教育目標



校訓 誠実・勤勉・礼儀

校訓「誠実」「勤勉」「礼儀」のもと規律ある学校生活を基盤にして、生きる力を身につけ、人や社会に貢献できる、知徳体の調和のとれた生徒の育成



    「誠実」―何事にも真心で取り組み、協力し合う生徒
             (素直な心を持ち)

    「勤勉」―自ら進んで学び、創造性に富む生徒
             (何事にも精一杯の努力を惜しまず)

      「礼儀」―心身ともに健康で、礼節のある生徒
             (節度を大切に、他人の気持ちを思いやりふれあいを大切にする





目指す学校像

○ 生徒も先生も元気のある「明るい学校」

○ 生徒と先生が信頼しあう「あたたかい学校」

○ 生徒と先生が学びあう 「やる気のある学校」





目指す生徒像

○ 誠実で思いやりのある生徒

○ 勤勉で向上心をもった生徒

○ 礼儀正しく、きまりを守る生徒

○ 意欲的に学び、自立する生徒

○ 望ましい人間関係を築き、社会に貢献できる生徒

○ 健康で明るく元気な生徒


(1)基礎学力を確実に身につけさせる学校づくり
(2)心の育ちを推進する学校づくり
(3)保護者・地域および校区小学校と連携協力する学校づくり

※ キーワードは、

       規律を大切にする学校( いじめや暴力のない集団 )
       自己肯定感の育成  ( やればできる自分 )


重点目標達成のための方策

(1)基礎学力を確実に身につけさせる学校づくり

@ 「規律と秩序のある学習環境づくり」(学習規律の確立)

  「凡事徹底!」を推進し、生徒が学びやすい学習環境づくりを推進する。
  特に、チャイム席、あいさつ・身だしなみ・環境整備に重点的に取り組む。 (「あいさつ」の活性化、「授業五則」の徹底など)

A 「基礎基本の徹底(学習意欲の向上)
   基礎基本を確実に身につけさせ、生徒が「わかる・できる」実感を広げる  有効な学力向上策を全校的に推進する。
B 「学びの基盤づくり」(学習習慣の定着)
   生徒が主体的に家庭学習やうち読に取り組むために、宿題のスタンダード  化や望ましい生活習慣づくりに取り組む。
 (「ノーテレビ・ノー携帯・22時電源OFF」の取組など)
C 「読書活動」の推進
   学校図書館を中心とする読書環境の人的・物的環境整備の一層の推進。
  (「読書活動推進モデル事業」の成果に立ち「ブックヘルパー事業」を推進
   「朝読書」等の全校一斉読書の取組)

(2)心の育ちを推進する学校づくり

@ 「道徳の時間の充実」
   「道徳」の教科化に伴う「道徳の時間」の確実な実施及び「私たちの道徳」   の計画的活用。夏季休業中に、全教師が過去の“とっておき”の道徳指導   案を一つ提出、指導案集を作成する。2学期以降、全職員で、ローテーシ   ョン道徳に取り組む。 
  (「心」の成長の種をまくための全校的な「心の教育」の推進)
A 「命の大切さを教える教育」
  生徒が、自ら危機や危険を感知し対応、回避できる力をつけ、規範意識を向  上させる「セーフティ教室」の実施
   (「暴排」「非行防止」「薬物乱用防止」「情報モラル」等)
   自己理解を深めセルフコントロール力を高める「対人スキルアップ」教育の  推進
   災害時の適切な避難行動と災害支援行動について学ぶ「防災教育」の推進
B 「生き方講演会の実施」
  経験豊かな外部の人材を招き、講演や表現活動を通して生徒が自らの生き方を考える
  「生き方講演会」を学期に1回程度実施する。
C 「人権教育、特別支援教育の推進」
   生徒理解に立った教育の推進。「新版いのち」の計画的活用。
   教育相談、生活アンケート、Q−U結果の有効な活用。
   生徒の特性を理解し、困り感に寄り添う教育の創造。
   特別支援教育コーディネーターを中心に、ケース会議等を実施し、学校全体で特別  支援教育を推進する。
  (「いじめや差別のない、一人一人に居場所のある学校、学級の実現」)
(3)保護者、地域、校区小学校と連携協力する学校づくり
@ 「開かれた信頼される学校」
  授業参観、懇談会、学校開放週間や通信などで教育活動の様子を十分に広  報する。保護者アンケートや学校評議員等の「学校関係者評価」を推進し、 保護者・地域との一層の連携協力を図る。
A 「保護者や地域関係者との合同行事」
  生徒と保護者、生徒と地域関係者が、共に汗を流し学ぶ合同行事の創造。
B 「小中一貫・連携教育」
  小から中へ生徒が円滑な接続ができるように、校区小学校との有効な情報連携・行動  連携を推進する。
 (「情報交換会」「授業交流」「児童生徒間交流」等)
学校紹介へ戻る