B 桜峠
 明治32年、福岡県で3番目の市となった門司市はどんどん栄え、大正12年の大里町との合併によってさらに発展していきました。 門司市の人々は東郷村との合併も考えましたが、この時問題になったのが桜峠の交通の不便さです。そこで大正3年、この峠に「桜トンネル」を掘り、道を整備したので、門司市と東郷村の人や物の往来は、便利さを増しました。昭和4年の門司市と東郷村の合併は、桜トンネルが取り持った縁でした。桜峠は、他の地域との交流を深めるためにも、重要な役割をしたと思われます。別名、門司峠ともいわれています。