北九州市立門司総合特別支援学校
     
 
 
門司総合特別支援学校の特色
北九州市東部地域の特別支援学校再編に伴い『平成28年4月に開校する、総合特別支援学校』です。
知的障害教育部門と病弱教育部門(心身症等)の『複数障害部門を設置する、総合特別支援学校』です
知的障害教育部門高等部に、働くために必要な知識・技能・態度を身に付ける『職業専門コースを設定する、総合特別支援学校』です。
特別支援教育の東部地域センター的機能を発揮するために『相談支援ゾーンを配置する、総合特別支援学校』です。
地域貢献を目指し、地域とともに歩む『地域に開かれた、総合特別支援学校』です。
   
学校経営方針
『ともに学び、ともに育ち、ともに生きる』
児童生徒・教職員・保護者が、部門・学部を超え、「ともに学び、ともに育ち、ともに生きる」ことを目指します。
児童生徒・教職員・保護者が、学校を超え、地域の中で「ともに学び、ともに育ち、ともに生きる」ことを目指します。
教育目標
一人一人の能力や可能性を最大限に伸ばし、『生きがいをもち、たくましく、自立し社会参加でじる児童生徒』の育成
     
     
目指す児童生徒像
<笑顔で生きる> 生き生きと明るく学ぶ子ども
   <元気に生きる> たくましく元気に育つ子ども
   <豊かに生きる> 自分で考え行動できる子ども
     
門司総合特別支援学校ホームページは「北九州市立小・中・特別支援学校におけるインターネット運用規定」及び本校が作成した「インターネット利用規定」に基づいて掲載しています。
学校長の承諾なく、リンクを設定することはできません。