太陽光発電システム

 北九州市立中原小学校太陽光発電システム
 太陽光発電は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などを発生しない、クリーンなエネルギー源です。
 このシステムは、地球温暖化防止に向けた環境教育の一環として平成22年4月に設置されたものです。
 発電された電力は、校舎の照明電源などに利用しています。

最大発電電力:10kw
(これは最大で約14教室分の照明電力をまかなえるものです。)


 本校プール横に設置しています。