本文へスキップ

KOYANOSE Elementary School

検定の問題を学年のまとめにも活用しよう!
    木屋瀬っ子 学びのまど  「学びのまど」活用のしかた  検定の問題
                                     

 木屋瀬トピックス

                                  
◆3月26日・・・学校だより「修了式号」をアップしました。
◆3月23日・・・修了おめでとう!
 今日は修了式。6年生が卒業した後、5年生が最上級生として臨んだ最初の儀式でした。その場で5年生は立派に最上級生の仕事をすることが出来ました。きちんとした姿勢、話の聴き方、修了証書を受け取る手本等、日頃の学習で身に着けてきたこと、卒業式で見ていた6年生の姿、そのような知識を総動員して最上級生の有るべき姿をしっかりと示してくれました。そして、4年生以下の下級生もその姿を見て行動して、素晴らしい修了式になりました。何度も書きますが、これが木屋瀬小学校140年を超える伝統の力です!
 今日は、最後ということでどの学年とも一人ずつ頑張ったことを発表してもらいました。その場で考えて発表したのでかなり勇気がいりましたが、発表した7人は、これまた最初に発表した5年生の手本を見て、しっかりと自分ががんばったことを全校児童の前で発表することが出来ました。


 さらに、今年度から、修了式後に転出する職員との離任式を行うようになりました。今年度は8名の職員が木屋瀬小学校から転出します。転出職員皆、保護者や地域の皆様のご支援、ご協力のおかげで本校勤務を終えることが出来ました。本校の子どもたちのこともいつまでも応援し続けていきます。転出する職員の氏名については、本日もどもさんが持ち帰る学校だよりをご覧ください。
 そして、私、校長の藤井も転出することになりました。3年間お世話になりました。その間、いろいろな場面で保護者、地域の皆様には助けて頂きました。本当に感謝に堪えません。ありがとうございました。この場をお借りして皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

◆3月22日・・・いよいよ明日修了式。一年間があっという間に終わりました。今朝も正門に立って挨拶をしていると元気な挨拶がたくさん聞こえてきました。かなり寒い朝でしたが、それらの挨拶で心も体もポッカポカになりました!
◆3月16日・・・卒業おめでとう! 第108回卒業証書授与式
 少し肌寒い中でしたが、平成29年度卒業証書授与式を無事に終えることが出来ました。卒業生70名が、元気に木屋瀬小学校を巣立っていきました。式では、練習以上に気持ちの入った素晴らしい態度で、保護者や来賓の皆様、そして後ろから見ていた5年生に、木屋瀬小学校最上級生としての最後の雄姿を見せてくれました。在校生代表として参加した5年生も、卒業生に負けない一糸乱れぬ素晴らしい態度で、卒業式に花を添えました。昨日からの準備や式後の瞬時の片づけ、送別式等、すべてひっくるめて来年度を安心して任せることのできる最上級生になりそうです。これが、木屋瀬小学校140年を超える伝統の力です。

◆3月15日・・・5,6校時に明日の卒業式へ向けての清掃と会場づくりをしました。3,4年生は校舎内外の清掃。5年生は、玄関や校長室、体育館内の会場設営というように役割分担して活動しました。どの学年とも一所懸命に取り組み、校舎内外が見違えるように美しくなりました。明日へ向けて、準備万端に整いました!


◆3月13日・・・校舎の外壁改修が終わり、足場が撤去された後の細かい破材等のゴミが中庭にたくさんありました。そのゴミを、2校時に6年生が掃除してくれ、見違えるようにきれいになりました。残念ながら、掃除前の中庭や6年生の活動の様子を写真に撮ることが出来なかったのですが、掃除が終わった後の中庭の写真を見て6年生が一所懸命に活動している様子を想像してください。業者の方もその美しさに感嘆しきりでした。そして、本来は業者がするはずの清掃を6年生がしてくれたということで感謝されました。

 なのはな2組が、自立活動でたこやき(?)作りをしました。みんな仲良く具材を入れたり、できかけのたこ焼きをひっくり返したりして、上手に活動できました。味見させてもらったら最高の美味しさでした!

◆3月12日・・・卒業式の5,6年合同練習が始まりました。校長式辞や来賓挨拶等を除いて、式の流れを通して練習しました。6年生にとっては、木屋瀬小学校最後の1週間。一人一人に卒業証書を渡す練習もありましたが、皆、真剣そのもの。自分が6年間の学びを終え、立派に卒業していく姿を見て頂くということだけではなく、最上級生として最後の仕事に臨むというような心意気が伝わってくる素晴らしい練習態度でした。
 5年生にとっては、そのような6年生の姿を見ることが出来る最後の1週間。1時間以上の練習の間、ピクリとも動かず6年生の姿を見つめる目は真剣そのもの。木屋瀬小学校の伝統は、このようにして受け継がれていのだと実感できる、素晴らしい合同練習でした。

◆3月9日・・・  本校ホームページ、30,000アクセス達成! 
 今年に入り、閲覧件数が100を超える日が多くなりました。これからも日々の出来事や保護者、地域の皆様にお伝えしたいことを掲載していきますので、閲覧及び活用をよろしくくお願いいたします。
 校舎の改修も最終段階に入り、ついに管理棟、玄関周辺も足場が撤去されました。卒業式までには、リニューアルした校舎前で記念撮影していただくことが出来そうです。

また、体育館の前面に掲げられていた校歌の文字部分(金箔)が薄くて見えなくなっていたものも修復しました。
文字がはっきりと浮かび上がり、しっかりと読めるようになりました。(クリック→大きく見えます)



過去のトピックス

北九州市立木屋瀬小学校topics


木屋瀬小学校は北九州市八幡西区にあり、福智山西部に位置しています。
この地域は、近くに九州自動車道と新幹線が通り、近年、町並みは大きくさま変わりしてきました。
しかし、古くは長崎街道(木屋瀬宿のページ)の宿場町として栄え、
その後は石炭の町として栄え、そうした面影もいまだに残されています。
毎年7月には祇園祭が行われ、木屋瀬のまちが一体となって盛り上がります。
もちろん本校の子どもたちも、地域の一員としてたくさん参加します。(木屋瀬の祭りのページ)

木屋瀬小学校は明治時代初期に創立された(本校の年表のページ)
130年あまりの歴史を持つ学校です。
昭和38年には5市合併により北九州市立の小学校となりました。

近隣地区には新しい住宅地が形成され、幹線道路沿いは商業地へと変わりつつありますが、
一方では豊かな自然も多く残されています。
学区内には田畑も多く点在し、東側には福知山を主峰とする山々が連なっています。
そこから流れ出る豊かな水は、畑ダムや河内ダムなど、
北九州市の重要な水源になっていますが、貴重な水棲動物の宝庫ともなっています。

本校の児童は、こうした自然に恵まれた環境の中で、心やさしい、自然を愛することのできる子どもに成長しています。

校長 藤井 英貴

北九州市八幡西区大字野面630
TEL:093−617−2765 FAX:093-617-1053


メールアドレス