北九州市立牧山小学校 本文へジャンプ

HOME>校舎改築

校舎が生まれ変わります    PART2
                                           


 平成19年9月に、新校舎が一部完成し、子どもたちの教室や職員室、校長室、保健室などが移転しました。それを受けて、平成19年10月から校舎改築第2期工事に入りました。ここでは、その様子をお知らせします。


3.2
 西側校舎を囲んでいたフェンスが取り外されました。旧西門や2階の家庭科室、牧山児童館を見渡すことができます。
  3.4 
 生活科室前のオープンスペースです。奥に見えるのは、テラスと1年生教室前廊下です。


3.4
 図書室です。すでに書架が設置されています。この画像の右側に読み聞かせの部屋があります。


12.4
 北側校舎は、内部の工事が続いています。周囲は、防音シートで覆われています。

12.11
 西側校舎と体育館横をつなぐ渡り廊下の工事の様子です。
  

1.25
 北側校舎は、防音シートや足場が取り除かれ、内装の工事の様子を見ることができます。

10.27
 西側校舎と現校舎との接続部分の工事が始まりました。体育館の廊下とつながります。

10.27
西側で新築されている建物は、1階が児童館になります。

12.3
西側校舎と現校舎の接続部分は、鉄骨が渡されるなど、工事が進んでいます。
 
8.21
 北側新校舎は、3階部分の工事に入りました。
  9.30
 3階部分の本格的な工事が行われています。 

9.30
 写真の右側が現在使っている校舎と接続されます。
 
7.24
 工事が建物の1階部分から2階部分に及んでいます。
 
7.28
 学校西側の工事の様子です。基礎工事が進行しているところです。

8.7
 1階部分から、2階部分へ工事が進んでいます。
 
5.15
 旧体育館跡の工事が進んでいます。足場が設置されていました。
  
6.12
 基礎工事が着実に進んでいるようです。

7.11
 建物の外形がはっきりしつつあります。
 
3.5
 旧体育館跡で、基礎工事が始まりました。これから、再びボーリング工事か行われることになっています。

 
5.8
 旧体育館跡のその後の工事の様子です。ここには、生活科室や図工室などの特別教室や作業室、教育相談室、PTA会議室などができることになっています。


5.9
 校舎西側は、整地が終わり、今後基礎工事等が始まります。ここには、図書室やコンピュータ室などができます。また、牧山児童館が併設されます。
 
1.24
 旧校舎がここまで解体されました。左側の校舎は特別教室棟として新校舎がすべてできるまで残されます。
 
2.24
 旧校舎の解体部分と残る部分とが分けられました。
 フェンスが撤去され、その部分の整地が進められています。

2.29
 旧校舎の横に、新しい通路が設置されます。現在、整地をして舗装工事を行っているところです。
 4月からの供用が予定されています。
 
旧体育館の屋根を撤去しています。

屋根の撤去の後、側壁などの撤去工 事が進められました。          

12.26
 旧西門前の校舎の解体が進んでいます。ショベルカーのある位置はちょうど職員室があったところです。