北九州市立牧山小学校 本文へジャンプ
HOME>総合的な学習の時間トップ                           

総合的な学習の時間


本校の総合的な学習の時間では、次のことを重視しながら活動を進めていきます。

 @ 身近な人や地域(関係機関等も含む)を学びの対象として取り上げ、価値付ける。
 A 学びの過程を大切にする。

   (導入段階の工夫、追究活動の充実、追究したことをまとめ表現する活動の重視)

 B 学びを通して、地域の一員としての自覚を育てるとともに、よりよい自分づくりをめざす。


                       

今年度の活動 (画像をクリックしてください。) 
           
3年 「戸畑祇園」(地域理解)
 地域の伝統的な祭りである戸畑祇園にかかわる人とふれあい、子ども山笠の飾りを作る活動を通して、地域の祭りのよさを感じるとともに、自分たちが地域の一員であることへの思いをもつ。
        
4年 「天籟寺川ひみつたんけん」(環境)
 身近な天籟寺川について課題を見つけ、それを解決する活動を通して、川や周辺の地域、そこにかかわる人への親しみの気持ちをもつとともに、地域の天籟寺川の環境に関心をもって生活しようとする。

 「第7回ふるさとの川大賞」(平成19年度)(外部リンク)
         天籟寺川穴マップ  (優秀賞)  
         上流生き物マップ   (入選)

     

      「第6回ふるさとの川大賞」(平成18年度) 学校奨励賞受賞作品(外部リンク)
                ※ 現在の6年生が4年生の時に取り組んだ作品です。

        
6年 「第54代鼓笛隊」 (学校の伝統継承)
 よりよい鼓笛隊の活動を考え活動することを通して、これまで受け継いできた学校の鼓笛隊の伝統の重みを実感するとともに、自他の成長に気付き、成就感をもつ。