ようこそ 貫小学校ホームページへ

 本校は創立141年全校児童502人(平成29年4月現在)、 18学級の中規模校です。 

    九州100名山に数えられ、企救富士と呼ばれる貫山(標高711.6m)の山裾に広がる丘陵に位置する小学校です。杉や竹の林と緑に囲まれ、大自然の恵みにあふれた田園地帯の中に新興住宅地が点在する地域で、今でも弥生時代を中心とする歴史的な遺跡が方々で発掘されています。学校の西側には、日本でも有数の山城である長野城跡が周囲4キロメートルにわたって広がり、森へ一歩踏み込むと昔のロマンを味わうことができます。 

   本校では「やさしい心とたくましい体をそなえ、主体的に学び、人間性豊かで実践力のある子どもの育成」を教育目標に掲げ、教職員、一丸となって研究テーマ「豊かな心をはぐくむ道徳教育の創造〜体験活動を生かした道徳の時間のあり方の研究〜」に取り組んでいます。
   本校は、学校を取り巻くこれらの自然環境や地域人材を学習に生かし、実践しています。
    さらに、地域の年長者や隣の貫市民センター、高齢者福祉施設などとの交流を活発に行い、毎年年賀状を交換したり、昔の遊びや生活について指導していただいたりと、福祉教育を通して地域と密着した学習を展開し、やさしく思いやりのある心を培っています。
    学校と地域と家庭がさらに連携の絆を深め、一人ひとりに「生きる力」を育成する教育を求めて邁進しているところです。全児童の健全育成のためのPTA活動も活発に行われています。
   本年度の拙い実践ではありますが、一部をここに紹介させていただきます。