学校教育目標
心豊かで、たくましく、
実践力のある子どもの育成

校長  田村 嘉浩
児童生徒数 289名  (平成28年5月23日現在) 
北九州市立楠橋小学校
学校だより  
 教育活動   学校評価 アクセス 全国体力・運動能力 運動習慣等調査結果

わが街わが校の環境作戦活動報告

 身近な環境を調べ守ろう 〜黒川博士になろう〜
 

黒 川

たくさんの自然に囲まれた楠橋小学校。しかしその豊かさのためか、自然に様子にあまり目が向いていなかった。
 そこで、自然の溢れる黒川について調べることにした。

 
楠橋の川(黒川)調べ

 黒 川

・ 水が透明、きれい
・ 水の底が見える
・ ハヤ・ドジョウ・メダカ・ヤゴ・アメンボ等約20種類がいた。上流にはカモ・サギなどがいた。




  

 でもごみが・・・

 

 
   「黒川という名前がついた由来」

@ ヤマトタケルのミコトが、黒川の近くに来たとき、「暗き川だ」といったから「黒川」になったという説。
A 今から500年くらい前に、このあたりで戦があり、傷ついた人たちの血で川が黒く染まったからという説。
B 昔は、大根川と呼ばれていて、そこで大根を洗っていた村人が、大根をほしがったお坊さんに
   大根をあげなかったから、不思議なことに川の水がにごってしまったから、黒川になったという説。

   
「黒川が生き物にとって住みやすい川になった理由」


   

@ 「ほたるを守る会」の人たちが月に2回清掃活動をしたり、畑貯水池の人と話合いをしたりして
   黒川が生き物にとって住みやすい川であるよう活動しているから。



  <児童の感想から>
  黒川について調べていくうちに、私たちの身近な川をもう一度大切にしたいという気持ちが生まれました。
  これは、2回目に黒川見学に行った時、みんなでゴミ拾いをした時の写真です。

        

    
    

  これからも黒川を大切にし、清掃活動に参加したり、ゴミを捨てたりしないようにしたいと思います。
  黒川に住む生き物を大切にし、黒川と生き物を守って生きたいと思います。

      

 <こやのせ座でのホタル教室発表会の様子(平成27年2月28日)>

        

         「これからも楠橋の川をみんなで守っていくぞ!」

 


◆ このホームページは北九州市立小・中・特別支援学校におけるインターネット運用規定第9条の3および本校のインターネット利用規定に基づいて掲載しています。
◆ 校長の承諾なく、リンクを設定することはできません。
◆ 楠橋小学校ホームページ(Webサイト)内にある全てについて無断で転載することを固くお断りいたします。