北九州市立牧山小学校 本文へジャンプSDGs
HOME>
取組1
  SDGs
    11 住み続けられるまちづくりを
    15 陸の豊かさも守ろう

       環境教育 (わが街わが校の環境作戦活動報告)
 
全校児童での取組

     
★ 環境委員会からの話
 5月30日は、「ゴミ0の日」です。本校では、この日に校区の公園や校庭をきれいにする活動「クリーン牧山」を行いました。
 まず環境委員会から、「クリーン牧山」のめあてやゴミ拾いをする場所の確認、ゴミ拾いの方法などの説明がありました。
★ たてわりグループでのゴミ拾い
 たてわりグループで協力してこうえんをきれいにしていきました。
 公園のすみなどに落ちているゴミを拾うことを通して、公園をきれいに使っていこうという気持ちがより高まりました。
★ 活動のまとめ
 それぞれの公園や学校で掃除が終わったら、もう一度運動場に集まり、校長先生の話がありました。その拾ったゴミを環境委員会が集めて、ゴミ袋の数を数えました。

HOME>
取組2
  SDGs
     4  室の高い教育をみんなに
    11 住み続けられるまちづくりを
                                         


        地域の人に戸畑祗園山笠について学ぼう


R1.6.20 「てまりこ」づくりを体験しました
 牧山まちづくり協議会の方から、戸畑祇園の歴史について、詳しいお話を聞き、その後山笠の飾りである「てまりこ」を、まちづくり協議会の方に教えていただきながら作りました。
   まず、牧山まちづくり協議会の方から、戸畑祇園の歴史などに説明していただきました。写真や実物を見ながら話を聞くことができました。
 「てまりこ」を作る手伝いをしました。まちづくり協議会の方がていねいに教えてくださったおかげで、上手に作ることができました。これらは、子ども山笠に飾っていただけるということです。先のくるくる曲げるところが難しかったです。でも、地域の方が「今年の3年生は上手に作るね。」と言ってくださったので、とても嬉しかったです。校長室にも、魔よけとして飾ってあります。

R1 6.26「御幣(ごへい)」づくりを体験しました
 
今度は「てまりこ」と同じように山笠に飾る「御幣(ごへい)」づくりを作りました。牧山まちづくり協議会の方がていねいに教えてくださいました。
まず、まちづくり協議会の方から説明を聞き、質問をしました。戸畑祇園がなぜ始まったかや、子ども山笠のことについてなど、詳しく教えてくださいました。そして、分かったことは、きちんとメモを取っていました。 次に、御幣の作り方の説明を聞きました。この御幣には、家族みんなが病気をしないようにという願いが込められているそうです。一つ一つの行程をていねいにに教えてくださいました。
 一つ一つのグループにまちづくり協議会の方がついてくだいました。子どもたちはてほどきを受けながら御幣を作り上げていきました。特に、紙(赤と金があります)をバランスよく折ること、木の棒に左右対称になるようにはさむところで苦労したようです。
 最後に、何人かの子どもたちが感想を発表しました。これらの活動を通じて、地域の祭りのことを知り、祭りにかかわる方のことを知り、そして地域の一員であるという思いをもつことができたのではないかと思います。