空き缶リサイクル大作戦♪

本校では、古紙回収・空き缶リサイクルの活動を日常的に続けています。
子どもだけではなく、卒業生・保護者・地域の方々にも協力してもらっています。
その活動の経緯と様子を見ていただきたいと思います。


 平成28年度
北九州市3R活動推進奨励賞をいただきました。
 
 以前より、中原小学校では、児童会を中心に「人のために役立つ ことを考え、進んで取り組む」活動を全校児童で取り組んできた。
  ・赤い羽根募金
  ・ユニセフ募金
  ・小さな親切「独居老人年賀はがき」等
 他にも数多くのボランティア活動を行っている。
 5年生社会科の工業の学習で新日本製鐵八幡製鉄所(以 下:八幡製鉄所)の鉄づくりについて取り上げ学習する。


活動事例@
 環境に配慮した生産の様子を学習し、その中でもスチール 缶のリサイクルの必要性を強く感じる。
活動事例A
 代表委員会での子ども達の発案
 今まで行ってきた、「人のために役立つ活動」をさらに広げて、新しく空き缶回収もしよう。
活動事例A
 全校児童への呼びかけ
 空き缶を集めよう  プルタブを集めよう  古紙を集めよう  募金をしよう
活動事例B
 全校児童へ、空き缶リサイクルセンターの方からの空き缶リサイクルの大切さのお話
活動事例C
 空き缶リサイクル回収ボックス・・・毎日子どもが見られるように集中下足箱に設置
 プルタブ回収ボックス・・・・・・・子ども達も保護者の方も地域の方もよく通る職員室横の廊下に設置
活動事例D 保護者、地域への活動の広がり
    卒業生   保護者   地域の方々