動を通して、試行錯誤することの楽しさを味わうことで、問題解決の楽しさやモノづくりの楽しさを味わわせていきたいと思います。

 また、5、6年生は水泳学習の最後に
着衣水泳をしました。着衣のままではとても泳ぎにくいことを体験するとともに、ペットボトルなど周辺にありそうな道具を使って水に浮く練習をしました。子どもたちは、ペットボトル一つで自分の体が楽に浮けるような浮力があることに驚いていました。今日学んだことが実際に活用されるような場面に遭遇しないことが一番ですが、自分自身だけではなく、周りの人の緊急時などにも活用する力になってほしいと思います。

◆7月12日・・・本校で、八幡東区の小中学校、特別支援学級の
「ふれあい交流会」が行われました。3つの小学校、3つの中学校から60名位の児童が集まって、各校が学校紹介や出し物をしたり、ゲームをして遊んだりして交流を深めました。本校の若竹学級は、「恋ダンス」の踊りを披露して、大喝采を浴びていました!
 そして、昼はみんなで弁当をたべて、体育館で遊ぶ予定でしたが、熱中症厳重警戒の情報が出たので図書室で弁当を食べたり、食後の交流を楽しみました。終わりの会の中で数名の感想を聞きましたが、「楽しかった。」「おもしろかった。」たくさんの友だちができて良かった。」など、みんな満足した様子でよかったです。


 20時前、PTA理事会が終わった後、図書室前の廊下に出たらこの
夕焼け空が見えたので、あわててシャッターを切りました。下の写真をクリックすると大きな写真になります。

◆7月10日・・・3校時に
「折鶴をおろう会」がありました。全校児童がたて割り班ごとに教室に集まり、たて割り委員会の児童や上級生が折り方を教えてあげて色紙で鶴を折りました。この会では、平和を願う気持ちをこめて
鶴を折り、全校児童が折ったものを千羽鶴にします。そして、その千羽鶴は、9月の修学旅行に6年生が持参し、全児童を代表してして平和公園に奉納してきます。
 鶴を折っている間は、上級生が下級生におり方を教えてあげる場面があちこちで見られ、とても微笑ましくもあり、このような活動が平和について考えるきっかけになればいいな、と思っています。

◆7月9日・・・久しぶりに
子どもたちが元気に登校してきました。まず、健康観察と大雨による被害状況を確認しましたが、やはり土砂災害に遭われたり、その危険により市民センターなどに避難したりされているご家庭があることが分かりました。早く普段の生活に戻れるような状態になることをお祈りいたします。
 今日は、晴天のもと水泳指導も行われています。学習の方も二度の臨時休校により遅れた分を取り戻すべく、担任の先生方もねじり鉢巻きで頑張っています。保護者の皆様も子どもたちへの励ましとはっぱかけをよろしくお願いします!
◆7月8日・・・8日14時現在の状況では
明日9日(月)は通常通りの登校です。道中に危険な場所があるご家庭は、子どもさんと一緒に通学路の安全確認などをしておかれるとよいのではないかと思います。
 もし、
登校に支障がある状況がありましたら、学校にご一報ください
 校区内の主な通学路(車で通れる範囲)の中で、目立った危険個所を写真に撮りました。明日以降の登下校時、放課後の移動時などに気をつけてほしいです。他にも羽衣町方面も小規模な土砂災害が多数起こっています。本当にこれ以上の被害が出ないようにお祈りいたします。
通称「牛坂」入口
←クリックで大きくなります
 ↑溝上酒造と勝山バス停の間の橋(通行止め)
◆7月7日・・・今日は七夕の日ですが、そんな悠長なことを言ってられない状況です。早く天気が回復することを切に願います。今のところ、児童ご家庭の被害などの情報はありませんが、もし何かありましたら学校にご連絡ください。
 大蔵川の水位もかなり下がってきました。しかし、水位が下がったとはいえ、
川の水はかなりの勢いで流れています。今日、明日の二日間もくれぐれも川や用水路には近寄らないように子どもさんと話し合われてください。また、大蔵小学校も大雨による土砂災害に対しては危険区域に指定されています。本校区の予定避難所は、大蔵市民センター大蔵中学校になっているので、お気を付け下さい。
【今朝の大蔵川】

【昨日の学校周辺の様子】

◆7月6日・・・大雨のため全市の小中学校は、臨時休校でした。
 
河内貯水池の溢流が始まってから、大蔵川(板櫃川)
の水量がどんどん増えています。11時現在は学校前の階段の中段より下に下がりましたが、まだまだ、予断を許しません。川に絶対に近づかないようにしてください。
 また、校区内で数か所土砂崩れが起きています。行政から避難指示も出ているので、十分に気をつけてください。

◆7月5日・・・本日1・2時間
目と、3・4時間目の水泳学習は、雷注意報発令のために中止します。
 また、激しい雨が降り始めました。下校後の安全な過ごし方などについてご家族で話し合われておくとよいですね。

◆7月4日・・・
台風一過晴天の朝、久しぶりにくっきりと見える
皿倉山見守り隊の方々に見守られながら、子どもたちが元気に登校してきました。昨日は一日中、強い風が吹き、たくさんの雨が降りましたが、これまでのところ大きな被害があったとの連絡は受けておらず、安心しているところです。

 そのような台風の中、4年生のベランダで理科学習のために育てているツルレイシの弦がたくましく伸び、コンクリートの天井にたどり着いてしまいました。そして、小さな黄色い花が咲き始めています。どんどん成長していくと、グリーンカーテンとしても子どもたちの学習に役立つことでしょう!

◆7月3日・・・全市の小中学校一斉に臨時休校でした。
 夕方になって風雨がさらに強まってきました。台風7号は、本日夜半には日本海に抜けていきそうですが、大雨に対する警戒は必要だという予報なので、気象情報等には十分気をつけてください。なお、明日の登校についての全市一斉の措置はないので、今のところ
明日は通常通り登校の予定です。今後の予報を基に明日の登校時刻の変更などについて判断をした場合には、このホームページや「いっせいくん」等でお知らせします。
7月3日(火)は、
◎今後も、
台風や大雨などによる登下校時刻の変更や臨時休校などの措置を取る際には、「いっせいくん」による連絡とともに、学校ホームページでのお知らせをしていきます。各ご家庭でもインターネットにつながる環境があれば、ちょくちょく確認して頂ければ幸いです。

◆6月30日・・・昨日から断続的に雷を伴った大雨が降り続いています。
大蔵川の水量も少しずつ増えています川には近づかないようにご指導をお願いします。また、台風7号の影響も少しずつ出てきているようです。子どもたちには、今後、川の増水や土砂崩れなど、大蔵のまちに起こりうる災害についてしっかりと話をして、いざという時に自分で考えて行動できる力を身につけさせていかなければなりません。これからも梅雨明けに向けてこのような大雨が度々降ることが予想されます。学校でも、まずは自らの安全を守ることのできる子どもを目指して指導をしていきたいと思います。
◆6月29日・・・今日は給食がカレーの「ハッピーたてわりデー」でした。今月からカレーの日は、昼休みがたて割り遊びの日です。残念ながら大雨のために運動場では遊べませんでしたが、カレーはみんな早く食べ終わるので、どのたて割り班も13時10分くらいには全員集合して各教室でかるたをして楽しんでいました。上級生がひざ抱っこをしている班、下級生が読み札を読んで上級生が取り札を取っている班など、上級生が下級生をリードしながら仲良く遊んでいました。7月の「ハッピーたてわりデー」は晴れるといいですね!
←クリックしてね  
 3年生が、「ミュージアムツアー」で市立美術館に行きました。美術作品に親しむとともに、美術館に興味をもってもらうために始まった散り組みです。子どもたちは、いろいろな美術作品の説明を聴いたり、美術館からの絶景を見たりして楽しんできました。

 美術館からの絶景(若松方面)
 
今日は1日水泳学習が雷注意報発令により中止でした。このところ雷注意報による水泳中止が多くなっていて子どもたちには残念な日が続いていますが、これも子どもたちに危険から身を守ることを第一に考えることを意識させるうえで大切なことだと考えています。今後の天気の回復を願っています!
◆6月27日・・・3年生が習字の学習をしていました。先日のコンパスに続いて手先まで神経を集中して取り組む必要のある作業です。
 まずは、適量の墨を出して筆の穂先を整えます。墨をつけ過ぎてはびちょびちょになります。足りなければ穂先が整いません。この作業一つとっても経験のない子どもたちにとっては難しい作業です。そして、いよいよ手本通りに字を書きます。一画目は筆を立てて斜めに打ち込みます。さて、でき上りはどうでしょうか。これから6年生まで練習をしていきます。

◆6月26日・・・5年生が、総合的な学習の時間に、大蔵川水辺の水車跡地の活用に仕方についてグループで考えたことを、北九州市建設局の方に提案しました。それぞれのグループで理想の水辺についてアイデアを出し合い、模造紙にまとめた資料を基にプレゼンテーションして聴いていただき、それに対してコメントを頂きました。建設局のお二人から今後考えていく上での課題をお話して頂き、今後の調べ活動の意欲が高まっていました。子どもたちのアイデアが、実際の水辺改良事業に取り入れられるだけあって、建設局の方々も真剣に耳を傾けて意見してくださり、政治の働きを学ぶ上でも大変良い機会になっています。


  ↑ クリックしたら大きくなります。
◆6月25日・・・4年生が、社会科見学で市内のごみを処理する
日明工場と私たちの大切な水道水をつくる井出浦浄水場の見学に行きました。日明工場では、ごみが焼却されて灰になるまでの流れを工場長さんの話と工場内の見学で学ぶことができました。また、隣接しているリサイクル工場でも様々な資源ごみが搬入されて再利用できる形になるまでの様子を説明と施設の見学を通して学びました。どの場面でも、一生懸命に仕事をされている皆さんの姿を見て、何気なくゴミ箱に入れているゴミをきちんと分別すれば資源としてよみがえることや、不純物を分別をされている方の作業が楽になることなどを感じることができました。
 午後の浄水場見学でも説明を聴いた後、施設を見学しました。はじめはいろいろな汚れでよどんでいた水が、工程が進むにつれて透き通って来る様子がよくわかりました。最後の子どもの感想からは、
「世界の中には、きれいな水をまともに飲むことができない国もある中で、私たちは蛇口をひねればいつでもおいしい水を飲むことができる。浄水場の皆さんの工夫のおかげ。」という声も聞かれ、何気なく飲んでいる水をつくるのにもいろいろな工夫と安全を確保するための苦労があることを学ぶことができました。


6月21日・・・4年生が、ゴミ収集事業の出前授業を受けました。はじめにプレゼンを基にして北九州市のごみ処理事業の現状やごみを減らす上で
大切な分別のことなどについて学習しました。その後、ゴミ収集車の仕組みやごみを出すときに気をつけることについて実際にゴミ収集車を操作したり、ごみを収集者の入れたりする体験などを通して学習しました。このような学習を通して、私たちの生活をより良くするためにいろいろなことをしている行政の働きについて考えていきます。

 5年生は、社会科見学で北九州市中央卸売市場と日産自動車九州工場に行きました。
 中央卸売市場では、鮮魚が家庭に届くまでの流れを学習して、市場内でセリの体験をしました。また、冷凍食品や鮮魚を冷凍する冷凍庫に入って、−50℃を体感する体験もしました。−50℃はさすがに体の芯まで冷え込む冷たさでした。その中で働く皆さんは、真夏でも一日8時間,防寒着を着て完全防備で仕事をしているそうです。
 子どもたちにとっては、自分たちが口にしている食品が食卓に届くまでに、目に見えないところでいろいろな人の働きがあることを実感した見学でした。
 また、午後からは、日産自動車九州工場で自動車ができるまでの様子を工場見学を通して学習しました。エキスパートと呼ばれる働く人、そして1,200台に上るロボットがそれぞれの特性を生かしてつくられるモノづくりの現場を目の当たりにして、こちらも子どもたちの見る目が変わってくることだと思います。子どもたちの見学態度もすばしかったです。


◆6月20日・・・3年生が、コンパスで図形を描く学習をしています。手が小さく力が弱い子どもにとっては、片手の指先でコンパスをつまんで回し、円を描くのは大変難しいことです。はじめは、両手を使って描いていますが、コンパスの脚の開き方が変わってしまったり、中心がずれたりしてなかなかうまくいきません。しかし、何度も練習することでだんだん慣れてきて、円がうまく書けるようになります。
 3年生では、コンパス以外にもリコーダーや習字(毛筆)など、手の巧緻性が要求される道具を使う学習が次々に出てきます。学校の学習時間だけでは習得は難しいので、日常的にどんどん使って慣れていくしかないですね。
◆6月18日・・・さっそく、朝の校門で挨拶をしていると
「スーパーおたるん」がたくさん出現しました! 中には、数名のグループ全員がスーパーおたるんの「スーパーおたるん軍団」もいました。この素直さでよい行為がどんどん広がっていくのが大蔵小学校の子どもたちの素晴らしいところです。
◆6月16日・・・土曜日授業の学習参観と学級懇談会がありました。たくさんの保護者の皆様にご来校いただき、子どもたちががんばっている様子を参観していただきました。そして、学級懇談会では、担任の先生方が一年間の学級経営方針を中心に、日頃子どもたちが頑張っている様子などを交えて話しました。授業参観だけではなく、懇談会にも各学級半数くらいの保護者の皆様が参加してくださり、3校時で下校した子どもさんと一緒に下校してくださいました。ありがとうございました。
 懇談会があっている間、全校児童を体育館に集めて、
”おたるん力"をつよくしよう!」という話をしました。”おたるん力”とは、「笑顔で元気よく挨拶をする力」のことです。そして、この日の学びで大切だったことは、「見守り隊の方々などお世話になっている方、知っている方に会ったら、自分から先に”おたるん挨拶”をしよう。」という事です。先に挨拶することによって、言葉には出さなくても、「いつもありがとうございます。」という感謝の気持ちが自然と伝わります。自分から先に挨拶ができた時には、「スーパーおたるん!」と言って誉めてあげることを伝えました。明るい挨拶の飛び交う大蔵小学校区なればいいですね!


◆6月14日・・・6年生が全校の代表で
プール開きをしました。6年生が4日のプール掃除でピカピカに磨いてくれたおかげで、今日は曇りでしたがプールの水色がとてもきれいに見えました。プール開き後の水泳学習では、さっそくバディの確認から水慣れ、け伸びなど、まずは水の中での活動を思い出す学習からスタートです! 今日は、少し肌寒い中での水泳でしたが、子どもたちは嬉しそうに練習していました。これから、どの学年とも、子どもたちは自分の記録を少しでも伸ばせるように頑張ります。そして、私たちは、「一に安全、二に安全、三、四がなくて五に安全」くらいの気持ちで指導に当たりたいと思います。

◆6月13日・・・4年生が、
「環境アクティブラーニング」という体験学習で平尾台環境ミュージアムに行きました。
 平尾台では、快晴のもとガイドさんと一緒に1時間少し
トレッキングをしながら平尾台の地形や植物について学ぶことができました。大蔵も自然豊かですがスケールの違う羊群原の大自然を満喫することができました。
 また、環境ミュージアムでは
家庭ごみを減らす事の大切さとそのためのごみの分別について学んだ後、グループごとに北九州市の公害克服の歩みについてのクイズを館内展示を手掛かりにして解いたり、体験コーナーで楽しい製作活動をしたりして楽しく学習しました。河内小学校の4年生2人と一緒に行動しましたが、みんなで声掛けしたりして一緒に弁当を食べたり遊んだりするなど、とても仲良くなりました。私も子どもたちに誘われて男子の輪の中で弁当を食べることができて、弁当の味が一段とアップしました!
 
子どもたちが堪能した平尾台の自然はこちら!

◆6月12日・・・2校時に
「たて割り顔合わせ集会」がありました。1年生から6年生までの児童が1グループ7,8人でグループを作り、これから毎月1回、給食がカレーライスの日の昼休みに一緒に遊びます。今日の集会では自己紹介をしてグループ名や目標を話し合った後、風船ゲームや「大蔵かるた」をして遊びました。どのグループとも勉強時間には見ることのできない満面の笑顔をたくさん見ることができ、本当に楽しそうに活動していました。5,6年生の優しいリーダーぶりも特筆すべきものでした! たて割り委員会の5,6年生は、短い準備期間でよくぞこれだけみんなを笑顔にしてくれたものだと感心しました。あっぱれ!
←クリック!
◆6月8日・・・
1年生がすぎのみ保育園に交流に行きました。まず、園児たちとペアを作り、自己紹介をしました。そして、「なべなべそこぬけ」ゲームをするなどしてふれ合い、お兄さんお姉さんぶりを発揮していました。日頃、学校では最下級生の1年生なので、このような活動を通して、自分達より年齢が低い子どもを気遣ったり、優しく接したりすることの大切さを体験を通して学んでほしいと思います。

 児童が下校した後、職員の
救命救急研修会をしました。救命活動の基本だけではなく、実際に起こった時の組織的な動きについても研修しました。実際に起こらないことが望ましいですが、生活の中では何が起こるかわかりません。常に、最悪の事態を想定して動きをシミュレーションしておくことが必要です。14日から始まる水泳指導では、そのようなことが起こらないように、安全指導を徹底していきたいと思います。

◆6月8日・・・2校時に火災に備える
避難訓練をしました。テーマは、「自分の命は自分で守る」です。
 前半は、火の怖さと煙の怖さについて学んだ後、学校の理科室で火災が起こった時に
どのような経路で避難したらよいか考える活動を、学年の発達段階に合わせて行いました。上級生は校舎図を使って、いろいろな場所を出火場所に想定して避難経路を考えました。6年生では、防火シャッターのことまで考えて意見を述べる子もいて、「さすが6年生!」と感心しました。
 後半は、
正しい避難の仕方を学びました。子どもたちには、「おかしも」という合言葉で覚えやすくしています。
「お」押さない、「か」かけない(走らない)、「し」しゃべらない、「も」もどらない。これは、避難の基本です。
 このような学習を積み重ねていくことで、いつ、どこで起こるかわからない災害に対する自分自身の危機管理能力を高めていきたいと思っています。ご家庭でも、自宅はもちろん、よく行くスーパーや公共施設、大きなショッピングセンターなどで災害が起こった場合の対応の仕方などについて、話し合われてみてはいかがでしょうか。

◆6月7日・・・一日かけて歯科検診がありました。これをきっかけに、毎日の歯磨き習慣がより充実するようにご家庭でも話題にされるといいですね。よい歯は、一生の宝になります!
 そして、たまたま保健室を覗いた時の、3年生の順番を待つときの姿勢がよかったので、思わず写真に撮りました。このような、一瞬一瞬の頑張りの積み重ねが大きな成果を生み出すもとになります!
 また、今日はALTナタリア先生との初めての英語の学習日でした。4,5,6年生が楽しく学習していました。ナタリア先生は、給食時間に毎回1学級ずつ順番に回り、子どもたちと一緒に食べてくださいます。今日は、5年1組で子どもたちから質問攻めにあって、楽しく時間を過ごすことができたようです。


◆6月6日・・・2校時に見守り隊の方が6名来校され、1年生の子どもたちと交流会をしてくださいました。登下校中の安全だけではなく、滑り台などの遊具の安全な使い方や高いところに潜む危険など、日常生活の中で「自分の身を自分で守る」ことの大切さと、その方法についてたくさん教えてくださいました。本当にいろいろな方々にお世話になりながら子どもたちが成長しているのだ、という事を実感することができました。見守り隊の皆様、ありがとうございました。
◆6月5日・・・早稲田大学から我が国教育界のオピニオンリーダー、田中教授をお招きして授業研究会をしました。5年生の学習を基にして、本校研究主題である総合的な学習の時間のよりよい指導法などについて、児童下校後の研修会で話し合ったり、田中教授の講話から学んだりしました。今回は火曜日でしたが、原則的には毎週水曜日の児童下校後にこのような研修をして、教員の指導力向上を図っています。
 全員で参観した5年1組の子どもたちの学習態度や、話し合いの仕方などは、これまでの学習成果を生かした素晴らしいものでした。

◆6月4日・・・気持ちの良い晴天のもと、6年生がプールを掃除してくれました。1年間使ってないプールは、中よりも周りの方が枯葉や土がこびりついていて掃除が大変でした。しかし、プール内の掃除では、カーリングのスウィープのまねをしたりしてかなり楽しそうに底を磨いていました。
 これで、準備万端整いました。あとは、プール開きを待つだけです。6年生、ありがとう!

◆6月1日
・・・いよいよ6月です。6月は、どの学年とも学習集団に変身する大切な1か月です。ご家庭でも、宿題をはじめ、学習習慣をつけるように声掛けをお願いします。
 
運動会、各学年の演技、競技の様子をアップしました。
   →全体
  1,2年生  3,4年生   5,6年生
◆5月31日・・・学校だより6月号(4)をアップしました。new!
◆5月30日・・・ちょっと古い話ですが…。5月21日(月)に4年生が市民センターへ行き、大蔵のまちの安全なまちづくりについてインタビュー学習をしました。まちづくり協議会会長の加藤俊男様に話をしていただき、その後で尋ねたいことを子どもたちが質問して学習しました。
 子どもたちが作った新聞の感想を何点か紹介したいと思います。

 
●わたしは、会長さんの思いにこたえて、毎日安全に登校したいです。
 
●毎朝、信号ふきんを中心に子どもを見守ってくれているので、あいさつはかかせませんね!
 
●もしも災害が起きた時には、年長者の人は動けないかもしれないので、一番動ける自分たちが助けてあげましょう。
◆5月27日・・・運動会は、予定通りに実施することができました。たくさんの保護者、地域の皆様にご声援いただきありがとうございました。子どもたちもその声援に応えて、練習の成果を十分に発揮することができました。
 また、21日の児童席テント張り、運動会終了後のテント撤収など、様々なお手伝いをしていただき、ありがとうございました。
 さらに、
ロープのない入場門付近や、児童テント周辺での観覧の仕方についてもご協力いただいたおかげでスムーズに進行することができました。そのような保護者の皆様の行動を見て、子どもたちも進んで働くことやきまりを守ることの大切さを学んでいるのではないかと思います。
 後日、各学年の子供たちががんばっている様子の写真をアップしたいと思います。


 6時からPTAのお父様方が集合して、学校周辺の駐車禁止の案内や7時からの入場整理をしてくださいます。早朝からのお手伝い感謝いたします。ありがとうございます。

↑クリックしたら大きくなります!
 昼食前には、卒業生や保護者、地域の方々もみんなで踊るプログラム「大蔵音頭」があります。皆様こぞってご参加いただき、楽しく踊りましょう!

バナースペース

北九州市立大蔵小学校

〒805-0043
福岡県北九州市八幡東区勝山1丁目1-1

TEL:093-651-0076
FAX:093-651-0018

MAIL:

ウイルス、迷惑メール対策でメールへのリンクは設定しておりません。 お手数ですが、上記アドレスを直接入力してください。

学校長 藤井 英貴

アクセス(交通案内)

アクセスカウンター