校長あいさつ


ようこそ、門司中学校のホームページへ

 門司中学校は、かつて外国航路の窓口であった門司港レトロ地区を校区とする自然豊かな場所にあります。

 本校の校区には、創立60周年を越える港中学校と吉野中学校の二つの中学校がありましたが、学校規模適正化により二つの中学校は統合され、平成9年に門司中学校としてスタートしました。
さらに平成22年度には風師中学校も統合され、広大な校区をもつ中学校になりました。

 本校は昨年度20周年を迎えました。保護者の皆さん、また、地域の方々の本教育に対するご理解とご協力のおかげです。これからも保護者の皆さん、地域の方々に信頼される学校づくりを目指し、新たな挑戦を続けてまいります。
校長  若松 英昭

教育目標


 本校の教育目標は、校訓「友愛・英知・練磨」のもと、今後社会の一員として必要とされる知識や技能、態度を身につけ、創造性豊かで「知・徳・体」の調和のとれた実行力のある生徒を育成することです。

<めざす生徒像>
1、 明るく元気で、笑顔あふれる生徒。
2、 親しみをもって人と接し、助け合いを惜しまない生徒。(友愛)
3、 積極的、意欲的に自ら学びとる力をもつ生徒。(英知)
4、 学習や運動に根気強く取り組むことができる生徒。(練磨)

クラス紹介
                                           (2017.09.21現在)

クラス数 男子 女子 合計
1 年 3クラス 41 31 72
2 年 3クラス 54 44 98
3 年 3クラス 55 51 106
特別支援学級 4クラス 15 6 21
 合 計 13クラス   165 132 297

門司中をこんな学校に・・・(職員のつぶやき)

良いことは、どんどんPRできる、和のある学校
生徒が生き生きと活動できる学校
優しい気持ちの生徒たちと、毎日気持ちよく生活できるといいなと思う
一生懸命な生徒が、輝ける学校
生徒たちのもつ可能性のために、教師が強く団結できる学校
何事にも手を抜かず、本当に一生懸命な生徒と、それを全力で応援する職員のこの雰囲気を大切にしたい
何事にも一生懸命がんばって、協力して行事などが行える学校
足もとをしっかり固められる生徒をたくさん作りたい
生徒全員が学校に来るのが楽しいと思える学校


校章の由来へ