北九州市立牧山小学校
HOME>図書ボランティアの活動   
      

図書ボランティアの活動おはなしや がらがらどん
 

   

    

本校には、図書ボランティアがあり、学校と保護者の方が協力して、図書館の環境を整え、子どもたちが本と親しむことができるようにと活動しています。
 図書ボランティアには、次の3つのグループがあります。

 @ 登録ボランティア
 新刊図書をバーコード入力し、カバーを付けて貸出、返却をスムーズに行うことができるようにする活動を行っています。
 A おはなしボランティア
 昼休みに、絵本や紙芝居を読んだり、子ども読書の日や学習発表会等の学校行事の中で人形劇や朗読をしたりする活動を行っています。毎週水曜日の朝に、教室で読み聞かせも行うようになりました。
 B 本の入れ替えボランティア

 毎月1回、戸畑図書館から、子どもたちに読んでほしい本を借りて、各教室に分ける活動を行っています。そして、半月経つと、例えば1年1組と1年2組の本を入れ替えます。1ヶ月の間に同じ学年の子どもたちがたくさん本を目にして、手にとってくれるように工夫しています。

おはなしの会の活動

 昼休みの読み聞かせ 
   
子どもたちは、熱心に聞いています。     七夕やクリスマスの前には、飾りをつくる活動も行っています。


  朝の読み聞かせ
 
 平成18年5月より、毎週水曜日の8:40〜8:50に、教室で読み聞かせの活動を続けています。子どもたちは、毎週楽しみに待っています。

 現在は、1,3週にまきやまっこ,1,2,3,5年、2,4週にまきやまっこ,1,2,4,6年で読み聞かせを行っています。

 



今年度の活動         

9月 3日(水) 牧山読書の日
 本校で朝の10分間読書を始めた
9月に「牧山読書の日」の集会を行っています。その中で、詩の朗読や絵本の読み聞かせ、リコーダー演奏、人形劇を披露し、子どもたちを楽しい読書の世界へと誘っていきました。

はじめの言葉
詩の朗読
絵本の読み聞かせ

リコーダー演奏

熱心に見ています。
 人形劇「めっきら もっきら どおん どん」
7月 1日(火)  たなばた飾りづくり
 毎年している、たなばた飾りづくりをしました。子どもたちといっしょに、短冊にねがいごとを書いたり、色紙を切ったり貼ったりしてきれいな飾りをつくりました。つくった飾りは、笹の葉に結び付けました。
 そして、きれいな七夕飾りができあがり、みんながいつも通る、集中昇降口に掲げました。子どもたちのねがいごとがかなえばいいですね。
 

5月19日(月)  雨の日のおはなし会
 にじの部屋にたくさん集まった子どもたちと、「折り句」をしてすごしました。子どもたちは知恵を働かせ、言葉をつないでいきました。
できた作品は、掲示していくことにしました。
        
  
4月23日(水)  子ども読書の日(読書集会)
 読書集会の中で、人形劇や素話、パネルシアターを披露しました。
 
1 人形劇
 さんびきのやぎのがらがらどん
2 素話     なら梨とり   3 リコーダー演奏 4 パネルシアター 
しゃぼんだまのうた