K はね橋・ブルーウイングもじ
 この、ブルーウイングは、1日に数回、決まった時間に橋が開きます。その様子は、観光の目玉の一つです。南側24mを親橋、北側14mが子橋と呼ばれ、親橋は、ワイヤウィンチ式で約70tの重さの橋桁を引き上げます。一方小橋は、油圧シリンダーにより、橋の下から約20tの橋桁を押し上げて開閉します。