活動事例@

鉄づくりとリサイクル 〜学習からわかったことをもとに〜

本校では5年社会科の工業の学習で新日本製鐵八幡製鉄所(以下:八幡製鉄所)の鉄づくりを取り上げ、学習している。
 八幡製鉄所について資料を調べるだけでなく、直接現場を見学させていただいたり、八幡製鉄所で働く方々と交流したりしながら学習をしている。
八幡製鉄所では鉄づくりの中で、環境に配慮した生産を行っている。その中でもスチール缶のリサイクルを推進している。
(鉄づくりの過程でくず鉄を入れる必要があり、その中でもスチール缶を入れるとよりよい鉄ができる。)スチール缶のリサイクル率は90%近くにのぼるが、まだ、回収されずにいるスチール缶も多くあることをゲストティーチャーの話の中でも聞いた
子どもたちは、スチール缶リサイクルへの関心を高めていった。


以前より、行っていた古紙回収
以前より、中原小学校では、児童会を中心に「人のために役立つことを考え、進 んで取り組む」活動を全校児童で取り組んできた。
  ・赤い羽根募金
  ・ユニセフ募金
  ・小さな親切「独居老人年賀はがき」
  ・古紙回収
  ・プルタブ回収等

 他にも数多くのボランティア活動を行っている。