最後までがんばる子ども(元気)
  〜温かいご声援ありがとうございました〜
 5月22日(日)5月晴れのもと、運動会を実施しました。早朝より、実に多くの方々にご来校いただきましたことを光栄に思いますとともに、厚くお礼申し上げます。 今年は、「心を一つに最後まであきらめずに楽しもう」というスローガンを掲げて本番に臨みました。短い練習期間でしたが、子どもたちは徒競走やダンス、競争遊戯に全力で取り組みました。演技も入退場も応援も係の仕事も、きびきびとした動きが大変印象的でした。運動会では、ダンスが一番練習の成果が表れます。先生方が子どもたちのよさを引き出させるよう、細かい指導を続けたことで、どの子も自分らしさを十分発揮して踊ってくれました。演技中の子どもたちの表情がキラキラと輝いていて、私もとても嬉しかったです。
 1年生は初めての運動会でしたが、演技はもちろん入退場や応援も立派にできました。みんなとても嬉しそうでした。6年生は、最後の運動会。演技のみならず係の仕事にも精力的に取り組んでくれました。応援団は、朝の始業前に練習を続けました。このような姿が、運動会の大成功の下支えになっていました。全学年の演技である紅白リレーの練習も6年生がたくさんのお手伝いをし、他の学年をリードしました。 当日、来賓の方より「全体が引き締まっていて、精一杯演技をしている姿が見えて、大変よい運動会ですね。」という最大のお褒めの言葉をいただきました。早朝から最後まで、大勢のご家族や地域の方々の熱烈な声援に後押しされたことによるものと感謝申し上げます。 また、一番大変なテントの後片付けをたくさんの方が自主的に参加してくれました。会場設営から終了後の後片付けまでご加勢をいただきました保護者の皆様に、紙面にて心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。全ての演技において、気合が見られ、精一杯頑張る、全力を尽くす姿が見られたこと、午後からは少し日差しが強くなり、子どもの体力面を心配しましたが、元気いっぱい演技をこなす姿に、感動に浸った一日でした。