高等部
目指す生徒像
1.自分のことは自分でする意欲的な生徒
2.好ましい人間関係が築ける生徒
3.進んで学習や作業に取り組み、卒業後の自己の社会参加を考える生徒
主な行事
学期ごとに主要な行事を紹介しています。
<1学期>
○新入生歓迎遠足小倉競馬場などの近郊施設まで、歩きます。
 新一年生を迎えて歓迎集会をしました。
○修学旅行【3年生】 2泊3日で東京に行きました。二日目は東京ディズニー
 ランドに行きました。
 他にも浅草寺や東京スカイツリー、お台場ではテレビ局を見学し、とても楽
 しい時間を過ごしました。○北九州高校との交流会
 1回目は、体育館での対面式後、各学級に別れてのレ
 クリェーションや学級プレカードを作りました。
○産業現場等の実習(前期実習)
 写真はペットショップでの校外学習で、犬にシャンプ
 ーをする実習をしました。動物に不安を与えないよう
 に、真剣な表情でやさしくシャワーをかけています。
最初は慣れない作業でも
徐々にコツを覚えます
※「産業現場における実習」とは…
 卒業後の進路に向けて、実社会での生活や仕事を実際に体験することで、社会生活に円滑に対応していく上で必要な力を習得させることを目的として行われます。
 1年生は、校内での実習となります。農業、家庭、和紙工、工芸、陶芸の5つの作業班を3班に編成しなおして実施されます
 
 
<2学期>
○体育大会
 全校あげて応援合戦やダンス・徒競走をしました。
○北九州高校との2回目の交流会では、北九州高校に出むき、魚部屋や校内見学をして体育館で風船バレーボールのレクリェーションを行いました。
○後期実習
 3年生にとっては最後の実習となるだけでなく、自分の進路を見つけるという意味を持っています。写真は、校外での食器洗浄機から出した食器を指示された場所に片付けるところです。

集中力を切らさずに作業に取り組みます。
○ 校外学習
 卒業後に活かせる、身近な施設の使い方、公共交通機関の使い方を学び、実践します。
   
   
<3学期>
○ 雇用促進セミナー
 日頃の学習で身に付けた職業技能の成果を企業等人事担当の方に発表することで将来に向けた就労意欲と技能の向上を目指します。
○ 持久走記録会
 3学期の1月に行われる体育的行事です。毎日の体力作りや体育の授業できたえた成果を、それぞれにあったコースで走り、力を出し合います。少しでも速く、一歩でも前にと懸命にに生徒達は走ります。
○製品販売会
 このバザーでは、生徒達が一年かけて作り上げた、心のこもった製品がたくさん販売されています。作品のディスプレイや飾りつけも自分たちでおこないます。毎年、大好評の行事です。

陶芸班の作品
コーナーの写真です。
学習活動
特長ある学習や作業の様子を紹介しています。
○ 保健体育(体力づくり)
月曜日から木曜日までの1時間目にグループに分かれておこなう体力作りです。ラジオ体操・ウォーキング・グランニング・作業につながる基本動作(持つ、運ぶ)に取り組み、基礎体力作りをしています。

○ グループ別作業学習(学部全体)
3つのグループ作業学習に分れます。Ⅲグループでは働く技能に繋がる実践的な作業体験として(ビルメンテナンス・接遇 事務)の学習をします。Ⅱグループでは働く意欲に繋がる実践的な作業体験として(道具の使用 組み立て 分別等)の学習をします。Ⅰグループでは、生活への意欲に繋がる(もの作りへの関わり)の学習をします。

○ 社会生活の学習(学年別Ⅲグループ)主に職業生活や家庭生活で活用できる実践的な内容(パソコンの基本操作、選挙の仕組み、金融学習、簡単な調理 他)に取り組んでいます。

○ 学年学級生単・グループ生単(学年別Ⅲグループ)
生単とは「生活単元学習」の略です。学校行事(修学旅行、体育大会、校外学習、製品販売会 他)への取り組みのほか、卒業後の家庭生活に役立つ(衣、食、住)内容、社会生活に役立つ(公共施設の役割、公共交通機関の利用の仕方など、教科の目標を押さえた実践的な指導を行っています。

○ 日生(日常生活の指導)
この時間は、身の周りの整理整頓や教室等の清掃をします。更衣室や体育館、玄関前やトイレなど日常生活で主に使う場所も片付けます。また、給食時の指導も行っています。

○ 班別作業学習
5つの作業班に分かれての学習です。それぞれの班の作品は作品販売会に出品されます。
農 業 班

季節の野菜を育てています。
写真は畝(うね)を作っているところです。
陶 芸 班

皿や壷など多彩な陶器を作っています。
写真は力をこめて、粘土をこねているところです。
工 芸 班

織物やクリスマスグッズの製作が中心です。
写真のような織り機を使って作業します。
家 庭 班

ビーズの小物やリボン記章などを作ります。
写真はテグスにビーズを通している様子です。
和紙工班

牛乳パックから祝儀袋や箸袋を作ります。
写真はぽち袋を作っているところです
 
牛乳パックが生まれ変わる環境を生かして
(資源の再利用という視点から
環境に配慮した学習に取り組んでいます)
作品紹介
ここでは作業学習内で作られた作品を紹介しています。
《農業班》  一年を通して、様々な作物を栽培しています。
販売会に出品した本校の野菜です。
本校農園の新鮮野菜は即完売しています。
本校で作った大根を使ってべったら
漬けを作ります。逸品です。
《家庭さをり班》  手作りのぬくもりを感じてください。
色とりどりの眼鏡ホルダーやストラップです。ビーズで作ります。 
リボン記章は他校から多くの注文を受けています。
さをり織りで作りました。バッグ、タペストリー、ランチョンマットなど多彩です。
《和紙工班》  「環境にやさしく」を考えながら作ります。
  
牛乳パックからつくったポチ袋や
ハシ袋です。お正月前にどうぞ。  
季節の飾りも作りました。
《陶芸班》  大小の角皿や鉢を作っています。
鉢や葉皿などの新作も作っています。 角皿も作っています。
交  流
本校の交流及び共同学習は、近隣の学校との“学校間交流”と児童生徒の居住している校区の学校との“地域校交流”を実施している。
目 標
○ 児童生徒が経験を広めて、積極的にいろいろな活動に参加する態度を養う。 
○ 交流活動を通して、社会性や豊かな人間性をはぐくむ。
高等部の様子
北九州高等学校との交流は、今年度で17年目を迎える。生徒会との交流から始まり、現在は希望生徒による年間交流班との交流が行われている。年3回の交流活動が予定されており、生徒達もとても楽しみにしている。  
copyright©2014 北九州市立小倉南特別支援学校 all rights reserved