アルミプルタブ回収で感謝状 SDGS環境ボランティア委員会

 1月30日に、八幡西区社会福祉協議会の方から、本校のSDGS環境ボランティア委員会が全校のみんなに合わせて取り組んでいたアルミプルタブ等の回収活動対して、感謝状の贈呈がありました。
 アルミのプルタブに加えて、ペットボトルキャップの回収も行っていただきました。(現在ペットボトルキャップの回収はやめています)5・6年生の委員会の人で、社会福祉協議会の自動車にたくさんのプルタブやペットボトルキャップを積み込みました。

身近な暮らしの中から環境問題を考え、できることを行動に移すことのすばらしさを黒崎中央小から発信してくれました。

先日お知らせしましたように、現在、書き損じはがきのリサイクルにも取り組んでおります。また、水曜日の朝の正門周辺の清掃活動など、SDGsの実現に向けてSDGS環境ボランティア委員会大活躍です。

 

 

2020年02月17日