■■■ごあいさつ
 北九州市立中井小学校校長の野々平です。どうぞよろしくお願いいたします。
 私は、中井小学校の子どもたちが、将来、社会的に自立し、心豊かに、かしこく、たくましく自分の人生を歩んでいくための、基礎的な力を身に付けられるように、職員の総力を挙げて、よりよくはぐくみたいと考えます。学校の主役である子どもたちが、生き生きと学び、力を伸ばしていけるように、また、中井小学校の子どもであることに自信と誇りをもてるように、努力してまいります。

 本校は,昭和26年4月1日,日明小学校より分離し,初代 岡本 孜校長の下,1年生と5年生289名の児童をもってこの土地に開校しました。本年度で創立67年目を迎えます。
 校区は静かな住宅地で、小倉北区の西部に位置します。多くの小学校や中学校と隣接し、近隣にスーパーや小規模店舗、病院等も数多く存在するなど利便性豊かな校区です。そのような環境の中、地域の方々の子どもの健全育成への思いは強く、スポーツ活動等の社会教育も盛んです。「この中井の地に子どものために小学校を作りたい」という開校当時の地域の方々の熱い思いは、その時に植樹された「ふれあい広場」の桜の木の成長と共に脈々と生き続けています。

 本校では、これまで、花いっぱい運動やソニー理科教育など、数々の教育実践を行ってきましたが、平成17年度からの光沢寺中井幼稚園、第二保育園との幼保小連携事業の取組は、市内のモデル校として注目を浴びました。近年では、国語科を学校の研究の柱に据え、子どもの「話す力」「聞く力」の育成を目指した取組を行ってきましたが、平成27年度からは算数科の研究に取り組み、「よくわかり、できる喜びのわく算数科の授業づくり」の研究主題のもと、子どもたちの考える力を伸ばす授業実践に力を入れてきました。
 今年度は、「考えをもち、考えを表現し、考えをもとに関わり合い、協働する力」の育成を研究の主軸にし、子どもが学びを実感できる授業づくりを、全教科で進めてまいります。