本文へスキップ

KOYANOSE Elementary School

検定の問題を学年のまとめにも活用しよう!
    木屋瀬っ子 学びのまど  「学びのまど」活用のしかた  検定の問題
                                     

 木屋瀬トピックス

                                  
「北九州車いすテニストーナメント」チラシ
◆2月17日・・今日の午後、PTA役員と委員会有志の皆様が十数名来てくださり、校内のトイレを徹底的にクリーンアップしてくださいました。男子トイレは底ブタをひっくり返すと尿石が茶色くこびりついていました。和式トイレも洋式トイレもトイレの中だけではなく、外もかなり汚れていて、2時間以上掃除してくださいましたが、まだすべてのトイレをすることが出来ませんでした。
 2学期から校舎内の児童の手におえない高所の清掃をしてくださったり、トイレをしてくださったりと、本当にありがとうございます。
 本日は、本年度最後の授業参観でした。各学年、学級、通常の学習場面だけではなく、子どもたちの協力の様子や聴く態度など、学年、学級作りの成果も含めてご参観いただきました。
 残る1ヶ月少し、ねじり鉢巻きでラストスパートを頑張っていきたいと思います。
 また、授業参観後の学級懇談会の間に体育館で「安全パトロール隊」の皆様への感謝の会をしました。6年生の代表による感謝の言葉やプレゼントの感謝カード渡し、校歌の斉唱など子どもたちも心を込めて感謝の気持ちを伝えることが出来ました。パトロール隊の皆様も喜んでお帰りいただけたようです。

 教室の入り口付近に「北九州車いすテニストーナメント」のチラシを掲示しています。この大会は、3月2日より八幡西区の穴生ドームで開催され、リオデジャネイロパラリンピック女子ダブルス第4位の二條実穂選手が出場されます。二條選手は、1月下旬に本校に来校されて3年生〜6年生の子どもたちが直接触れ合いました。お時間がありましたら、子どもさんと一緒に応援に行かれてはどうでしょうか。
 右のアドレスはその大会のリンクです。http://kitakyushu-open.o.oo7.jp/
◆2月15日・・今日、早帰りをする学級はありませんが、インフルエンザによる欠席者がどの学級とも数名ずついる状況に変わりはありません。明日以降、どの学級でも欠席者が急に増加して給食後下校の措置をとる可能性があります。本日配布するプリントにも書いていますが、急に給食後下校することになっても子どもさんが下校できるように、ご家庭で話し合われますようにお願いいたします。
◆2月14日・・・3年1組は、本日インフルエンザ及び発熱による欠席者が昨日より増えたため、本日も給食後、13時30分ごろに下校します。また、明日から3日間、17日土曜日まで学級閉鎖となります。つきましては、17日に予定されている土曜日授業の授業参観と学級懇談会は3年1組のみ中止といたします。楽しみにされていた保護者、ご家族の皆様には申し訳ありませんが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

◆2月8日・・・1月下旬から、木屋瀬3丁目付近でたびたび目撃されていた小型のイノシシは捕獲されたとのことです。とりあえず一安心です。
◆2月7日・・・今朝も寒かった! 今年一番の冷え込みだったのではないでしょうか。心配された雪はそこまで積もりませんでしたが、校区のいたるところに氷が張っていました。もちろん子どもたちは、氷を割ったり、雪を集めたりして登校してきました。自然に触れて冷たさや感触を実感することはとても良いことですが、学校では自分の家ではない家の敷地や駐車場には入らないこと、車のボンネットなどの雪は集めないことなどを再度指導しました。ご家庭でもご指導よろしくお願いいたします。

◆2月6日・・・午後、新一年生の体験入学(&保護者説明会)を実施しました。酷寒の中でしたが、80名近くの新一年生が元気にやってきました。この体験入学に当たっては、体育館での歓迎、本の読み聞かせをした5年生と教室でぬり絵の手伝いをしてあげた1年生が大活躍でした。新一年生の保護者の皆様には、私のあいさつの中で「学習はもちろんですが、このような思いやりのある子どもたちを育てるべく教職員一丸となって 頑張っています。」と話をしました。さあ、2ヵ月後の入学式が待ち遠しいですネ!


◆2月5日・・・「学校だより2月号」をアップしました。
 【検定の問題】4年生〜6年生のNO.6〜NO.8の問題と解答をアップしました。家庭でもご活用ください。
 本日、4年2組はインフルエンザおよびインフルエンザ様での欠席者が13名になったので、4年2組のみ以下の対応をします。
  ・本日給食後13時30分ごろ下校。
  ・明日6日(火)〜8日(木)学級閉鎖。
◆2月2日・・・「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という諺がありますが、早くも2月になりました。どの学年とも学習のラストスパートに入るとともに、少しずつ学年のまとめにも取り掛かっているところです。
 今日は4年生で突然インフルエンザ罹患者が増え、まだまだ油断できません。土曜、日曜に人がたくさん集まるところにはできるだけ行かないなど、インフルエンザの罹患を予防する過ごし方を工夫されてください。
 6年生が、中学校体験入学で木屋瀬中学校に行きました。中学校入学へ向けて、生活面、学習面についての心構えや部活の紹介など、生徒会役員の先輩たちの話を聴きました。さらに、その後の体験授業では、1組は数学、2組は音楽の授業を受け、中学校での学習へのイメージも膨らんだことだと思います。
 いよいよ卒業まで1か月半。今日の体験をもとにさらにパワーアップした最上級生の姿を見せてくれることだと思います。

◆1月29日・・・今日のインフルエンザによる欠席者数は全校で4名。週が明けてかなり減りました。このまま終息に向かってくれることを祈るばかりです!
 5,6校時に、3年生が社会科の学習で七輪を使用する火おこし体験をしました。この学習には寒い寒い中、地域の年長者が10名以上ご協力いただき、効率的な火のおこしかたを教えてくださいました。そして、自分たちで起こした火でかきもちを焼き、みんなで頂きました。自分たちでおこした火で焼いた餅の味は、格別のおいしさだったことでしょう。本当に寒い中ご来校くださった皆様、ありがとうございました。
 子どもたちは、この学習をきっかけにして、電気やガスの炊飯器がない時代にどのような暮らしをしていたのか調べていきます。子どもの遊びや、洗濯や炊事など、生活の様々なことを調べます。ぜひ、保護者の皆様の子どもの頃の様子、おじいちゃん、おばあちゃんの子どもの様子などもお話していただければ子どもさんの学習が深まるきっかけになりますよ。

◆1月25日・・・5,6校時に、3年生〜6年生がパラリンピック車いすテニスダブルスで世界第4位になった二條実穂選手の講演を聴いたり、車いすテニスの体験をしたりしました。二條選手は、ご自身の小学生の頃からの夢やそれを叶えて大工の棟梁になったこと。その後、現場で転落して脊髄を損傷して車椅子に乗るようになった経緯。
 そして、車いすテニスとの出会いからリオデジャネイロパラリンピックを目指す道のりの話を通して、夢をもつことの大切さや周りの人々の支えによってパラリンピックに出場して4位に入賞したこと。さらに、現在は東京パラリンピックを目指してがんばられていること。それらの話の中に、二條選手の信念や前向きな姿勢、屈託のない明るい人柄がひしひしと伝わってくる素晴らしい講演でした。
 また、子どもたちにより深く理解してほしいということで、二條選手は車いすテニスの実演や子どもたちの車いす体験など、様々な活動の工夫をしてくださいました。子どもたちの感想を読むと、障害に対する見方の変化、車いすテニスとの出会い、そして、何と言っても二條選手の生き方や考え方に触れることによって、自分自身の夢を見つめ直す(宣言する)きっかけになったことがよくわかります。
 横浜から遠路はるばる本校に来ていただき、貴重な体験をさせてくださった二條実穂選手に感謝したいと思います。ありがとうございました。



二條選手からいただいたサイン入り色紙
◆1月23日・・・【漢字検定】3年生の問題と解答を追加アップしました。
 今朝のスキルタイム、1年生は足し算の計算プリントに取り組んでいました。2年生は、100マスかけ算の要領がだいぶわかってきて、スピードアップしてきました。取り組んでいるときの姿勢も良くなってきました。

 さらに、1年生は音読暗唱ブック「ひまわり」の音読にも取り組んでいます。みんなよい姿勢で口を大きく開けて読んでいます。今日は、谷川俊太郎さんの詩「へのへのもへじ」を読んでいました。
 
 マス計算や音読に継続して取り組むことで脳の前頭前野が鍛えられ、計算や音読のスキルが高まるだけでなく、集中して学習する力や感情をコントロール力もついてくるという脳科学の研究結果もあります。全校で積極的に取り組んでいきたいと思います。
◆1月22日・・・明日は、全校児童5校時終了後、15時には下校完了する予定です。
 【漢字検定】1年生、2年生の問題と解答を追加アップしました。
◆1月19日・・・本日、2年2組はインフルエンザによる感染拡大予防のため、給食後13時30分ごろに下校しました。ご家庭での対応をよろしくお願いします。なお、元気な子どもさんも学童に行くことが出来ませんのでよろしくお願いいたします。
 今日2校時に、延期していた避難訓練をしました。まず、前半の30分間は、地震発生時の行動の仕方と火災発生時の避難経路等について学級で学習しました。

 さらに、上級生は火災が起きる場所によって避難経路がどのように変わるのか、グループで話し合ったりするような活動も取り入れ、子ども一人一人が自分の力で考え、判断する力を高めるような指導をしました。


◆1月18日・・・昨日は、阪神淡路大震災が起こってから23年になる日でした。本校では、2校時に地震避難訓練を予定していましたが、雨天で運動場に避難できないため、明日19日に延期しました。学級によっては関連番組のビデオ視聴をしたり、写真等の資料を基にして大震災の恐ろしさを伝えたりしていました。
 本校区の近くも福智断層があるので、いつ大きな地震がやってくるかわかりません。いつ来るかわからない天災に対する心の準備を常にしておかなければなりません。明日は、大きな地震が来た場合にとるべき行動や避難の仕方などについて全学級学習した後、避難訓練をします。いつどのようなときでも、自分自身が情報をもとに考えることができる力を育てておかなければなりません。ぜひ、ご家庭でも有事の際の避難の仕方や家族の集合場所等について話し合ってみてください。
 


過去のトピックス

北九州市立木屋瀬小学校topics


木屋瀬小学校は北九州市八幡西区にあり、福智山西部に位置しています。
この地域は、近くに九州自動車道と新幹線が通り、近年、町並みは大きくさま変わりしてきました。
しかし、古くは長崎街道(木屋瀬宿のページ)の宿場町として栄え、
その後は石炭の町として栄え、そうした面影もいまだに残されています。
毎年7月には祇園祭が行われ、木屋瀬のまちが一体となって盛り上がります。
もちろん本校の子どもたちも、地域の一員としてたくさん参加します。(木屋瀬の祭りのページ)

木屋瀬小学校は明治時代初期に創立された(本校の年表のページ)
130年あまりの歴史を持つ学校です。
昭和38年には5市合併により北九州市立の小学校となりました。

近隣地区には新しい住宅地が形成され、幹線道路沿いは商業地へと変わりつつありますが、
一方では豊かな自然も多く残されています。
学区内には田畑も多く点在し、東側には福知山を主峰とする山々が連なっています。
そこから流れ出る豊かな水は、畑ダムや河内ダムなど、
北九州市の重要な水源になっていますが、貴重な水棲動物の宝庫ともなっています。

本校の児童は、こうした自然に恵まれた環境の中で、心やさしい、自然を愛することのできる子どもに成長しています。

校長 藤井 英貴

北九州市八幡西区大字野面630
TEL:093−617−2765 FAX:093-617-1053


メールアドレス