学校の取組

(1)健康安全教育 (2)学校図書館教育 (3)環境教育
 
北小倉小学校では、(1)健康安全教育・(2)学校図書館教育・(3)環境教育に力を入れています。

 

健康安全教育


 学校健康委員会では、児童の健康づくりのために、いろいろな方々が集まって、保健・安全・食育に
ついて計画・運営・調査をしたり、児童にアドバイスをしたりします。学校保健委員会は、学期に1回
行われます。委員会のメンバー、内容については、下記の表をごらんください。
学期に1回(年3回)「学校健康委員会」を開きます。
学校健康委員会の構成メンバー 子ども 元気ハツラツ委員会、3年生以上の各学級の代表
大人 学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保健・安全委員会のお母さん、
地域の方(自治連合会会長・北小倉市民センター館長)、
学校栄養教諭、校長、教頭、教務、担任、養護教諭
内容 子ども ・クラスの1年間の保健・安全のめあて発表
・歯・口の健康についての発表
・ピカピカ教室(歯みがき教室)の反省
・朝ごはんづくりの発表  等
大人 ・健康診断の反省(養護教諭)
・歯みがき講習会の反省(学校歯科医)
・給食試食会の報告(保健・安全委員会のお母さん)
・生活・安全についての助言(地域の方)
    学級代表児童は、委員会で、各学級で決めた健康や安全に
  関する活動のめあてを発表したり、実践した後の成果と
  課題を発表したりします。
    元気ハツラツ委員会の人は、「歯・口の大切さ」や
  「朝ごはんづくり」等についての取組の発表等をします。
  プレゼンや紙芝居等を使って工夫して発表します。

  養護教諭からは、健康診断の反省等をします。学校医
  の先生からは「健康と運動の大切さ」を。学校歯科医の先生
  からは、「かむことの大切さ」を。学校栄養教諭からは、
  「おやつの取り方」について話していただきました。保健・安全
  委員会のお母さん、地域の方々からもお話がありました。
  たくさんの方々からアドバイスをもらって、「心も
  体も元気に健康に過ごさないといけない」と再確認しました。
  各学級の代表が「健康安全めあて」を発表しています。
学校医の先生からは、健康と運動について、
学校歯科医の先生からは、咀嚼の大切さのお話がありました
 

 学校歯科医さんや歯科衛生士さんの協力を得て,毎年、「歯みがき講習会」に全校で取り組んでいます。講習会では、各学年にあった正しい歯のみがき方を学びます。保護者の方も一緒に参加します。
 学校歯科医さんや歯科衛生士さんから、むし歯予防の話や歯みがきの方法を聞きます。そして、レッドコートを歯に塗って、汚れているところ(赤くそまった部分)を学習シートに写し、汚れを確認します。その後、歯ぶらしを使い、一人一人にあった歯みがきの方法を学校歯科医さんや歯科衛生士さんから教えていただきます。
 
 

学校図書館教育

朝の10分間読書
 本と向き合い、想像力を伸ばしながら楽しく本の世界に浸る朝の読書は、子どもたちを変えます。好きな本を読むことで、言葉が豊かになり自分のやってみたいこと知りたいことなど、心の引き出しがたくさん持てるようになります。

境川清掃(各学期に1回)

 地域の方と協力して、校区を流れる境川の清掃を定期的に行っています。




 雨や風が強い日の後などたくさんのゴミが落ちています。みんなで一生懸命に拾います。きれいになった川には、泳いでいる鯉もうれしそうです。

通 学 路 清 掃

 火災避難訓練の後、集団下校をしながら通学路清掃をしました。




 帰りながら通学路の道ばたに落ちているゴミを拾いました。とてもきれいになりました。帰る途中では、地域の安全パトロールの方が見守ってくださいました。