C 丸山陸軍倉庫
 丸山陸軍倉庫は明治27年に当時の武器を保管するために建設されました。当時、日本は近代化の道を歩んでいました。その年は日本と中国の清が衝突した年でした。日本は清のアジア最強の艦隊による海からの攻撃・侵入を恐れていました。そこで、門司の山々に砲台を築きました。この時建設されたのが、丸山陸軍倉庫です。その倉庫は道路をはさんで両側に20棟以上建てられていました。現在の丸山、中学校通りに建設されていたといわれています。