ー学校目標ー
          

校 訓



 学校教育目標 

何事にも全力で取り組む、思いやりのある優しい生徒の育成
〜「感じ取る力」「考える力」「行動する力」の育成〜

目指す学校像

○ 生徒と教師、及び生徒相互が信頼関係で結ばれ、自己存在感や成就感を実感できる学校
○ 明るく活気にあふれ、生徒・教師が生き生きと安心して生活できる学校
○ 清潔で美しく、落ち着いた環境で生活できる学校
○ 保護者・地域と連携して開かれた学校づくりを推進し、郷土に愛され信頼される学校
 目指す生徒像 

○ 心豊かで、自らの力で未来を創造する生徒
○ 自他の生命を大切にし、相手を思いやり人の心の痛みや優しさを素直に感じ取れる生徒
○ 挨拶ができ、何事にも全力で一生懸命に取り組み、感謝の気持ちがもてる生徒
目指す教師像

○ 教育公務員としての使命(感)を自覚し、指導力向上に努める教師
○ 教育的な温かさと厳しさに溢れ、責任ある態度と教育実践で保護者、地域から信頼される教師
○ ”チーム広徳”の一員として、一体となり手をたずさえ、互いに信頼し支え合う教師
         
本年度の重点目標
(1)生徒の心をつかんだ生徒指導の推進
 ○子どもとのふれあいの場を多く持ち、子どもの心に響く温かさと厳しさをもった指導を推進する

(2)人を心から大切にする心情を育てる人権教育の推進
 ○公教育の立場を踏まえ、生徒の発達段階に即した、人権尊重の教育を系統的に進める
 ○<いじめ>については、「人権尊重として絶対に許されない」という認識に立ち、人権確保に向け
  学校をあげて即日対応で取り組む

(3)心の教育の推進・道徳教育の推進
 ○生徒の内面に根ざした道徳性の育成が図られるよう、教育活動全体を通して、道徳教育を充実させる
  (行動できる生徒の育成)

(4)確かな学力向上のための指導の充実
 ○スクールプランを軸に、全職員が確実に実践し、成果を出す
 ○学力調査の課題を分析し、全職員が共通理解し、学校全体で取り組み
 ○学力向上推進員の積極的な活用と推進。定期考査問題の内容向上
 ○家庭学習習慣および基礎学力の定着の推進

(5)体力の向上および健康・安全教育の推進
 ○生徒、教職員の体力の向上・健康維持増進に努める
 ○新体力テストの分析し、課題を体育の授業で補強していく。また、全校一斉のストレッチ体操の推進
 ○生徒指導と連携して教育活動全般にわたって、健康・安全教育の推進に当たるとともに、怪我、事故
  発生時には、迅速かつ適切に誠意をもってあたる。
 ○喫煙予防教育に力をいれる
 ○学校給食を生かした「食育」指導を推進する

(6)特別支援教育の充実
 ○特別支援教育に関する校内支援体制をよりよく充実していくための8項目

  (1)校内委員会の充実 (2)コーディネーターの役割 (3)実態把握 (4)的確な指導計画の作成
  (5)特別支援教育センターの定期的な活用 (6)的確な就学相談 (7)関係機関との連携
  (8)個別支援計画の作成

(7)環境に対して、豊かな感受性を育てる環境教育の推進
 ○校外(地域)の清掃活動への積極的な参加(年3回)
 ○活動を通して環境美化と自然環境の保全に努める
 ○校内の環境・美化の推進

(8)人間としての生き方の指導を重視した進路計画
 ○3年間の教育活動を通して、計画的、継続的、組織的に進路指導を進めるとともに、家庭、地域、
  関係機関との連携を図り、適切な進路指導を実施する。
 ○将来の生き方や進路の適切な選択のため、教育相談の充実を図り、生徒指導に努め、生徒自身で
  自己理解を深めることができるよう指導する。

(9)国際社会に貢献できる能力と実践的態度を育成する国際理解教育
 ○学校における教育活動を通して、日本人としての自覚をもち、諸外国の文化を理解し、わが国の
  文化を大切にする生徒の育成に努める。

(10)情報化社会に対応した情報教育
 ○コンピュータを有効に活用し、生徒のコンピュータ・リテラシーの育成に努める
 ○携帯電話でのトラブルを予防するためのモラルアップを図り、保護者へも啓発する

(11)小中一貫・連携の推進
 ○義務教育9年間で子どもを育てる取組を推進する。
  (人権合同研修、出前授業(英語・体育)、授業参観等の実施)

(12)権限移譲へのスムーズな移行
 ○研修の充実